2020年09月13日

人型機動兵器デザイン習作4 Humanoid Maneuver Weapon Study4 English translation

HMWstudy04a.jpg
日本語は次の記事にあります
This is the fourth in a series of human-shaped mobile weapons I drew for practice.
I usually draw new vessels based on the military formats of existing works such as the Earth Defense Forces, the Earth Federation Forces, and the White Comet, but this time I did the opposite and drew humanoid weapons from a different world based on a common frame.

One is the Aura Butler style.
It's based on the same mechanism as the Bilbine, but this one doesn't transform.
I gave up considering the deformation and drew it.
The head is close to Dunbine, and the legs are slender as the Bilbine designer, Mr. Izubuchi wanted.
The boxes on the left and right side of the chest serve as a frame to support the transformation mechanism.

The setting I came up with is a humanoid mechanical soldier developed by the order of the king of the Elbe clan kingdom in the otherworldly anime "Gate".
It is one of the prototypes created through technical cooperation between the Empire, the Lyndon School of Magic, and the JSDF, and the exterior was specially modified from that of a flame dragon.
It requires magic and sorcery adapters to operate it, and the elven clan was commissioned to work on it.
The cannon is a flamethrower, using the flame engine of a flame dragon or flying dragon.
And so on.

HMWstudy04b.jpg

The other one is Japan Air Self-Defense Force airframe style.
It is a JASDF aircraft that responds to the Japan Ground Self-Defense Force's humanoid maneuvering weapons from Design Study 3, drawn in 2019, which can transform and move in flight.
Its name is also the type 48 multi-limded Combat Aero Craft by the same standard.
This is the first time I've ever seen this type of aircraft.
The official name is "Pegasus", but the nickname of the troops is "Karasteng".
The unit mark is also a motif of a leafy dog or a crow's head dog, which is passed down in the upstream area of the Oi River flowing beside the deployment place Shizuhama base.

30% of the parts and mobile software are common to the Type 42.
50% of hand-held firearms can be shared.
Hand-held firearm is a 30mm rapid-fire gun.
In the case of aircraft form, it is stored in the chest.
It is only for ground traction.
The basic mission is base defense as well as the Type 42.
The purpose of this transformation is to expand the defensive range.
It cannot perform air mobile combat. Its air time and range are very small.
It can be used as an air support aircraft, so the pylons on its four main wings can be equipped with a weapon rack, which can serve as a large fuel tank for ferry use.


HMWstudy04c.jpg

I actually bought plastic model kits of Bilbine and Raideen a while ago, something I've been wanting to do for years.
(It's the first time I've bought an Aura Buttler since it was broadcast.
I came up with the idea for this one while I was trying to figure out how to transform both sides and modify their shapes and such.
(I intended for Raideen to be unmodified and unpainted as well, but I tweaked the head a lot.)
It was an unusual experiment, so there are many parts that are appropriate for the color and shape.
It's very difficult to design a transformed robot, I tried to make the transformation to add value to it, but it spoiled the coolness of the robot form.
Basically, it's nearly impossible to make both sides look cool at the same time.
This reminds me of the hard work of Mr.Kawamori and the toy makers.


please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

人型機動兵器デザイン習作4 Humanoid Maneuver Weapon Study4

HMWstudy04a.jpg

練習のため描いた人型機動兵器、その4回目です。
いつもヤマトの地球防衛軍や地球連邦軍、白色彗星など
既存の作品の軍隊のフォーマットに沿って新しい艦艇を書いていますが
今回はその逆で、1つの骨格を元にして
異なった世界観の人型兵器を描いてみました。

一つはオーラバトラー風です。
ビルバインとほぼ同様の可変機構をベースにしていますが
この機体は変形しません。
というか変形を考慮するのを諦めて描きました。
頭はダンバインに近く、脚は出渕さんの望みだった細いものにしてあります。
胸の左右の箱は変形機構を支えるフレームの役割をしています。

思いついた設定は、
Gateのエルベ藩王国の国王の命で開発された人型機械兵で、
帝国とリンドン派魔法学派、自衛隊の技術協力によって
製作された試作機の一つで、特別に外装は炎龍のものを加工しています。
操縦には魔法と魔術適応者が必要で、エルフの一族が請われて勤めています。
火砲は炎龍や飛龍の火炎機関を使った火炎放射機、
といった感じです。

HMWstudy04b.jpg

もう一つは空自機体風です。
2019年に描いたデザイン習作3の陸上自衛隊の人型機動兵器に応対する
航空自衛隊の機体で、変形して飛行移動ができます。
名前も同様の基準で48式多脚戦闘航機です。
戦闘機風の名前だとF-2バイパーゼロとか付けるのでしょうけれど
この機体の場合、頭の略称がFなのかAなのか
あるいは別のRとかZなのかよく分からくなったので付けませんでした。
正式名称はペガサスですが、隊員の呼称・愛称は烏天狗カラステングです。
部隊マークも配備地静浜基地の側を流れる大井川の上流地域に伝わる
木の葉天狗あるいは烏天狗をモチーフにしています。

部品と機動用ソフトウエアの3割は42式と共通です。
手持ち火器の5割は共用できます。
手持ちの火器は30mm速射砲で、航空機形態の時は
胸の中に収容しますが、あくまで地上牽制用です。
基本的な役割は、42式同様基地防衛です。
変形して飛ぶのも守備範囲を拡大するのが目的です。
航空機動戦闘はできません。対空時間・航続距離とも非常に小さいです。
航空支援機としては使えるので、主翼に4箇所あるのパイロンには
フェリー用の増設大型燃料タンク兼用のウェポンラックを
装備できます。

HMWstudy04c.jpg

実はちょっと前に、長年の念願だったビルバインとライディーンの
プラモデルを買いました。(オーラバトラーを買ったのは放送当時ぶりです)
双方の変形の仕方とか考えたり、形状の修正とかしているうちに
今回のネタを思いつきました。
(ライディーンも素組のつもりでしたが、頭はだいぶいじりました)
変わった試みだったので、色や形状など結構適当な部分も多いです。
変形メカは難しいですね、ついつい変形後の辻褄をちゃんとしようと
いじろうとしてしまいますが、ロボ形態のカッコよさを
スポイルする形に陥ってしまいます。
基本的に双方のカッコよさを両立させるのって不可能に近い所業なのですね。
河森さん・玩具屋さんの苦労が偲ばれます。

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

地球連邦量産モノポール戦艦 Earth Federation Mass Production Monopole Engine Battleship

EFD_7622_Great_Attractor.jpg

YAMATO2520のインディペンデンス級の次か、次々世代の戦艦です。
(インディペンデンス級とは私が勝手にドレッドノート級に名付けた艦級名です)
This is the next or after next generation of YAMATO 2520 Independence class battleships.
(Independence class is a ship name that I arbitrarily named Dreadnought class)

モノポール-波動機関を搭載して、艦首上下・艦橋上下及びウイング左右の部位から
多指向型波動防壁を発生させ、防御力を強化させた戦闘艦です。
艦首波動砲口はインディペンデンス級同様シールド付きですが
閉時にも正面スリットから拡散型の陽電子砲を発射できます。
It is a combat ship equipped with a monopole-wavemotion engine,
and from the upper and lower bow, upper and lower bridge and left and right wing parts,
generates a multi-directional wave defense wall to enhance its defense.
The bow wavemotion gun port is shielded like the Independence class, but
it can fire a diffuse positron gun from the front slit even when shielded closed.

2016年に描いた軌道警備艇にもテイストが似ています。
色もちょっと近く、白を基本にグレーと青を入れています。
It's similar in taste to the orbital guard boat I painted in 2016.
The colors are a bit closer, with a white base and gray and blue.
http://lighthousezen.seesaa.net/article/432290183.html

Pixivのコメントにも書きましたが、このくらい上下対称のデザインにすると量産型/汎用型っぽさが増すと思います。
As I wrote in the comments on Pixiv, I think this kind of symmetrical design will make it look more like a mass-produced/general purpose model.

あと、こういう特徴的な部位があるデザインだと
バリエーションというか、派生艦艇・派生クラフトをデザインし易いですね。
Also, if the design has this kind of characteristic part,
It's easy to design variations, or rather derivative ships and crafts.

StarBurstVariant.jpg

※Pixivで、ガンダムSEED/SEED DESTINYに登場するイズモ級戦艦かと思った、とコメントをいただきましたがまことによく似ていますね。
アークエンジェルはなんとなく覚えていましたがイズモ級はあんまり良く覚えていませんでした。
イズモ級二番艦クサナギと配色もよく似てます。当初艦首上下部の側面を青くする案もあったので、そうしたらもっと似てしまいます。
イズモ級合体エンジンと似ている斜めの艦橋は、元はセイレーン戦艦のデザインで、連邦がそれを取り入れたという想定です。
側面の主砲配置は従来からの連邦の艦艇にもあるものを拡張したものです。大きな艦首が邪魔で上下に主砲があったら正面に撃てませんから。
I received a comment on Pixiv saying that "I thought it was the Izmo-class battleship in Gundam SEED/SEED DESTINY", and it looks very similar.
I remembered Ark Angel vaguely, but I didn't remember the Izumo class one very well.
The color scheme is very similar to that of the second Izmo class ship Kusanagi.
Initially there was also a plan to make the sides of the upper and lower part of the bow blue, so it would be more similar if I did so.
The assumption is that the slanted bridge, similar to the Izmo-class engine section, was originally designed for a Siren battleship and that the Federation adopted it.
The main gun placement on the flanks is an extension of what's on the traditional Federation ships. If the main gun is in the way of the big bow and the main gun above and below, you can't shoot at the front.

コメント有りです please comment


※ハセガワのクラッシャージョウ コルドバが宇宙船・ロケット出なく飛行機・ヘリコプターのプラモデルカテゴリーに入ってるのはいただけませんね。検索しても素直に出てきませんし
posted by 禅芝zenseava at 18:00| Comment(0) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

今年の蝉 Cicada of this year

Semi2020_01.jpg

洗濯して干していたTシャツにセミが止まっていたのですが、近寄っても全く逃げなくてとても細かく写りました。
クマゼミだと思いますが羽化してさほど時間が経っていないのか、体が硬くなるまで休んでいたのでしょうね。
シャツの影にずっと佇んでいました。
結局洗濯物を取り込んだ時間までずっとつかまっていました。

I found a cicada perched on a t-shirt that I had washed and dried, but it didn't escape at all when I approached it, and I was able to get a very detailed picture of it.
I think it was a Blackish cicada, but it may have been resting until it hadn't hatched very long or its body had become hard.
It was standing in the shadow of the shirt for a long time.
Eventually, It held on to it until it was time to take in the laundry.

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

Semi2020_02.jpg

Semi2020_03.jpg
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

17代ヤマト派生艦 - アドミラル級戦艦 17th Yamato derivative ship - Admiral Class Battleship

EFD_7050_Admiral_Townsend.jpg

いつになるかわからない17代ヤマトver.1.0を描く前に
一度カッコいい・外連味ベクトルで描いてみたくなってデザインした艦です。
なので似てはいますが直接のベース艦・後継艦ではなく
近似の設計で並行して作られた別種の艦ということにしてあります。
古代遺跡探査任務を担った17代ヤマトEH2502 (EEF-0017)と異なり
上陸用設備・舟艇や人員用設備は少なく、逆に司令部設備が拡張されています。
艦番も戦艦系列のEFDでレナウン級の指揮艦・後継的な船かもしれません。
ただ主力は青いインディペンデンス級になってしまったので
数隻しか建造されなかった的な話にしましょう。
昔描いたSBB-277 USS North Carolinaにも似てますね。
ちなみにメインノズルの前にある二つの箱はサブノズルです。
(17代では艦底にあります)
逆進スラスターに使えるようで出っ張らせてあります。

”空きスペースがあると何か描き込まなくては済まない症候群”がだいぶ悪化していますね。

Before I draw the 17th Yamato ver.1.0, which I don't know when, I designed this ship because I wanted to draw it in the direction of a cool & external flavor.
Therefore, it is not a direct base ship or successor ship, but rather a different type of ship that was built in parallel with the design of the approximation, although there is a similarity.
Unlike the 17th Yamato EH2502 (EEF-0017) which was responsible for the exploration of ancient ruins mission, there are fewer facilities for personnel and boats and equipment for landing, and on the contrary, the command facilities have been expanded.
She is also numbered EFD in the battleship family, and may be a Renown-class command ship or successor.
But let's just say that only a few ships were built because the mainstay of the ship has become the blue Independence class.
It's similar to the SBB-277 USS North Carolina that I drew a long time ago.
By the way, the two boxes in front of the main nozzle are sub-nozzles (on the 17th they are on the bottom of the ship).
They are protruding to be used for Reverse thruster.

"The syndrome where you have to draw something when there is free space" is getting a lot worse.

過去の提督の名前をつけたのでアドミラル級戦艦と呼ばれています。
同型/準同型艦も描いてみました
They are called Admiral Class Battleships because they were named after past admirals.
I also drew a same-type/quasi-same-type ship.

EFD-7054 Admiral Hartley ハートレー
EFD_7054_Admiral_Hartley.jpg
EFD-7057 Admiral Nabopolassar ナボポラッサル
EFD_7057_Admiral_Nabopolassar.jpg
EFD-7077 USS Fahrion USSファーリオン
EFD_7077_USS_FAHRIONorr.jpg
EFD-7077 USS Fahrion USSファーリオン  Same Blue as SBB-277 USS North Carolina
EFD_7077_USS_FAHRIONb.jpg

ナボポラッサルは波動砲をシールド付きの新型に載せ替えた派生型です。
青いインディペンデンス級の配色は分かり易いですがロココ基地専用なので
エクセルシオールに準じた配色にしました。
USSファーリオンはSBB-277 USS North Carolinaに準じた配色で、
Frank G. Fahrionは第二次大戦中にBB-55 USS North Carolinaの退役まで艦長を務めていた提督です。
The Nabopolassar is a derivative of the wave-motion gun, replacing it with a newer model with a shield.
The blue Independence-class color scheme is easy to recognize, but it's exclusive to Rococo base.
The color scheme is based on Excelsior.
USS Fahrion has a color scheme similar to SBB-277 USS North Carolina.
Frank G. Fahrion was an admiral who served as captain of the ship until the retirement of BB-55 USS North Carolina during World War II.

コメント有りです please comment




posted by 禅芝zenseava at 17:42| Comment(4) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

ミリタリー小話 2020 その1

IZUMOclass_NaviLight.jpg
Sorry, this content is japanese only.
This article are about the navigation lights on the JMSDF full deck destroyer, US Navy CVN's anchor and JMSDF new landing ship.

航行灯-舷灯 Navigation lights - Side lights
先日、ずっと気になっていた海上自衛隊の全通甲板型護衛艦の
航行灯(航海灯)ナビゲーションライトの中の舷灯について、
ネットの一般公開日の写真などを探してやっと場所がわかりました。

右舷の緑灯は艦首寄り右舷のスポンソン(張り出し)、
球状のUSC-42衛星通信アンテナのすぐ横です。
左舷の赤灯は艦首寄り左舷の機銃スポンソンのすぐ上の
飛行甲板の角です。
船体の最大幅のほぼ最前端にあたる場所です。
この場所はひゅうが型DDHやおおすみ型輸送艦も同様です。
独立した鋼板の箱で、前方から側面にかけて法規に準じた方向から
灯火が見えるように切り欠いてあります。
左舷赤灯は甲板に直付け、右舷緑灯はスポンソン面が甲板より
一段低いためか足をつけて設置されています。
中のランプ自体は他の護衛艦のものと同じだと思います。



世界中の商船や軍用船のそのほとんどが
艦橋の左右、見張台の足元にあって
その船体を切り描くように内部に設置されており
写真では細長い暗い穴に見えます。
(日中に撮影された写真がほとんどだからです)
ただ全通甲板型の艦艇は艦橋構造物が片舷に寄っていることから
そういう穴はなく航行灯の場所はよく分かりませんでした。

ネットの一部の情報で、ひゅうが型では
甲板の先端近く、艦橋の真正面に立っている
キリンのようなマストがありますが
そこを航海灯マストと説明しているものが何件かありました。
登頂部に板状の箱があって、そこになら赤灯緑灯一体型の
航海灯を乗せることが出来そうでしたので
一時はそこかと思っていました。
ただ、写真などでも赤灯緑灯は確認できなくて保留していました。
(実際には航海灯の中の一つ前照灯が付いている可能性が高いです。
 この位置なら小さな船からも確認できます)

基本的に航行灯・航海灯は航行しているときに点灯するもので
夜間護衛艦を撮影した写真の多くは停泊中か満艦飾を施している物ばかりで
日中ではわからない航海灯を確認することはできません。
護衛艦の出港・入港のスケジュールは公開されているわけはないので
熱心な撮影ファンでもそういうタイミングにはなかなか出会えません。
まして夜間は難しいでしょう。

ネットを探しているうちに、たまたまおおすみ型の出港を
撮影しているカットがあって、甲板の先端左右が赤と緑に光っていました。
そこからいずも型の場所を類推して探して見ました。
昔と違ってネットで公開している写真でも高解像度の写真が多くなり
細部が分かりやすくなってきました。
ただ、護衛艦の一般公開日でもいずもか型やひゅうが型のこの部分の写真を
撮っている人は少なく(見た目的に中途半端な位置)、ましてや停泊している艦の
左舷は海側で、クローズアップなどは一切ありません。
甲板から撮った写真でも(箱の背面ということもあって)全く見つかりません。

なんとか、右舷側は伏木港万葉埠頭に"かが"が入港した時の高解像度写真から、
左舷側は盲点でしたがWikipediaのいずも型護衛艦の項目の写真からそれぞれ
確認できました。



いずれ商船・艦船や航空機・軍用機の航行灯ナビゲーションライトについては
まとめて話題にしようと思っています。
なかなか横須賀港にも航空自衛隊浜松基地のエアパークにも足が向かず
放置したままになっていますが、案外いろいろなバリエーションがあって
興味深い案件です。
例えば今回の舷灯ですが、イギリス王立海軍の艦艇はブリッジには
設置されていません。
見つけた範囲では、駆逐艦やフリゲートなどでは艦中央の舷側に
小さい張り出しがあってそこの前面を切り欠いて設置しているようです。
また、米海軍艦艇のついては全く見つけることができません。
横須賀にある戦艦三笠には標準的なブリッジ左右にありますが
灯火の色ではなく囲った鋼板の内側が緑・赤に塗られています。
戦艦大和では司令塔根元の高射指揮装置に付いています。
ネットの大和ロケセットや広島の1/10大和の写真でも確認できると思います。
昨今の貨物輸送用の無人宇宙輸送船にもついています。

まだまだ書きたいことはありますが、できれば図版と一緒に
法規も踏まえてしっかりまとめていきたいと思っています。
とりあえずは、Wikipediaのリンクを貼っておきます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/航行灯

フォード級空母のアンカー Anchor of a Ford-class aircraft carrier
こっちはYouTubeを観ていて教わったことですが、
米原子力空母ジェラルド・R・フォード級では、メインアンカーを
従来の鋳物のバルドー型から、小型船舶など同様の板とシャフトを
組み合わせたダンフォース型軽量アンカーに変えたようです。
(自衛隊の護衛艦はAC-14型というもっと四角いやつ)
能力的にはおそらく従来と同じ性能を持っているはずですが、
それでも現在のアンカーのデザインでは、走錨-錨を下ろしているのに
風や海流で錨が海底を掴みきれず船が流されること-を完全に防げる
ものはないという話を読んだことがありますし、十分なのかもしれません。
(ちなみに米海軍の空母や揚陸艦は縁起担ぎなのか、引退した艦のアンカーを新船で引き継いで使うことがあるようです。)

自衛隊新型揚陸艦についてAbout the new JMSDF landing ship
先月号の世界の艦船を読んでいていろいろ気が付きました。
2018年の再編成で海上自衛隊の掃海隊群が新設の水陸機動団の
海自側の受皿になり、加えて輸送隊のおおすみ型三隻もその中に
組み込まれました。
その編成の中で、どうも昨今噂されている新型全甲板揚陸艦が
掃海母艦である うらが・ぶんごの後継艦扱いになるらしいのです。
掃海任務は今後FFMが担うようになって、従来のように母艦が必要では
無くなるからかもしれません。
となると問題はおおすみ型の後継です。
全甲板型は二隻揃ってしまいますので、もしかしたら
サン・アントニオ級のようなドック揚陸艦になるのかもしれません。
昨年までは病院船機能や避難民収容設備の話も揚陸艦の話の中に
出てきていましたから、そこに盛り込むつもりだったのかもしれません。
ただ、今回の武漢コロナ騒ぎで本格的な病院船の建造が急務になりそうで。
そうなると設備的・予算的におおすみ後継艦にそれを盛り込むのは
難しくなるでしょう。
もしかすると後継艦の枠が病院船になってしまうかもしれません。
今後注視したい案件です。


posted by 禅芝zenseava at 12:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

大戦艦サラマンダー Great Battleship SALAMANDER

QBB_Salamander01.jpg
Sorry, this content is japanese only.
This article is the story of an enemy battleship that never appeared in the Japanese tokusatsu drama Mighty Jack.

1968年に放送された特撮TVドラマ・マイティジャックには
数々の潜水メカ・飛行メカが登場しますが、
TVには登場しないメカもあります。
朝日ソノラマが昭和43年発売したソノシート第3集「緊急出動」にだけ
登場する、MJの宿敵Q(キュー)の大戦艦サラマンダーもその一つです。
ソノシートには主題歌と短編ドラマ「緊急出動」が収録されており
付属のブックレット絵本には梶田達二氏による「緊急出動」の物語が
8ページにわたって掲載されています。
(全12ページ中最初の見開きは中西立太氏によるMJ号の図解、
 真ん中の2ページは梶田達二氏によるMJとQのメカ図鑑です)

この大戦艦サラマンダーについては、先月ムック本・エンターテインメント
アーカイブ : マイティジャックを紹介した時にも触れましたが
巻末の浅井和康さんによるコラム「ソノシートの世界」で紹介されていて
私はこのコラムで初めて知りました。
最初見たときは衝撃を受けて、あまりにカッコよさにしばらくそのページを
眺めていました。
(実はページをスキャンして拡大してプリントして見てました)

コアなファンの間では充分知られた戦艦らしくて、
サラマンダーとMJ号との空中戦を劇場の大スクリーンで観たいという
意見を少なくない数見つけることができました。

短編ドラマ「緊急出動」は本編の1期の11話「燃える黄金」を
簡略化したようなシナリオを約6分で収録したドラマです。
「燃える黄金」中でQが世界中の銀行から奪った黄金を搭載して
逃げるために使った潜水艦ドック兼双胴型超大型母艦クラッチャーの役割を
このサラマンダーが担います。
ただ劇中では日本銀行からだけ金塊を奪って、日本を攻撃しているところで
MJ号と交戦状態になり打ち落とされます。
金塊が海底に沈んだままにされるのは同じで、世界経済も混乱したままですね。

ソノシート第三集「緊急出動」は現在簡単に入手は出来ませんが
DVD「戦えマイティジャック」vol.2に特典として
ドラマ音声とブックレットの画像が収められているので
DVDを入手してサラマンダーの外観を確認しました。
機体の上面以外はブックレットに絵がありましたが、
上面の甲板や船体後部と艦尾の取水ノズルとの繋がりとかは
よく分かりませんでしたので、想像で描いています。
ドラマの背景で動くブックレットの絵から再構成された画像の中に
正面1時方向から見たカラー彩色の画稿がありました。
ほぼ最後の場面あたりです。
この絵はどこを探してもなくて、劇中に出てこない当隊長の絵の影に隠れて
見えない部分も多いので、所在をご存知の方はコメントを。
(ちなみにレンタル版には特典は収録されていません。vol.1には企画書とメカの初期設定と思われる図解が画像で収録されています。メニュー画面背景にはクラッチャーの内部図解が使われているのですが、画像としては収録されていません。見える範囲のクラッチャー図解には「デザイン:井口昭彦」と記載されており、Wikipediaでも確認できます。)

数年前に完成品模型が売られていたという話を見つけましたが
ネットにはそれを含めてサラマンダーの画像はほとんど見つけられません。
成田さんの画集は持っていますが、本の山の下の方に埋もれてまして
掲載されているかどうかは確認できていません。

デザインについてですが、中央船体は形状といい縞模様・青い三角といい
万能戦艦ホエールによく似ています。
ただそれ以外の形状や配色などには、どうも成田亨さんのデザインの癖が見られず
私の想像ですが作画の梶田達二氏によるものなのではと考えています。
成田さんだったら楕円翼は使わないでしょう。
サラマンダーの図解があればデザイナーもわかるのかも知れません。
-----------------------------------------------------------------------
ということでサラマンダーをネットに残すために描いたような絵ですが
もっとカッコいいサラマンダーを描きたいなと考えています。
より成田デザインに振った感じで、多分主翼は空母レイブンあたりを参考にするかも知れません。
艦載機も搭載できるようにしたいですね。
ヘリや小型輸送機、揚陸艇みたいな機体で金塊を奪取したいですし。
ブリッジデザインがキモだと思いますが、成田さんのデザインにはちゃんとした
塔・城型ブリッジあまりないんですよね、MJ号以外。
概ね垂直翼の応用や、潜水艦様の司令塔っぽかったり。悩みどころですね。

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

空中戦艦 タルミガン 模型 Aerial Battlship PTARMIGAN model

SAAB711Ptarmigan001.jpg

Sorry, this content is japanese only.
This article is the topic of the mecha collection size scratch model Aerial Battleship.

空中戦艦がまた増えました。
メカコレの科特隊・特殊潜航艇をベースに作った空中戦艦です。
2016年くらいからなんとなく考えていたネタですが
思い立って材料を買って作ってみました。
メカコレ主力戦艦が2隻入りだったので、パーツを流用しやすかった
というのも理由の一つです。
艦種のSAABは
Space and Atmosphere Amphibious Battleship 宇宙大気圏両用戦艦
ということにしてあります。
タルミガン PTARMIGANは雷鳥のことです。
(頭のPはペと読むことも読まないこともあるようです)

イメージ的には主砲塔が付いたマイティ号の地球防衛軍版です。
惑星軌道上と大気圏内を守備範囲にしている艦で
地球では海上に停泊します。

続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(3) | 模型model | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

NEKO MOOK エンターテインメントアーカイブ : マイティジャック

MJnekomook2020_01.jpg

ブログ材料が仕上がって撮影をしているころ、NEKO MOOKという
書籍のシリーズから、マイティジャックのムック本が
3月3日に発売されたのを知って、思わずポチリ。

マイティジャックのメカの紹介をメインに据えた資料本です。
A4サイズ強(29.9mm*23.1mm)の大型本。
(多分ポスト投函は難しいので配達時は手渡しでしょうね)

続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 17:30| BD・DVD・本 | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

異世界アニメと時代劇 Another world animation and Edo era drama "Jidaigeki"

Sorry, this content is japanese only.
This article is a topic of recent Another world animation and Edo era drama.

Exworld_Jidaigeki.jpg

最近時間があるときに、ちょくちょく観ていなかった
異世界転生アニメを見ています。
最近あまりにも多いなぁと若干避けていたところもあって
全部見るのは不可能ですが、有名どころは一応観たほうがいいのかなと
思ってみてます。

観た大雑把な感想ですが、これらの異世界モノって
案外楽に見られるんですよね。
概ね世界設定が同じだし、敵も同じような設定だし、時々出てくる
ステータス表示機能にも慣れました。
(私、ゲームはほぼしないのでRPGやMMORPGなどのファンタジー系ゲームの
 世界観やゲーム操作・用語などにはとても疎いのですが、概ね慣れました)
なんでこの手のモノを皆さん受け入れるのか。
これって時代劇と同じ感じがします。
多くの時代劇は江戸時代が中心で、その政治背景・役職、社会情勢、
犯罪傾向などみんな同じで、そこんとこ見る前に考えなくていいんですよね。
これは見るほうばかりでなく、作るほうも同じ。
京都・太秦や茨城に時代劇用の大規模な”江戸”のセットがありますが
あれ使ってロケしておけば時代劇になるんですよね。
犯罪モノにしても、人情モノにしても。
続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 12:00| BD・DVD・本 | 更新情報をチェックする