2016年09月18日

EFB-4070 航宙戦艦ローマ Space Battleship ROMA

EFB-4070ROMA.jpg
WW2時の戦艦ローマをリスペクトした航宙戦艦です。
概ね砲塔の数は合わせましたが、副砲だけ難しかったため
展開式のウイングの先端に配置しました。
Space battleship that respect the battleship Rome of WW2.
But generally the number of turret was in accordance with
the original ship,
because it was difficult only Vice cannon,
It was placed at the tip of the wing of the expansion equation.

2343年就役。
コンカラー級重航宙戦艦の改良艦として
西暦2337年から建造が開始されたザクセン級の6番艦。
ドイツ連邦軌道工廠で建造された。
ザクセン級は、従来艦首にあった波動砲を若干小型化したうえで
前級コンカラー級で補助艦艇を格納していた船体両弦に装備。
可動式にして上下の目標にも対応できるようにした。
波動砲尾部には反動吸収スラスターを装備して、
重力アンカーに依らない反動吸収を行った。
Commissioned in 2343.
Sixth ship of Saxony class heavy space battleship
that building from 2337 has been started as
an improvement ship of the Conqueror class.
Built in the German Federal orbit arsenal.
Saxony class, downsized Wave-motion Gun, there was the bow in conventional ship,
equipped hull both broadside that had been stored in the auxiliary vessels in the Conqueror class.
It was to be able to correspond to a target of up and down movably.
The wave motion gun tail equipped with a recoil absorption thrusters,
was recoil absorption that does not depend on the gravity anchor.

コメント有りです please comment


posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(4) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

宇宙戦艦ヤマト2202-愛の戦士たち-の製作発表会 Production recital of Space Battleship Yamato 2202

2202.jpg

本日宇宙戦艦ヤマト2202-愛の戦士たち-の製作発表会が行われ、
特報やスケジュール、新しいビジュアルが公表されました。
2202公式サイトもリニューアルされました。
全7章で構成され劇場で先行上映されます。
第一章は2017年2月25日に公開される予定です。
次章以降やBlue-ray商品化についてはほぼ2199と同様の展開になりそうです。
バンダイよりプラスチックモデル1/1000アンドロメダ2202が発売されます。

公式サイト : Official site
http://yamato2202.net/
特報 : Teaser
http://yamato2202.net/movie/
https://www.youtube.com/watch?v=iwLfcUEnQKs

Production recital of Space Battleship Yamato 2202 is carried out today,
Teaser, schedule, and the new visual was issued.
2202 official website has also been renewed.
Is composed of all Chapter 7 will be preceded screenings in theaters.
The first chapter is scheduled to be published on February 25, 2017.
It is going to be a similar deployment and nearly 2199
for the following chapters and Blue-ray commercialization.
Plastic model kit 1/1000 scale Andromeda 2202 will be released from Bandai.
posted by 禅芝zenseava at 21:36| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

ミリタリー小話2016 その2 ズムウォルトの帽子 Military anecdote 2016 part2 Hat of Zumwalt

DDG1000housing.jpg

今年5月20日、造船所の公試を終え米海軍に引き渡された、
DDG-1000ズムウォルト級駆逐艦は、レーダーや光学・電子装置、
エントツなど、多くの装備がIDHA-統合複合材料デッキハウス・開口とよばれる
ハウジングに収められています。
当初の予想図では、唯一そのハウジングの前上部に、三角帽子をかぶったように
取り付けられた通信・電子戦用の回転式小型アンテナの三角型レドームがありました。
ですが実際公試中の姿をみると頭に三角形がありません。
一般的な横棒型のレーダーがむき出しでついています。
ヘリ格納庫の上、57mmCIGSが描かれていた場所にも水上レーダーの
ようなものがあります。
専門用語を含む英語によるサーチ技術が不十分なので、その理由を述べた文書に
まだ出会っていません。
また、この三角レドーム自体はLCS-2のマスト直下に付いているものと
似ていますが同じものでしょうか?
(57mmCIGSの設置場所には30mmMk46機関砲システムが
設置される予定だそうです)
※絵を描き終えてしばらくして、なかなか見ることのできなかった
 後方からの写真を見てこの件を更新。
 艦橋トップ・格納庫上のアンテナはどうも同じもので
 2種類の水上アンテナっぽいです。
 艦橋左と格納庫右が同じもので、小型で白いレーダーアンテナです。
 艦橋右と格納庫左が大型で、前面が濃紺のレーダーアンテナです。


スウェーデン海軍のヴィスビュー級コルベットにも同様の三角型レドームが
ありますが、2006年の公試の動画では付いていませんね。
のちにつけたということでしょうか。
(K31という艦番がまだ船体に描かれていない動画や写真参照)
DDG-1000も同様に配備時に取り付けられる可能性はありますね。

いろいろ検索していたら、DDG-1000クラスのコスト・重量削減のために
ハウジングの外側にアンテナを付けるというニュースがありました。
http://news.usni.org/2016/03/03/new-external-ddg-1000-mast-reduces-ships-stealth-from-original-design
実際この絵のように改修されるのかどうかはわかりません。

DDG-1000ズムウォルトは、通常より長い軍の公試期間を終え
来月10月15日に就役します。
慣熟訓練を終えたあと、将来的に佐世保に配備される予定です。
posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

ガトランティス旧世代空母 Gatlantis older generation carrier

GES_Wasspalcaya.jpg

ネット某所で見かけた、双胴大戦艦という言葉に反応して
双胴はカタマラン→ならいっそトリマランのほうが強そう、
→トリマランなら滑走路つけられる、から生まれた空母です。
2202では絶対に登場しないであろう船なので、安心して描きました。
I saw on the net somewhere, by association from
the keyword “twin-hall Gatlantis large battleship”,
Catamaran is catamaran,
→Nara Better yet strength prefer the trimaran likely,
→It is with the trimaran if runway,
Is the aircraft carrier, which was born from that story.
Because the ship that would not appear absolutely in 2202,
I drew in peace.

旧世代なので、プラランカに準じた砲身のある砲塔です。
少し超巨大戦艦のエッセンスを入れています。
実物あるいは設計図が残存していて、そのレイアウトが
バルゼー提督空母に繋がったっぽいシナリオです。
船体や甲板の回転はしません。
外側の滑走路が主に着艦用、中甲板のカタパルトから発進します。
Since the older generation, equipped with a turret with a gun barrel in accordance to Plalanca.
Put the essence of a little Giant Battleship.
Prototype ship or blueprint is remained, it is the scenario that this layout has led to Barzee giant carrier.
No rotation of the hull and the deck.
Mainly, outside deck For landing, take off from a catapult of the medium deck.

コメント有りです please comment


posted by 禅芝zenseava at 18:00| Comment(4) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

Black Sun ノベルの紹介 Introduction of novel Black Sun

※記事アップデート Article Updated
blacksunnewcover.jpg

海賊船の絵の依頼主である
Daniel Crux氏の著作”Black Sun”のKindle版とペーパーバック版が
アマゾンにアップロードされましたので紹介します。
iBooks、Nook、GoogleやKoboにも近々登録される予定です。
4月に紹介したものを三分割にした第一弾です。

Pirate ship of the picture of request Lord is Daniel Crux's copyright,
Kindle version and the paperback edition of "Black Sun" is introduced
that it has been uploaded to the Amazon.
It will also be soon registered in iBooks, Nook, Google and Kobo.
Those presented in April is the first series that was in three-way split.


はるか遠い未来、銀河を巨大な星間帝国が支配している世界。
拡張しすぎた地球帝国内では統制が行き届かず海賊行為が横行していました。
偉大な海賊を母に持つフリント兄弟・ジョナサンとアレキサンダーは、
幾多の困難に立ち向かい、
いろいろな勢力のバックアップを受けながら、偉大な海賊となることを
目指します。
地球帝国の戦艦を奪取した兄弟は、自らを海賊ブラックサンと称して
地球帝国に立ち向かっていきます。

Far distant future, galaxy is dominated by huge interstellar empire the world.
Piracy not prudent is control within the Terran Empire that was too much expansion was rampant.
Flint brothers - Jonathan and Alexander with a great pirate in mother, confront difficulties of many, while receiving a backup of the various forces, It aims to be a great pirate.
Brothers takes the Terran Empire of the battleship, we will confront the Terran Empire referred to themselves as pirate “Black Sun”.

日本語訳は少々時間が掛かっています。
いずれ出版されます。
Japanese translation has taken a little time.
It will be any publication.

※ちなみに私の描いた絵や挿絵は載っていませんのであしからず。
※ By the way Sorry because pictures and illustrations are not listed that I drew.
posted by 禅芝zenseava at 20:22| BD・DVD・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

夏休み the summer vacation

LightHouseLogo700sv.jpg


皆さん、夏休みいかがおすごしでしょうか?
社会人の方は11日ころからしょうか。
連日暑くて大変ですね。
休みの期間は実家に帰省したりするので、絵の投稿はお休みです。

🎥シン・ゴジラまだ見てないですが
庵野さんがもし続編を作るとしたら、いきなりvsメカゴジラでしょうか?
(シン・エヴァの後でお願いしたいとは思います)
私の大好きな三式機龍は生体メカでしたが、
次やるとしたらもうコピーですよね、コピーゴジラ。
採取された細胞・DNAを解析増殖させて人の制御下においた生物兵器。
エヴァそのもののゴジラ版です。制御プラグがあります、人も乗っています。
外部装甲はもちろん拘束具です。
当然暴走ですよ。あまりの威力に京都壊滅の上、比叡山消滅、
琵琶湖湖水蒸発です。
で、ゴジラがそれを防いじゃう。自然のバランスを保ったのですね。
で半死の状態で海に消えてゆくと。
エンドスクロール後に空から炎の怪物が降りてきてFinです。
勝手な妄想でした。

📖久しぶりにハルヒを読み返してみましたが
やっぱり佐々木の「やれやれ」という声は坂本真綾さんの声で聞こえてきます。
(ちょっとトップ2のラルクに近い喋りかたでしょうか)
おまけで付いてきた短編だけでもアニメ化した映像を観たいものです。

📺実はオリンピックが苦手です。
スポーツをしていなかったというのもありますが
あまり興味がわかず、反対に世間的なお祭り騒ぎは大きくるなるばかり。
ほぼNHKのニュースしか見ていないテレビも、オリンピックの
ニュースで普通のニュースや番組も削られて、テーマ曲がますます
苦手になります。
高校野球やワールドカップも同じ。
小さい頃はそんなでもなかったはずなのですが。
posted by 禅芝zenseava at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

軌道警備艇 Orbit Patrol Vessel

UNOG_PL1768Moskenes.jpg
ネタが枯渇してきたので、
多くの方が過去に描いていらっしゃってますが
巡視船を私も描いてみました。
Since the motif has been depleted,
Although many people have been drawn in the past
The patrol boat tried to draw me too.

貨物船ユキ世代のつもりで描いていましたが
徐々にもっと先の時代の船になってしまいました。
I had been drawn with the intention of cargo ship YUKI generation,
Gradually it has become more previous era of the ship.

軌道上には国境や海岸線はありませんので
警備をする仕事はあまりありません。
たまに現れる海賊への対処や
交通整理、救難業務や故障への対応、
安全航行への啓蒙などでしょう。

上部艦橋には操縦室や監視観測室、
下部艦橋には小型哨戒艇の格納庫があります。
医療室や病室もあります。
故障船の牽引設備もあります。
両翼端には注意警告表示器があります。

小口径レーザー砲と、レーダージャマー、チャフ投射機、
乗員の監視や光学系センサーを無効化する高輝度投光器を装備。

Because in orbit there is no borders and coastline,
there is not much work for the security.
Deal and to occasionally appear pirate,
Traffic control, corresponding to the rescue operations and failure,
it is such enlightenment to the safe navigation.

Cockpit and monitoring observation room on the upper bridge,
In the lower bridge has hangar of small patrol boats.
There is also a medical room or hospital room.
There is also a towing equipment failure ship.
The wings end there is a note warning indicator.

And small diameter laser gun, radar jammers, chaff projector,
Equipped with a high brightness projector to disable the crew of
monitoring and optical system sensors.

コメント有りです Please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

ミリタリー小話2016 その1 ロボットの目 Military anecdote 2016 part1 Eyes of Robot

OpticSensor.jpg

最近の戦車や、最新の戦闘機F-35には多くのカメラや光学センサーが
取り付けられています。
これらは、照準・攻撃用のカメラと、防御用の多角カメラの
2種類に分けられます。
これって、ロボットやモビルスーツの顔のメインカメラと
全身にあるサブカメラと同じように思えます。
脚歩行型車両の研究も進んでいますし、だんだんロボットを作る準備が
整ってきたのかもしれません。
posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

ムサイ級巡洋艦再考 Musai-class cruiser re-consideration

MUSAI_verZen.jpg

安彦良和氏の著作コミック「ガンダムTHE ORIGIN」では、
主船体(コムサイの後ろ)にモビルスーツデッキがあって、
後部にハッチが2枚あります。
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN公式ガイドブック 1とコミック24巻に
収録されている「その前夜」という、サイド7に侵入する直前の模様を
描いたエピソードがわかりやすいかと思います。
in Yasuhiko Yoshikazu copyright comic in "Gundam THE ORIGIN”,there is a mobile suit deck to the main hull (behind the Comusai), there are two hatches in the rear.
I think the episode "the eve" is easy to understand that depicts the pattern of just before entering the side 7 which has been recorded in Mobile Suit Gundam THE ORIGIN Official Guide Book 1 and the comic Vol. 24.

ブリッジの下の元アニメで格納庫だった背面のハッチがあった部分のデザインも
対空砲が配置されていてハッチはありません。
ムサイ級の元になった民間貨客船アルカナクラスは
上下が逆で(エンタプライズの様)、主船体に貨物室や客室がありますから、
当初からの設計だと思えば当然の位置です。
主船体が格納庫なら、10機くらいは収容できそうですし、左右の排気管も
MSの熱排出機関だと思えば納得です。
Under the bridge, where the hatch there was on the back was a hangar in the original anime, there is no hatch anti-aircraft guns have been placed.
Private passenger ship Arcana class became Musai class of original, up and down in reverse (as enterprise), because there is a cargo compartment or the room in the main hull, of course the position if you that it is designed from the beginning.
If there is a storage box in the main hull, about 10 flames to are likely to be housed in, the exhaust pipe of the left and right is also convinced if you it's heat emission institutions of MS.

アニメ版のシャア・セイラ編エピソード1冒頭の、ルウム戦役の場面では
MS発艦の様子は描かれませんでした。
秋に公開されるエピソード4、あるいは来年公開されるルウム編では
そのあたりの描写がされるでしょう。
The animetion version, Episode 1of the vol. Char-Seira, beginning of Ruhm campaign of the scene, state of MS takeoff was not drawn.
Episode is published in the fall 4, or in vol. Ruhm to be published next year, It will be the depiction of per that.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(7) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

特殊潜航艇 S号 派生型

SSubSvariant01.jpg
特殊潜航艇 S号のデザインを元に、他の分野の機体をデザインしてみました。
あんまり元のデザインと変わっていませんけど。
Based on the design of special submarine S, I tried to design the craft of other areas.
And I do not have so much changed from the original design.

UltraMechaColl03.jpg
バンダイのメカコレウルトラマンシリーズ
03の特殊潜航艇 S号と04の小型ビートルです。
相変わらず良い出来ですね。
小型ビートルの機首は本来半透明ですが、面倒なので赤で塗りました。
BANDAI MechaCollection Ultraman series,
03 Special submarine S and,04 Sub VTOL.
It is still good voila.
Nose of a Sub VTOL is originally a semi-transparent,
but it was painted in the red because it is cumbersome.

シリーズの続編の発売も発表され、05は宇宙ビートルが7月に
06は地底戦車ベルシダーが8月、07科学特捜隊専用車が9月に
それぞれ発売されます。科学特捜隊専用車はベース車両
(シボレーコルベア1964年型)も含めて初の模型化かもしれませんね。
Launch of the sequel of the series also been announced,
05 Space VTOL in July,
06 Subterrene Bellucidar in August,
and 07 SSSP car in September.
Maybe first modeled, SSSP car including the base vehicle (Chevrolet Corvair 1964).

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | その他のメカ Other Mechanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする