2019年02月11日

MacOSXでSRS-WS1を聞くListen to SRS-WS1 on MacOSX

SonySRS_WS1_Speaker.jpg
Sorry, this content is japanese only.
This article is that I tried using wearable neck speaker released from Sony on MacPro with MacOSX.

2018年3月にアメトークで紹介されて品不足になった
肩掛けスピーカー・ショルダースピーカー・ウェアラブルネックスピーカー
ソニーSRS-WS1です。
昨年4月にも記事にしましたが、9月に販売再開が決まって
年末に掛けてかなり安くなってきたので、コウタヤメタを繰り返していましたが
やっと買うことになりまして先日届いてセッティングしました。

詳しい使い方や評価はネットの記事や価格comやアマゾンを見ていただくとして
個人的にぶち当たった課題やら解決した問題を書いていこうと思います。
今はMacからの音声や、ブルーレイレコーダー・TVからの音声は
ソニーの無線式のサラウンドヘッドフォンMDR-DS7000を使って聞いています。
部屋が小さくて映画など大きい音だと隣の部屋に聞こえそうなので使っています。
2009年に買ったものです。サラウンドヘッドフォンとしては二代目ですが
そろそろバッテリーの持ちが悪くなって(イヤーパッドもボロボロに)、
加えて先代のDS5100の開放型から密閉型になったため
外の音が聞こえずにちょっと困っていました。
(2011年の地震があったときもこのヘッドフォンをしていたので始めは気が付きませんでした)
Mac・レコーダーとも光デジタル端子で繋いでました(入力セレクター内蔵)。

まず競合製品が幾つかあって、かなり迷ったのですが
一度ヨドバシカメラに行ったついでに見てきて落選したのが
JBL・SOUNDGEAR。持った感じ一番重かったんですね。
バッテリーはBose・SoundWear Companion speakerが一番保つのですが
それより重かったので却下に。
あと起動音・お知らせ音が大きいという評価もあって早々に消えました。

年明けまでソニーとBoseで迷っていました。
どうもどちらも決定打に欠けて、
ソニーはバッテリーの持ちが不満、充電コネクタが専用置き台なので
保管場所に難点有りなど、バッテリー関連。
BoseはBluetoothの欠点か、音質が悪いコーデックしか選べないことがある、
音量調節が出来ない場合が有るなど、音管理関連。あと最高値。
(年末で終わる予定だった割引がなぜかアマゾンでは未だに続いてますが)

で、決め手になったのが、あまり問題にしていなかった接続方法。
私のMacProは2008年のものなので、もしかしてBluetoothの規格が古いんじゃないかと
思い当たって、実は実家に置いてるMacmini用にBluetoothマウスを買って行ったことがあって
規格の所為か全く接続できずでした。
調べてみると、うちのはLMP version 0x3で、これってBluetooth2.0相当らしく
Bluetoothは3.0以前以後で互換が無いので、今販売してる製品は当然つながりません。
純正のMagicMouseが使えているのでてっきり大丈夫だと思い込んでいましたが
調べて良かったです。
今後の機械を買い換えることを視野に入れると、BluetoothのBoseが実は本命に近かったのですが。
(当然iPhoneXでは問題なく使えたはずです)

SonySRS_WS1_Transmitter.jpg

まず、接続方式は今と同じ光デジタルなので問題無いはずです。
入力は一箇所ですが、DS5100の時に使っていた手動のセレクターがあったので
切り替えも問題なしです(たぶん鏡が入ってるだけの切り替え器です)
とりあえずTV・レコーダーのほうはすぐ音が出ました。
価格comの口コミをみるとこっちのほうが問題に当たる方が多いようです。
そこで、Macのほうですが、光ケーブルからは赤い光がでているので大丈夫だろうと
つなぎましたが、まったく音が出ません。
送信機のLEDをみると、TV側のときはグリーンでMac側の時は黄色(オレンジ)です。
マニュアルを読むと光は来てるがPCMでは無い場合の色。
今までMDR-DS7000では普通に音が出てますし、Macの光音声端子からアナログ信号がでているとも思えません。
調べてみると、S/PDIF式の立派なデジタル音声信号で、196kHzまで対応しているそうです。
(2016年のMacBookProから光デジタル音声端子は廃止になったそうです、まぁ今はUSB-Cでなんでもできますからね)
ともかく、音が出ないのは事実です。
一番怪しいのはサンプリング周波数で、SRS-WS1は48kHzのPCM信号しか対応していませんから
そこをなんとかできればと、システム環境設定を何度探してもそこを調整できるウィンドウはでてきません。
ネットを探したところやっと探し当てました。
アプリケーションの形でAudio MIDI設定というのがあったんですね。
ネットで最初見た時は、Macを購入して以来(OSXを触ってこのかた)見たことが無いアイコンだったので
最近のHigh Sierraとかのシステム環境設定にはあるのかなと諦めましたが
よくよく探すとアプリとのことで、MacProのアプリfolderにも入ってました。
ユーティリテーfolderの中だったのでなかなか見つからなかったのですね。
開いて、周波数のセレクタをいじると48kHzがでてきたので、選ぶと即音が出ました。
デフォルトでは44.1kHzになっていました。
Windowsでの使い勝手は良く分かりませんが(普通のPCにはデフォで光デジタル端子は付いてませんよね)、
イヤフォンジャック経由で電波を飛ばした時もちゃんと音が出ましたので普通に使えるはずです。
寝がけにiPhoneXで使う時は本体のイヤフォンジャックにケーブルをつないで有線で使うことになると思います。

使った感想というか、音ですが、最初は慣れず変な感じだと思っていましたが
10分聞いていたら慣れました。
私は姿勢が悪いせいか、スピーカーが前にズレ気味で本体を若干後ろにずらすと
いい感じに音が聞こえるようになりました。
(購入前比較していた当時、最も前から音が聞こえるのがソニーで、次がBose、JBLは不自然に後ろから聞こえるという
評価を読みましたが、わたしの場合ヘッドフォンを常用していたので案外真ん中のBoseの音の位置くらいが
ちょうどよかったのかもしれません)
リラックスした姿勢でTVの前で聞く時は結構いい位置から音が出ている気がしますし
その姿勢の時が一番軽く感じます。
気の所為か後ろから音がする場面で、後ろから音が聞こえます。気の所為でしょう。
(これも気のせいかもしれませんが、TVのスピーカーから出る音よりSRS-W1から聞こえる音の方が少し早く聞こえる気がします。TVからの距離の所為か、デジタル補正の所為か、理由はよくわかりません)

Macや作業机で、作業しながら聞くことを前提にしているので、姿勢としては少し前傾になっているはずで
その場合ちょっと音位置が悪くなり気味で、若干重く感じます。
首の後ろになにかクッションを置いて位置を後ろに移動できれば良さそうですが
本体中央の首の後ろの部位にタオルなどを巻くと、そこには充電用の接点があるのでうまく充電できなくなります。
BoseやJBLのものは機器の汚れを防ぐための布製のカバーがありますが、SRS-WS1にはありません。
カバーと最適位置用クッションとを一体で作れたらちょうど良さそうですが
いまのところ靴下をつなげたらどうだろう、くらいしか思いつきません。
まだ新品なので本体にマジックテープなどを接着するのも気が引けます。
現在は紐で浅いループを内側に作ってそれを首をひっかけて本体を後ろにずらすようにしていますが
若干首が重いです。

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | デジタルガジェット Digital gadget | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

V-22とF-35Bの優位性とSTOVL空母の可能性

STOVLcarrier2030.jpg

日本でもいずも型護衛艦にF-35Bを運用する能力を付与することになり
欧州、豪州でもF-35Bを搭載可能な揚陸艦が増えています。
世界の艦船2018年7月号でも特集された、STOVL空母ですが
通常固定ジェット戦闘機・攻撃機に匹敵する能力を持つF-35Bの登場によって
その立ち位置がずいぶん変わってきています。

ただ、F-35Bだけでは従来のハリアー・シーハリアー搭載艦と変わりません。
短距離離陸のため搭載燃料・搭載兵器が少なく、限られた攻撃能力しか持ちません。
そこで重要なのが、V-22オスプレイの配備です。
もちろん単機としてヘリコプターを大きく上回るスピードと
航続距離は性能としては申し分ありませんが
それ以上に重要なのは、従来の空母で作戦の要となっていた給油機や
早期警戒機など、補助的な任務に対応できる可能性が高いからです。

空中給油は短距離離陸をするF-35Bにとって最も必要な運用で、
もともと通常型のF-35Aに比べ燃料搭載量が少なく、
加えてステルス機なので機外への補助タンクの搭載がはばかられるF-35Bには
救世主のようなものです。
オスプレイはすでに空中給油パッケージをペイロードに搭載して
F/A-18に給油する実験をはじめており、実用化は間近でしょう。
米海軍F/A-18のように同型機を給油機として運用するよりはるかに効率的です。
(世界の艦船2018年7月号ではV-22の空中給油について書いていたのはごくわずかで、なぜそこに言及しないのか不思議なくらいでした)
 
E-2Dなどの早期警戒機もカタパルトのないSTOVL空母からは発艦できません。
(現在開発が進んでいるドローン給油機もカタパルトがないと発艦できません)
イギリス海軍はHMSクイーンエリザベスを建造している時期に
オスプレイの早期警戒型の提案をしていて、当時は開発にまで発展しませんでしたが
日本も欲しいとなればボーイングもその気になるでしょう。
できれば今はヘリが中心の哨戒機もオスプレイ版が欲しいところです。
より広い範囲を哨戒できるからです。

加えて米空母にはEA-18Gという電子戦機も搭載しています。
F-35Bはその高い探知能力から、簡易な早期警戒機として運用も可能なことは
知られていますが、電子戦機にはそれなりな装備が必要になります。
そこで個人的に考えたのが並列複座のEA-35Bです。
電子戦機には専任の電子戦士官が必要ですので、複座を開発したいところですが
F-35Bを従来のタンデム複座にするのは、コクピットのすぐ背後にリフトファンが
あるので、前後長を2メートル程度延長しないと不可能でしょう。
そこで、リフトファンカバーの凹凸をそのまま延長する形で
並列コクピットを作ります。そのままでは機体形状に無理が生じるので
中央・後部機体も40〜60cmほど拡幅します。
(並列コクピットと重量バランスをとるため、後方にも50cmほど延長することになるでしょう)
拡幅した機体容積は元から足らない燃料タンクに全て当てます。
ウェポンベイも燃料タンクに転用したいくらいですが、自衛のAAMは最低限(蓋の内側)、加えてレーダーサイト攻撃用の対レーダーミサイルも搭載する可能性もあるため、庫内燃料パックとの選択式になるでしょうね。
(EA-35Bの開発と同時にCTOL型のF/A-35DやEも開発できたら面白いですね)

実現できるかどうかは別にして、オスプレイV-22とF-35Bの組み合わせは
STOVL空母に大きな可能性を開きます。
加えて、この組み合わせは米国の同盟国でないと実現しないもので
中国やロシアには大きな脅威になることでしょう。
中国で建造中のスキージャンプ式の001A空母は就役、即陳腐化の憂き目にあうかもしれません。
フルサイズ空母なのに”軽空母”より劣ることは中国海軍当局にとって許されないことでしょう。
(レッドチームの影響下にある運動家たちがオスプレイ配備に猛反対しているのはこれが理由の一つかもしれませんね)

当然、問題というか解決したい欠点もたくさんあります。
現在就役中のF-35B運用可能艦船の多くは、揚陸艦の体を成しています。
搭載容量の少ないこの手の船は、航空機搭載量と揚陸用車両量が
トレードオフの関係にあります。
加えて、後部にウェルドックを持つ揚陸艦は、ドック使用のため
大きなバラストタンクが必要になります。
もしバラストタンクが必要ない場合、そこには艦載機燃料を搭載することができます。
現在需要が高まっているパワープロジェクションシップの理想としては
主F-35B搭載空母型と、ウェルドックを持つ主揚陸型の
準同型艦二隻の同時運用で互いを保管するのが理想的なのかなと思います。
もちろんどちらも港での戦闘車両の揚陸能力はもっていて
場合によっては避難民収容や病院船能力も持つことになるでしょう。
(艦載機燃料はタービン発電機の燃料に使えるので、係留型の発電所の能力も
有することになります)
おそらく、いずも型程度の船体幅、前後長をもち、くわえて
スペイン海軍のフアン・カルロス1世のように2層船体を高くして
航空機専用格納庫を設けるの形が良いのではと思います。
たぶん費用節約のため商船設計にはなるでしょうね。
スキージャンプ滑走路は、まぁ無くてフル武装のF-35Bが離陸できれば
いらないです。ヘリやオスプレイの発艦ポートが減りますし。
離陸直後の空中給油必須ですが。
あと、F-35Bは軽量化・構造の単純化を狙って、主翼は折りたたみできません。
(ハリアーもロールポストが翼端にあるため折りたたみできませんでした)
そのため、同じ格納庫の広さでも海軍用のF-35Cより少ない機数しか収容できません。
格納庫の狭い揚陸艦型はより制約を受けることになります。
これはSTOVL空母の弱点の一つでもありますね。
F-35はどの機種もウェポンベイがお腹にあるため、主脚の収納を翼側に広げざるを得ず、左右主脚の幅が従来機より広くなっています。
そのため甲板や格納庫内での旋回半径が大きくて、ようするに取り回しが悪いのです。
元からいろんな場所が狭いSTOVL空母にはこれは案外ボディブローのように効くのかもしれません。
(たとえば攻撃作戦時などに、単位時間あたりに発艦できる機数が少なくなります。ということは空中で待機している僚機の燃料を余分に食うことになります)
英海軍がQE級をあのサイズにしたのは案外正しい判断だったかもしれませんね。

posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

バンダイメカコレクション アンドロメダ2202 軸線改修 Bandai Mecha Collection Andromeda 2202 Axis repair

MechAndro01.jpg
Sorry, this content is japanese only.
This article is the topic of the plastic kit mecha collection Andromeda 2202 axis repair version.

昨年発売された、バンダイスピリッツ・メカコレクションシリーズの
アンドロメダ2202です。
前々から気になっていた2202版デザインの波動砲口と艦尾ノズルとの
軸線のズレを修正してみました。
1/1000を改修する場合のテストでもあります。
一緒に2箱買ったので一隻は比較のためそのまま作ってあります。
手前の、砲塔がグレーの方が改修版、白いほうが未改造版です。

MechAndro03.jpg
メカコレアンドロメダ2202は、船体のパーツ分割が
ちょうど軸線に沿っていて
船体上面パーツA10の、前半の分割線が波動砲の軸線、
後半の分割線が艦尾ノズルの中央になっています。
これを利用して軸線を揃えます。
A10を司令塔の直後で切り離して、軸線の基準となるプラ板に
高さを合わせて接着します。
同時に、お腹がげっそりしているので、これを解消するために
船体下面パーツA18を三分割し、前後はA10に合わせて、
中央は1mm厚のプラ板の下に貼り付け、2mm下げた位置にします。
(ちょっと無理をして、艦底のインテークの後半のみ切り出して
 インテーク前半に高さを合わせるように斜めに接着しましたが
 これは結構大変な作業でした)

MechAndro02.jpg
思ったほど全体の印象は変わっていないと思います。
(ぱっと見わかりやすいのは第三砲塔が一段上にあることですね)
艦底のインテークの後半を斜めに付けたため、艦底タンクが
斜めになってしまったのは残念でしたが、艦底部のボリュームが増したので
甲板側とのバランスが’取れたような気がします。
舷側の大型バルジも側面のパーツから切り離して軸線に合わせましたが
作業が大変な割に位置決めが微妙で、少し心残りです。

MechAndro04.jpg
この画像ではあまり感じませんが、真正面から見ると
結構艦首の垂れ下がり感が強くて、これは反省する点の一つです。
船体前半はあえて加工しない方針で作業したので、元の鎌首を擡げたデザインが
過剰に艦首を下げたように見せているのだと思います。
波動砲口だけでなく、その後方の船体も、上下の角度を合わせるなどして
改造しないといけないのでしょう。
艦首側のインテークもいじらなかったので、そこも一段下げるなどしたほうが
良いのかもしれません。

さて、今後はこれを1/1000改造にどう反映するかですが
メカコレとは骨格のパーツ構成が異なる部分が多いので、まだまだ簡単には
手をつけられません。
(艦底パーツは今回切り取った部分と似た範囲が別パーツになっているので
 そこだけは楽そうです)
あと、艦首の改造が大掛かりになりそうなので、そこも問題です。
(二隻分パーツがあったら少しは楽なのですが)

多少は参考になりましたでしょうか?

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | 模型model | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

新年の挨拶 New Year Greetings 2019

2019NewYearGreetings.jpg

新年、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

Happy new year.
Everyone must have the good thing this year.

今年もまたカレンダーを作れなくてすみません。
I'm sorry I can not make a calendar again this year.
posted by 禅芝zenseava at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

ヤマト近代化改修の果ては? How is the end of Yamato modernization renovation?

2211MOD.jpg

おそらく関係者皆が受け入れられないだろう改修案を示して
結果、退役に持ち込む腹積りの艦政本部はなかなか狡猾。

さて2202の後も新作の予定があるような噂は聞いていますが
2211年にはヤマトはどうなっているのでしょうか?

Presumably, after showing a remedial proposal that all concerned parties are unacceptable, As a result, the shipbuilding headquarters that has the spirit to lead to retirement is rather cunning.

Well, I heard rumors that there are plans for a new work even after 2202, What is going on with Yamato in 2211?

コメントありです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(5) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

人型機動兵器デザイン習作2 Humanoid Maneuver Weapon Study2

HMWStudy02.jpg

修練のため描いた人型機動兵器、その2です。
描いてる途中では百式みたいになりそうだなと思ってましたが
色を塗るにつれて、アストレイみたいだなと思うようになってきました。
アストレイ好きなので寄って行ったのかもしれないのです。
It is a humanoid maneuver weapon drawn for training, part 2.
I thought that it seemed like type 100 in the middle of drawing,
as I painted the color, it came to think that this is like Gundam Astray.
I might like to go to Astray as I like it.

中学生か高校生の頃描いた近接戦闘用モビルスーツを書き直したものです。
It is a rewrite of the proximity fighting mobile suits drawn as a junior high school student or high school student.

Study00.jpg
元絵です。It is a former picture.

結構足を長くした気がしますが、思った以上に普通に見えますね。
まだまだ修行は続きます。慣れは数ですからね。
I feel I made a long leg long, but it looks more ordinary than I thought.
The training still continues. Familiarity is to do a few things.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

アストロホーク002模型 Astrohawk 002 Model

AstroHawk002_01.jpg

思い立って、メカコレのウルトラホークシリーズから宇宙戦闘艦を作ってみました。
モチーフは宇宙戦艦ヤマトのガトランティス・ラスコー級巡洋艦です。
最初はホーク3号の主翼を左右の胴体にかぶせるつもりでしたが、ちょっと重く見えたのでプラ板で軽めの外板をつけました。
艦首用にメカコレウルトラホーク1号α号も買いましたが、使いませんでした。
左右翼端下に付けたホーク2号のサブノズルが思いの外大きくて、最後まで付けるのを迷いました。

Suddenly thoughtfully, I made a space battle ship from the Ultrahawk series of Mechacolle Bandai model kit.
The motif is the Space Battleship Yamato's Gatlantis · Lasko class cruiser.
At first I intended to cover the main wing of Hawk No. 3 on the left and right trunk, but I saw a heavy look, so I attached a light outer plate with a plastic plate.
I also bought a Mechacolle Ultra Hawk No. 1 α for the ship's neck, but I did not use it.
The subnozzle of Hawk No. 2 attached under the left and right wing tips was bigger than I thought so I got lost at the end.

AstroHawk002_02.jpg

AstroHawk002_03.jpg
材料と途中写真です。外板を付ける前も結構カッコよかったんですよね。
記載していませんが、下側の中央船体はホーク2号の飾り台-垂直用-です。
It is ingredients and a halfway photo.
It was pretty cool before attaching the skin.
Although it is not described, the lower central hull is the decorative stand of Hawk 2 - For vertical.

コメントありです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | 模型model | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

ガンダム習作 Gundam study

RX78_2018_zen.jpg

練習がてら、RX-78を描いてみました。
デザイン/配色は昔描いたものを少しアレンジしただけのものです。
昔の絵よりヒーロー体型に振っています。
イマドキ風に肩も大きくしてあります(胸が大きいままだったので上半身のボリュームが過剰です)。
やっぱり描き慣れないだけに、ヒトガタのバランスが難しいですね。
途中何度も修正しました。

I practiced, I tried drawing RX - 78.
The design / color scheme are just a little arranged what I drew in the past.
I am sending it to the hero's body rather than the old picture.
The shoulder is also enlarged in a modern way (the volume of the upper body is excessive as the breasts remained large).
Just as I'm not used to painting, it is difficult to balance "human rattles".
I fixed it over and over again.

RX78_2018_zenTri.jpg

トリコロールだとやっぱりしっくりきます。
ビームライフルは昔の絵の設定通り、初の携帯化で技術的に小さくできず、
抱えるほど大きいというものです。
以前の絵はライフル単独でしたので、比較のために持たせました。

After all it is Tricolore, I will definetly come and go.
Beam rifle, as set in the old picture, is technically small and can not be manufactured with the first portableization, it is big enough to hold.
Since the previous picture was a rifle alone, I had it for comparison.

コメントありです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(5) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

GMコマンドヘッドについて About GM Command's Head

GMCommandHead.jpg

また頭だけの絵ですみません。
モデルグラフィックス誌11月号のGM特集を見て、
前のGM特集を思い出したので描いてみました。
最新の解釈である、2017年末に発売されたバンダイ1/100
MGジムコマンドの頭も、耳部分が多少出っ張り気味で斜め前から見ると
設定画にそっくりでしたが、正面から見るとやはりひょろ長い印象でした。
あと、ついでにノーマルGMも耳を出っぱらせてみました。

I am sorry for the head-only drawing this time as well.
I read the GM feature of the November issue of Model Graphics magazine and recalled the previous GM feature, so I drew it.
The latest interpretation, the head of the Bandai 1/100 scale MG GM Command released at the end of last year,
although the ear part looked somewhat protruding and looked from diagonal, it looked like a setting picture,
as I saw from the front it was a long lasting impression.
In addition, normal GM tried to let it ears out.

コメント有りです Please comment


posted by 禅芝zenseava at 21:00| Comment(2) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

人型機動兵器デザイン習作 Humanoid Maneuver Weapon Study

HMWHeadStudy01.jpg
人型機動兵器デザイン習作
Humanoid Maneuver Weapon Study
posted by 禅芝zenseava at 12:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする