2020年03月08日

空中戦艦 タルミガン 模型 Aerial Battlship PTARMIGAN model

SAAB711Ptarmigan001.jpg

Sorry, this content is japanese only.
This article is the topic of the mecha collection size scratch model Aerial Battleship.

空中戦艦がまた増えました。
メカコレの科特隊・特殊潜航艇をベースに作った空中戦艦です。
2016年くらいからなんとなく考えていたネタですが
思い立って材料を買って作ってみました。
メカコレ主力戦艦が2隻入りだったので、パーツを流用しやすかった
というのも理由の一つです。
艦種のSAABは
Space and Atmosphere Amphibious Battleship 宇宙大気圏両用戦艦
ということにしてあります。
タルミガン PTARMIGANは雷鳥のことです。
(頭のPはペと読むことも読まないこともあるようです)

イメージ的には主砲塔が付いたマイティ号の地球防衛軍版です。
惑星軌道上と大気圏内を守備範囲にしている艦で
地球では海上に停泊します。

SAAB711Ptarmigan002.jpg

前半分は特殊潜航艇S号の司令塔の前まで、後半はレベルの
1/144ユーロファイター・タイフーンです。
双発でノズルが小さいので選びましたが、若干入手が困難です。
(ヨドバシだとタイガーミート版がなぜか千円以下で買えます)
ノズルが大きくてもいいのならF-15やフランカーなど、
入手が楽なキットでもできる思います。
タイフーンのキットはどんがらなのでプラ板で胴内に
補強用のフレームを入れて前半分とつないであります。
当初は主翼の位置や大きさをもっと変えるつもりで
紙の試作を何種類か作って当てて比べました。
主翼はもっと前の重心に近いほうに取り付いているほうが落ち着きますが、
ちょっと落ち着きすぎて重量感が出てしまいます。
巡洋戦艦っぽいのをイメージしていたので当初の通り後ろにしました。
ブリッジはもっとアンテナをつけたり松本羽を付けたりしようと
思っていましたがなかなか小さく低くできず、諦めて2520風になりました。

主翼下のドロップタンクは、タイフーンのものをそのまま使うつもりで
いましたが、微妙にボリューム過多で、材料を探したら
旧メカコレアンドロメダのものが余っていたので使いました。
艦首のミサイル発射管はガイデロールのものですが、若干表情過多でした。

SAAB711Ptarmigan004.jpg

主力戦艦のパーツは切り刻んだり削ったりした以外はほぼそのまま
使っています。
可能な限り防衛軍艦艇、あるいは主力戦艦の派生艦に見せたかったのが
その理由です。
波動砲口を斜めに削ってエアインテークにしていますが、案外似合います。

主砲塔は3つありましたが、三基目を下面に付けるか後方に付けるか
迷っているうちに砲身が折れてしまったので二基になりました。

司令塔や砲塔の位置はもう少し前でもよかったかもしれません。
主翼の位置との関係で、何度も試した結果です。
ただ、斜め前方や斜め後方から見た時は不自然な感じはあまり受けません。
実は途中まで船体はもう1cmほど長くて(完成時約127mm)、
バランスはもっと微妙でした。

後部砲塔は旧メカコレ護衛艦の主砲を付けるつもりでしたが
案外大きくて小型砲塔に変更。
下面には垂直上昇用ノズルを付ける予定もあったので、ツルんとしています。

色はメカコレ主力戦艦を同時に作って並べる予定もあったので
アンドロメダと同じグレーにするつもりでしたが、勘違いして
ガルグレーを塗ってしまいました。
が、空中戦艦的には軽快感が出てよく似合っています。
艦首の白やポイントの蛍光オレンジとも、以前Ver.Ka GMに塗ったのと
同じ色です。(主力戦艦はサーフェイサーを塗らずにガルグレーを塗った所為か
若干暗いですがこれはこれで良い感じです)

久しぶりにマイクロドライプリンタで白デカールを作りましたが
ドライバを入れていた初代iBookのHDが認識しなくて、ついに飾りに。
PowerMacG4のOSX側にドライバを入れられたのでなんとか
プリントまで行きましたが、どうも久しぶりすぎて特色ホワイトのリボンが
劣化していたのか、妙な幕が部分的ににプリントされて、
はがれやすくなってしまいました。
なんとか幕がない部分に使える予備もあったのでごまかしましたが
プリント精度も落ちているのか、艦名の文字が全く読めません。
アンドロメダのデカールとは雲泥の差がありますね。

SAAB711Ptarmigan003.jpg

メカコレアンドロメダ2202とならべると、ちょうど主力戦艦との中間で
船体がスリムなこともあって巡洋戦艦っぽいバランスです。
MJ号もこのくらいのバランスであればなと思いますが
その時は胴体の幅詰めという困難な作業が待っています。
(特にアオシマ・ビックマイティ号は胴広なんですよね)
それにしてもメカコレ主力戦艦は非常に良い出来ですね。
小さくても筋彫りがちゃんとしていて、緻密感があります。


コメント有りです please comment


posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(3) | 模型model | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

NEKO MOOK エンターテインメントアーカイブ : マイティジャック

MJnekomook2020_01.jpg

ブログ材料が仕上がって撮影をしているころ、NEKO MOOKという
書籍のシリーズから、マイティジャックのムック本が
3月3日に発売されたのを知って、思わずポチリ。

マイティジャックのメカの紹介をメインに据えた資料本です。
A4サイズ強(29.9mm*23.1mm)の大型本。
(多分ポスト投函は難しいので配達時は手渡しでしょうね)

劇中のカットは元より、製作中のプロップの写真がぎっしりです。
まだ塗装完了前のMJ号やピブリダーの写真も載っています。
MJ号の艦載機発進口が閉じている写真は初めて見た気がします。
このプロップが正解だとすると、MJ号は左右のパーツの合わせ目が
残っているのが正しい設定なんですね。(特に艦首)
搭載メカも、敵のQのメカもどっさり載っていて
あの縞々を塗装するの大変だなと心配になる程です。
118ページのQの連絡用潜水艦スティブラーって、どうみても科特隊の
特殊潜航艇S号がイメージベースで、幅方向に4倍コピーで拡大した感じです。
司令塔も幅だけ4倍です。横からの写真だとS号そっくりですよ。

巻末に浅井和康さんのソノシートの記事があるのですが
そこの載っていたQの空中戦艦サラマンダーは初見で
あまりの格好良さにびっくりです。
MJ号との対決は映像化はされて無いですよね...

付録として、プロップ貼付用に製作されたMJマークのシートを再現した
ポスターが付いています。ポスターはA2ですが実物はB2程度らしく
大きさを合わせれば(122.5%)プロップのマークの大きさを特定できるかもしれません。

MJnekomook2020_03.jpg

ともかく、マイティジャックファンなら持っていて損は無いと思います。

------------------------------------------------------------------------

加えて、このムック本の裏表紙がウェーブの一面広告になっていて
タスクフォースの1/48ピブリダーを6月に再販するという広告!
それも2機分セットで4800円(税抜き)です。
もともと主翼が単翼翼端ロケット?付きとガルウイングの
2種類入っていましたから、作り変えても良し同じのを揃えても良しです。
おそらく同梱デカールは変えているんじゃないかと思います。
(ムックによると標準は単翼で、ガルウィングは回転ノコギリ仕様の翼だったようですが記憶がありません. あとハイドロジェットも標準では吸盤無しの潜望鏡だったんですね)

MJnekomook2020_02.jpg

ウェーブ公式サイト ピブリダー[2機セット]ページ
https://www.hobby-wave.com/products/ut041/

ウェーブ直販店ビージェイの購入ページ(楽天サイト内)
https://item.rakuten.co.jp/be-j/0038361/

アマゾンの購入ページ
https://amzn.to/2VMw2nM

ホビーサーチの購入ページ
https://www.1999.co.jp/10682263

このキットは私も2箱持っているタスクフォースのものと同じもので
一昨年の今頃、代表の千草巽さんが亡くなってどうなるのかと思っていましたが
もしかするとホーク1号やビートル、ジュニアなどとともに
金型がウェーブに移譲されたのかもしれません。今後の情報に注目です。
(UT-041という製品番号、これはガレージキット時代から続くウェーブのウルトラ-円谷-メカor怪獣キットの番号です。042、043と続くといいですね)

このムック本とピブリダーのキットをセットで売っても売れそうです。
マガジンキット方式だとキットは出荷量が計算できるので楽なようです。

ちなみにタスクフォースのピブリダーについての記事です
模型雑感 For recent model kit 2011年2月6日
(大震災のひと月ほど前ですね)


posted by 禅芝zenseava at 17:30| BD・DVD・本 | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

異世界アニメと時代劇 Another world animation and Edo era drama "Jidaigeki"

Sorry, this content is japanese only.
This article is a topic of recent Another world animation and Edo era drama.

Exworld_Jidaigeki.jpg

最近時間があるときに、ちょくちょく観ていなかった
異世界転生アニメを見ています。
最近あまりにも多いなぁと若干避けていたところもあって
全部見るのは不可能ですが、有名どころは一応観たほうがいいのかなと
思ってみてます。

観た大雑把な感想ですが、これらの異世界モノって
案外楽に見られるんですよね。
概ね世界設定が同じだし、敵も同じような設定だし、時々出てくる
ステータス表示機能にも慣れました。
(私、ゲームはほぼしないのでRPGやMMORPGなどのファンタジー系ゲームの
 世界観やゲーム操作・用語などにはとても疎いのですが、概ね慣れました)
なんでこの手のモノを皆さん受け入れるのか。
これって時代劇と同じ感じがします。
多くの時代劇は江戸時代が中心で、その政治背景・役職、社会情勢、
犯罪傾向などみんな同じで、そこんとこ見る前に考えなくていいんですよね。
これは見るほうばかりでなく、作るほうも同じ。
京都・太秦や茨城に時代劇用の大規模な”江戸”のセットがありますが
あれ使ってロケしておけば時代劇になるんですよね。
犯罪モノにしても、人情モノにしても。
続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 12:00| BD・DVD・本 | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

新年の挨拶 New Year Greetings 2020

2020NewYearGreetings.jpg

新年、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

Happy new year.
Everyone must have the good thing this year.
posted by 禅芝zenseava at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

山南スペシャルspec13 Yamanami Special spec13

ZZZ0001spec13.jpg

少し空き時間があったので、なんとなく戦艦を描き始めたら
異様なものになってしまいました。
A4用紙でイタズラ描きしてたのがいつの間にかA3を超えましたから。
久しぶりの戦艦でしたので腕が暴走した感じですね。
There was a little free time, so when I started drawing a battleship somehow, it became strange.
I was writing a prank on A4 paper in, the end it exceeded A3.
It ’s been a long time since the battleship, so it ’s like my arms are out of control.

コメントありです please comment


アンドロメダ級DXに山南スペシャルを再現するパーツやデカールが入っています(年明けにやっと再販しますね)。
メカコレドレッドノート級には1/1000アンドロメダと1/1000ドレッドノート級との接続パーツが入っています。
ただ、模型で扱いやすいメカコレアンドロメダとメカコレドレッドノートではスケールが合いませんので劇中の姿は再現できません。
大きさの比率はメカコレの方が好きなんですけどね。
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(5) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

横浜北西線の話題など Topics on the Metropolitan Highway Yokohama Northwest Line

Sorry, this content is japanese only.
This article is a topic of recent Yokohama city load.

K7plate.png

先日、建設中の「横浜北西線」の開通時期が、2020年3月と発表されました。
名称も「高速神奈川7号横浜北西線」(K7)になります。
これで横浜北線・大黒線を通じて首都高湾岸線・神奈川1号線・第三京浜・東名高速道路が直結されます。
横浜・湾岸地域から東名に出るのが格段に楽になります。
あの常時渋滞している国道16号を通らなくて済むわけですから。

首都高 ほくせいせん・きたせん
https://www.shutoko.jp/ss/yoko-kan/

トラベルwatch「高速神奈川7号横浜北西線(K7)、2020年3月開通」
https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1209517.html
続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 12:00| 道路/計画道路・新道・旧道・街道 | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

最近の船首3 ダブルステップバウ Ship Bow recently 3 Double Step Bow

ShipBowRecentlyIIIe.jpg

久しぶりに船首の話です。
2019年6月にイタリアの哨戒艦Paolo Thaon di Revel級のネームシップ
P430の進水する様子が紹介され、その艦首に驚いた方も多かったでしょう、
私もその一人。
PPA型-Pattugliatori Polivalenti d'Altura-多目的外洋哨戒艇の名で
紹介されている、いわゆるOPV(オフショアパトロールバッセル)ですね。

It is a story of the bow after a long time.
The appearance of the launch of the Italian patrol ship Paolo Thaon di Revel-class nameship P430 in June 2019 was introduced, and many would have been surprised by its bow.
I am one of them.
The so-called OPV (Offshore Patrol Vassell), introduced under the name of PPA type “Pattugliatori Polivalenti d'Altura”.
続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

最近の積みプラ Recent loading plastic model kits

201905modelkits.jpg
月末の再販を待つつもりが、尼で在庫が復活してたのをたまたまみつけて
ポチってしまった1/8メビウスEVApod。
運送屋さん、連休中なのにごめんなさい。
大きくて(バイクのヘルメット大)塗装も大変だしすぐに作るわけでのないのに
しょうがありませんね。
I intend to wait for resale at the end of May, but I accidentally bought and bought that the stock was restored in Amazon, 1:8 scale Mobius 2001 EVApod model kit.

中に誰か座らせたいけど、1/8・10inchフィギュアってなかなか手頃なのが無く
とりあえずは手持ちのタイバニを使うけど、MGフィギュアライズや
メビウスのプラモ、・PLAY ARTS改などを物色しております。
(ちなみにMAFEXのSPACE SUITは約1/12と小さくて大きさが合いません)
エクスプラスが代理店をしているスターエーストイズに
1/8のリアルマスターシリーズっていうアクションフィギュアがあるんですが
DCコミックのフラッシュやグリーンアロー、ハリーポッターなどがあって
加えて、同社から今年の9月にデフォリアルシリーズで
ディスカバリー アストロノーツを発売する予定で
そうすると1/8でもボーマンが出たりする可能性も無きにしも非ずで
ちょっと期待はしています。
I would like to have someone sit in, but I can not find that 1:8 scale or 10 inch figures are quite affordable.
I expect to be released from 1:8 scale Real Master series of Star Ace Toys.

上に乗っているSWS 1/48 Ta152H-1はずっと目をつけていたのですが
アマゾンの在庫がなくなって価格が高騰していました。
不意にボークスのショップに行けばあるんじゃないかと思い立って
横浜のビブレにある直営店に行ったら普通に定価で買えました。
探したらボークスのWebショップにも在庫あったんですね。
1/32のシリーズは人気と希少で買えないもの多いのですが
1/48は別なんですね。
I was trying to buy Volks SWS 1:48 scale Ta152H-1 riding on the top. As there was no stock in Amazon, I did not buy it. When I went to a Volks shop, I bought it because it was in stock.
The Volks Web shop also had stock.

https://ec.volks.co.jp/category/0205/4518992224817.html

メカコレ、主力戦艦2202は、どういじるか模索中。
2隻あるので、片方は空母かなぁ?
Mecha Collection's main battleship 2202 is exploring how to make it.
There are two ships, so one is an aircraft carrier?

コメント有りです please comment



posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | 模型model | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

人型機動兵器デザイン習作3 Humanoid Maneuver Weapon Study3

HMWStudy03.jpg

練習のため描いた人型機動兵器、その3です。
当初かっこいいGMっぽいものを描こうとしていたのですが
うまく描けず、自衛隊警備用にしてみました。
というか、この配色を試したかったというのが正直な理由です。
この色は航空自衛隊車両色なのですが、結構難しい色で、
普通の自衛隊車両の基本色である
オリーブドラブやオリーブグリーンとも違った色なのです。
フォトショップ上で調整して近い色を作ってみましたが、
ほとんどグレーグリーンという色味でした。試して良かったです。
(絵に塗った色はだいぶ明るく調整しています)

It is a humanoid maneuver weapon drawn for training, part 3.
Originally I was trying to draw something cool like GM,
but I could not draw it well, I tried to use the SDF for security.
I mean, it is honest reason that I wanted to try this color scheme.
This color is a vehicle color of the Air Self Defense Force,
but it is quite difficult color, it is a color different from olive drag
and olive green which are the basic colors of ordinary SDF vehicles.
I adjusted near the photoshop and tried to make a near color,
but it was almost color like gray green. It was good to try.
(The color painted on the picture is very brightly adjusted)

背景設定の話は長いので次のページに(日本語のみ)
Since the story of background setting is long, it is on the next page.
(Japanese only)

コメント有りです please comment

続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

V-22とF-35Bの優位性とSTOVL空母の可能性

STOVLcarrier2030.jpg

日本でもいずも型護衛艦にF-35Bを運用する能力を付与することになり
欧州、豪州でもF-35Bを搭載可能な揚陸艦が増えています。
世界の艦船2018年7月号でも特集された、STOVL空母ですが
通常固定ジェット戦闘機・攻撃機に匹敵する能力を持つF-35Bの登場によって
その立ち位置がずいぶん変わってきています。
続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする