2017年03月12日

ミリタリー小話2017 その5 インテークコーションサイン Military anecdote 2017 part5 Intake Caution Sign

F35IntakeCoution.png

日本の航空自衛隊向けのF-35Aの報道写真を見ていて
F-35Aのジェットインテークの前に妙な三角形のサインが
あるのに気がつきました。
従来射出座席の警告表示に使う三角形です。
高解像度の写真を探して、やっと文字が読めました。
”JET INTAKE”と書いてありました。
主翼の後方にも2つ同じような三角形があります。
一つは読めませんでしたが、もう一つには
“JET EXHOUST”と書いてありました。
JFS(ジェットフュエルスターター)の排気口だと思われます。
どうやら米軍はコーションサインを新しくデザインしたようです。
I was watching a press photograph of F - 35A for the Japan Air Self Defense Force and found that there was a strange triangle sign before the jet intake of F-35A.
It is a triangle used for warning indication of injection seat.
I finally found a high resolution picture and I was able to read the letters.
It was written "JET INTAKE".
There are also two similar triangles behind the main wing.
I could not read one, but another one wrote "JET EXHOUST".
It seems to be an exhaust of JFS (Jet Fuel Starter).
Apparently the US military seems to design a new caution sign.

米国では、ジェットインテーク(空気取入口)のコーションサインは
米海軍機・海兵隊機にしかついていません。
これは空母の狭いの甲板上で多くの人員が働いている中で発着を
管理するからでしょう。
空軍は広い飛行場・滑走路を持ち、限られた整備・管制要員しか居ないため
必要ないと判断していたのでしょう。
しかしF-35は国際的な共同開発機で、多様な軍隊で使われることが
想定されるため、あえて新しいサインを追加したのだと思います。
In the U.S., the caution sign of the jet intake (air intake) is only attached to US Navy aircraft and Marine Corps aircraft.
This is because many people are working on the narrow deck of the aircraft carrier to manage departure and arrival.
The Air Force had wide airfields and runways, and there were only limited maintenance and control personnel, so it would have been judged that a signature is not necessary.
However, F-35 is an international collaborative development machine, and it is assumed that it will be used in various armies, I think It added a new signature.

※1 調べていて空軍向けのCV-22にも付いていることがわかりました。
  ただデザインは海軍のものと同じです。
  I found out that it was attached to the CV-22 for the Air Force.
  Just the design is the same as that of the navy.
※2 F-22のミサイル用サイドウエポンベイの上方にも同種のサインがあります。
  なんて書いてあるのかは読み取れませんでした。(ECS VENT STEAM ?)
  F-22のコーションサインは読み取りづらいです。
  There is a sign of the same kind above the side weapon bay
  of F-22.
  I could not read how it was written.(ECS VENT STEAM ?)
  The caution sign of F-22 is difficult to read.
※3 専門家や模型業者の設計/企画の方、航空機模型を作ってデカールを
  貼ったことのある方なら、このことはもうご存知でしょうね。
  F-35のサインについてもご存知でしょう。
  If you are a designer / planner of experts or model operators,
  those who have made an aircraft model and stuck a decal,
  you already know this thing.
  Also you know about the sign of F-35.

日本の自衛隊は、若干特殊な状況になっています。
歴史的に最も古いのはF-104Jで、米空軍向けF-104には付いていませんので
航空自衛隊独自の日本語のサインが使われています。
デザインは米海軍と同じものです。
次のF-4EJは、米海軍向けの戦闘機をライセンス生産しているのが理由で
しょうか、英語で米海軍と同じもサインが付いています。
日本で開発したT-2・F-1そして現在も現役のT-4にはF-104Jをベースにした
日本語のサインが入っています。
その次のF-15は、米空軍同様インテークコーションサインは付いていません。
F-2もベースがF-16だからなのか、付いていません。
ヘリコプターについては、陸上自衛隊機には付いていません。
航空自衛隊・海上自衛隊のUH-60系・CH-53系の機体には
米海軍・海兵隊仕様と同様の英語のサインが入っています。
CH-47には入っていません。
機体各部にある細かい注意書きは日本語で表示されるのが
基本だと思いますが、このインテークコーションだけ
まちまちなのは、なぜなのでしょう?
The Japan Self Defense Force is in a slightly special situation.
Historically the oldest is F-104J, which is not attached to F - 104 for the US Air Force, so the original Japanese signature of the Air Self Defense Force is used.
The design is the same as the US Navy.
Is it because the next F-4EJ licenses and produces fighter aircraft for the US Navy, the same sign as the US Navy in English is signed.
T-2 ・ F-1 developed in Japan, and currently active T-4 has a Japanese signature based on F-104 J.
The next F-15 does not have an intake caution sign like the US Air Force.
I do not have whether F-2 is also based on F-16 base.
About helicopters, It is not attached to the Ground Self Defense Force helicopters.
Helicopters of the Air Self Defense Force ・ Maritime Self Defense Force UH-60 series ・ CH-53 series have signs of English similar to US Navy ・ Marine Corps specifications.
It is not included in CH-47.
I think that the fine notes on each part of the aircraft are displayed in Japanese, but why is this intake caution alone different?

posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

メモリーの話 topic of memory

Sorry, this content is japanese only.
This article is a topic of Mac and memory problems.
With such a state, the drawing work hardly progressed,
I'm sorry.


先日も一度同じ症状になったのですが、
今日は朝からMacPro er2008が起動しなくて、ステータスLEDが
点滅したままなのでどうやらメモリー障害の模様。
ライザーカードを抜き差し、メモリーを取っ替え引っ換えしながら
悪い奴を特定、以前買った奴と交換して、さっき起動しました。
2014年に買ったメモリーのうち半分使わずに保管しておいたので
その半分と交換しました。

当時、アマゾンで4Gを2個セットで売っていたので注文したのですが
届いたのは4個。メモリーに貼ってあるシールには4Gと表示してありました。
これは中身が2Gか、あるいは2Gしか認識しなくてラインから外したものかなと
思って、2つインストールしたところ2Gx2で4G認識しました。
(当時8Gで17800円、秋葉原の半値に近いくらいだったのですが
今見たら5400円です。まぁこのメモリー使う機械がもう少ないですからね)

それで、今回その2つが壊れたようで
(あるいは片方-必ず2個セットでインストールする決まりなので
 片方ダメでも両方交換)
残っていた2つと交換したのですが、起動したところ4Gx2=8G認識しました。
ラッキーだったのか、あるいは今後また認識しなくなるのか
ちょっとドキドキものですが、2014年には結果12G買っていたということに
なったようです。
(用心にまたメモリーを買っておいても良いかもしれませんが
 もうこのマシンも最新のOSXはインストール不可なので
 ちょっと迷うところです。

そういえば
以前記事にしたGTX960の件、こまかいOSのアップデートのたびに
ドライバが認識せず、画面が映らなくなって、グラボをGT120と
取り替えてドライバインストール・シャットダウン、交換・再起動という
作業をしなければならず、去年予定していたRhinoceros for Macも
導入しなかったため、GT120のままで最近は使っています。
先日はGTX1080Tiまで登場して、960も数世代前のグラボになって
しまいましたね。


posted by 禅芝zenseava at 16:45| デジタルガジェット Digital gadget | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

ウルトラメカ-ステーションホークIII ULTRA Mechanics - Station Hawk III

StationV401.jpg

2015年9月に公開した、ステーションホーク3の背景まで入れた完成版です。
カレンダーに使ったモニターグラフィックから読み取れると思いますが、
場所はステーションV4の第三カタパルトです。
Unknownが発見されて、武装を搭載して要撃に向かうところです。

It is a finished version that put in the background of Station Hawk 3 released in September 2015.
I think that it can be read from the monitor graphic used for the calendar,
The place of this picture is the third catapult of station V4.
Unknown was discovered and is about to intercept with armed weapons.

SIDさん、いろいろありがとうございました。
SID, Thank you for everything.

コメントありです please comment


posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | その他のメカ Other Mechanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

アイリッシュ級戦艦初期案 Initial design plans of IRISH class BB

IRISHclassInitialDesign.jpg

私は最近アイリッシュ級戦艦がアーガマだけでなくマゼラン級戦艦も基に
設計されたことを知りました。
それならなぜその艦をマゼラン級がベースだともっと分かるデザインに
しないのかと思いました。
そこで自ら初期案を設計することを思いつきました。
I recently learned that the Irish class BB was designed not only for Argama but also for Magellan class BB.
Then I thought why the ship would not be a better design that Magellan class would be the base.
So I came up with designing my own initial plan.

plan4011
マゼラン級の船体中央に単列の滑走路や格納庫をレイアウトした設計案。
極力マゼラン級の設計や搭載機器を流用し、マゼラン級の火力も維持。
設計期間や工期の短縮、費用の低減を図れる案で、艦隊戦力が不足している
エゥーゴには早急な戦力増強が望まれ、費用の低減も図れることはエゥーゴの
スポンサーにも好都合であった。
(新造艦に退役したマゼラン級のパーツを流用することも検討された)
但し、MSの運用機数が少なく現場要員には不評であった。
A design plan that laid out a single lane runway and hangar at the center of Magellan class hull.
As much as possible Magellan class design and mounted equipment are diverted,
Magellan class fire power is also maintained.
It is a plan that can shorten the design period and the construction period and reduce the cost, A.E.U.G. short of fleet war potential is urgently required to strengthen the fighting power, and it is also convenient for A.E.U.G.'s sponsor to be able to reduce the cost.
(It was also considered to divert Magellan class parts retired to new ship)
However, the number of MS operated machines was small, which was unpopular for site workers.

plan4013
マゼラン級の船体左右両脇に滑走路や格納庫を有し
アーガマ同様のMS運用が可能なようにレイアウトした設計案。
前方・後方合わせて4本のカタパルトを持ち、MS16機の搭載が可能な
艦隊指揮機能も有する大型艦で、武装もマゼラン級を凌駕し
エゥーゴ艦隊旗艦を想定した艦であった。
ただ、宇宙空間だけの運用を想定しており
バリュートシステムを使っての地球降下・地球での艦隊運用も
視野に入れていたエゥーゴとしては、過度な装備とも言えた。
建造期間の長期化、建造費の高騰も想定された。
Having a runway and hangar at both sides of the Magellan class hull,
design plan laid out to enable MS operation similar to Argama.
It is a large-scale ship which has a total of 4 catapults in the front and rear and also has fleet command function capable of mounting 16 Mobile suits, and armed magazine surpassed Magellan class,
It was a ship that assumed the A.E.U.G. fleet flagship.
However, the new battleship is supposed to operate only in outer space,
In the A.E.U.G. way that the Earth descent with the ballute system was also taken into consideration and the operation of the fleet on the earth was also watched,
It could be said that it was excessive equipment as a fighting force that could not be put there.
Longer construction period and higher construction cost were also assumed.

2案を比較検討した結果、plan4011は過小で落選、
plan4013は過大だが有望ということで、
plan4013を縮小改修したplan4013a、
再設計したplan4015・plan4015aを経て、
plan4015bがアイリッシュ級として建造された。
As a result of comparing and examining the two plans, the plan 4011 is overly small, it is declined, plan 4013 is overpowered but it is promising, after going through the plan 4013 a reduced and repaired plan 4013, the redesigned plan 4015 ・ plan 4015 a,
and plan 4015b was built as an Irish class.

サラミス改級 4機
マゼラン級(改) 8機 ※1
アーガマ 6機
ネェル・アーガマ 12機or16機
アイリッシュ級 8機〜12機?

plan4011 8機
plan4013 16機

Salamis class CA (modified) : 4 MSs
Magellan class BB (modified) : 8 MSs ※1
Argama : 6 MSs
Nell Argama : 12 or 16 MSs
Irish class : 8 to 12 MSs(?)

Plan 4011 : 8 MSs
Plan 4013 : 16 MSs

※1
ガンダムセンチネルにはマゼラン級(改)が登場します。
あの艦はサラミス改級に準じた改造仕様なので
今回の船はそれより少し進んだ設計の船になります。
マゼラン級(改)のMS搭載数はだいぶ多めの12機で、
あの規模ではそこまで多く積めないのではと思います。
そこでマゼラン級(改)のMS搭載数8機程度だと想定しました。
ブライトは劇中でアーガマのMS搭載数を少ないと感じており
のちにアイリッシュ級に乗艦した際「この艦にMSを詰めてよかった」
と話しています。
4011案はアーガマより多いMS搭載数になっています。

Magellan class BB (modified) appears in Gundam Sentinel.
That ship is a modified specification conforming to Salamis class CA (modified) .
This ship will be a ship of a little advanced design.
The number of Magellan class BB (modified) MS loading is 12, which is much larger,
I think that you can not get so much on that scale.
So we assumed that it is about 8 Magellan class BB (modified) MS loading.
Bright felt that the number of MS loads of Argama in the play is small,
and when I later went aboard the Irish class, "I am glad that I have packed MS on this ship".
The plan 4011 is more MS loaded than Argama.

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(6) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

ミリタリー小話2017 その4 16式機動戦闘車 量産車について

今年三月に部隊配備が予定されている16式機動戦闘車 量産車ですが、
昨年秋に開催された防衛技術シンポジウムに機動戦闘車量産車の模型が
展示されていたようです。
印象としては最初に作られた試作車と似た感じで
砲塔の側面カバーは後方に延長されて、背面に小さめのラックが付くようです。
車体に関しては左側面の、隙間と段差があったカバーの位置が試作車の
第三第四車軸の間から量産車ではないかと噂されていた実用試験車両
(25-4202号車)と同じ第二第三車軸の間(乗降ステップのある場所)
になっています。
右側面からだと最後尾の三角部が若干小さくなっている位しかわかりません。
実用試験車両にあったゴムのフェンダーはついていません。
判別しやすそうな前照灯ですが、一応四角四灯になっているという話です
(写真は見当たりません)。
実用試験車両や先に公開された小松の装輪装甲車(改)の試作車も
四角四灯だったことから、今後の車両は同様の灯火になることが予想されます。
10式戦車も次のアップデート(C5?)で四角灯に変更されるかもしれませんね。
加えて、実用試験車両で兵員室のために拡大された後方扉についても
よくわかりません。
実用試験車両がまさに実験的な兵員室増加豪華仕様の試作(未採用)だった
だけという話もあります(車体高もゴムフェンダー分高そうなんですよね)。

それから試作車の話、最初に公開された99-0299号車ですが、当初車体左右の
吸気口のスリットが99-0300号車同様縦シマだったのですが、
最近の展示をみると横シマになってます。
量産車はどっちになっているのでしょう?

ちなみに過去の防衛技術シンポジウムで展示されていたジムニーベースの
陸上無人車両の試作車。
この世代のジムニーにピックアップって無くて、カスタム車しかありません。
なので、カスタム車を買ってきて改造したか、あるいはピックアップカスタムを
発注したのか、自分とこで屋根を切ったか、非常に興味深いです。
ボンネットはモンスタースポーツ製らしいという話もあります。
前後のライトプロテクターはJAOS製ですね。
以前記事に書きましたが、これオスプレイに乗せられるんですよね。
(最大貨物高が1.68mだから頭の上をもう少し小型化しないと難しいかな)

posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

ガトランティス旧世代戦闘機 Gatlantis older generation fighter

GES_oldfighterw.jpg

デスバテーター以前の戦闘機を思いついたので描いてみました。
鳥が存在しない世界で、水中生物をベースに考案された飛行体といった感じです。
イータIIとかあんまり好きではないので、こういうのが欲しいです。

So I came up with Deathbatetor previous fighter tried to draw.
It’s the scenario such as airframe in the world that the bird does not exist has been devised to aquatic organisms in the base.
Eta-II is not very liked, I want this kind of is.

上部の黒い部分がコックピットで、全長は23mほどです。
タイヤの付いたランディングギアは無くて、
四方に伸びるアームで機体を保持します。
宙吊りの状態ですね。魚には足はありませんから。

Is in the cockpit black part of the upper portion, the total length is about 23m.
Landing gear per tire without equipment,
to hold the airframe in the arm extending in four directions.
It is a state of suspended. Since there is no foot to fish.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(6) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

宇宙戦艦ヤマト2202第1章予告60秒版 SBB Yamato 2202 Chapter 1 Trailer 60 Second Edition


いよいよ公開が来月にせまった宇宙戦艦ヤマト2202第1章の
トレーラー60秒版が公開されました。
アンドロメダが凄いことになっています。
The trailer 60 seconds version of Space Battleship Yamato 2202 Chapter 1 is now open to the public next month.
Andromeda has become amazing.

本編Blu-rayやバンダイ1/1000アンドロメダ2202の予約も始まっています。
Reservation for Chapter 1 Blu-ray and Bandai 1/1000 scale Andromeda 2202 model kit has also begun.

2199関連や旧作のプラスチックキットの再販もアンドロメダの販売と当時に3月末に予定されている模様です。
It seems that the resale of the 2199 related kits and old Yamato plastic kits are scheduled for the end of March at the time of new Andromeda's sale.

posted by 禅芝zenseava at 15:29| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

トーノZEROさんの記事へのコメント

トーノZEROさんは時々興味深い疑問を提起されて、それによって予想外に
知識が増えるというか視野が広がることがよくあって
今回のアルベドも興味をそそったので調べてみました。
Fly on the Cloud! オータム マガジン 2017年1月2日の記事
デスラーのアルベド物語
http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20170102085830

アルベド(Albedo)はラテン語で「白さ」という意味。Albo で白という意味
だそうです。
そこから天体の反射率の意味で使われるようになったみたいです。
(なんか漂白剤の名前に使いたくなりますが)
遺伝子疾患のアルビノの語源でもあります。
アルプス(Alps)も同じ語源から発生した単語です。雪山は白いですから。
それから写真のアルバム(Album)も「白いもの」という意味で、
古代ローマで議事録として使われた白い石版がアルバムと呼ばれたことから、
議事録→記録集→写真帖と変わったようです。

ちなみに、
ラテン語のalbu,alboのもっと大元が印欧祖語で「白い」を意味するalbhです。
albhからはelf, álfが派生します。エルフ(妖精)ですね。
álfから生じた単語が Ælfred良き助言者(Elf counsel 妖精の助言)で
そこから生まれた名前がアルフレッド(Alfred)-バットマンの執事の名前です。
イギリス空軍や海軍の参謀の役に似合いそうな名前です。

ここからはデスラーの話。
英語サイトではアベルト・デスラーはAbelt Desslerという綴りになっています。
Abeltはドイツや北欧で苗字として使われていますが意味はよくわかりません。
Abertoというスペルだったら、ポルトガル語で解放する・開く(open)という
意味だそうです。

アベルトの元になったであろう、アドルフAdolf。
ドイツ語で「高貴なる狼」(adal wolf)の意味だそうです。
(ちなみにその2、アディダス社の創業者はアドルフ・ダスラーです)
それからもう一つの元と思われる、アルベルトAlbert。
ドイツ語名アルブレヒト(Albrecht)と同様にゲルマン語の
Adalbrecht(アダルブレヒト)に由来する名前で、adal(高貴な)と
berath(光)の意味です。
デスラー的にはアダルブレヒトのほうがそれらしい名前かもしれません。
まぁドイツ語じゃなくガミラス語なんですが。
(ちなみにその3、ヴォルフ・フラーケンのヴォルフWolfはそのまんま狼の意。
 Volkhだったらロシア語で魔法使い・呪術師・賢者の意味があるそうです)
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(3) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

新年の挨拶 New Year Greetings 2017

2017NewYearGreetings.jpg

新年、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

Happy new year.
Everyone must have the good thing this year.
posted by 禅芝zenseava at 00:00| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

TDFステーションV4管制コンソールカレンダー2017 TDF Station V4 control console calendar 2017

TDFconsolecalendar2017.jpg

2017年カレンダーです。
This is the 2017 calendar.

ステーションホークIIIのイラスト用に描いた管制画面を編集した,
コンソール風デスクトップカレンダーです。
いつものように、HD解像度1920*1080です。
I edit the control screen drew for the illustration of the StationHawk III,
It is a console-style desktop calendar.
As always, it is the HD resolution of 1920 * 1080.

文字が多いので壁紙としては若干使いづらいかもしれませんね。
There are a lot of characters, so it may be slightly difficult to use as wallpaper.

コメント有りです please comment
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | その他のメカ Other Mechanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする