2016年12月04日

ミリタリー小話2016 その3 主要戦闘艦比較 Military anecdote 2016 part3 Major naval main combat vessels comparison

NavalVassels2016.jpg

世界の艦艇3月号を読んでいて、思いついて比較表を作ってみました。
空母や揚陸艦を除いた砲塔を持った戦闘艦を、単純に満載排水量で
比較してあります。
米国ロシアを除いて、概ね7000トン級の駆逐艦と、5000・4000トンクラスの
フリゲイトを組み合わせて運用しているのがなんとなくわかります。
米国ロシの2万トンとか1万5千トンとかの艦は、もう巡洋艦・駆逐艦ではなく
戦艦と呼びたいくらいですね。

あたご型・こんごう型も巡洋艦と呼ばなければいけないくらい大きいですね。
そもそも、海上自衛隊のあきづき型とイギリス海軍のデアリング級が
ほぼ同じというのにおどろいて作り始めた図です。
あたご型と同じくらいと思っていましたから。

海上自衛隊のあたご型・こんごう型、米海軍のアーレイ・バーク級は
イージスシステムのSPY-1Dレーダーを搭載する条件で船体設計が
決められており、従来の駆逐艦とは設計条件が違うと思ったほうが
良いでしょう。
加えてあたご型・こんごう型には司令部機能も追加されているので余分に
大きくなっています。
(今後司令部機能はヘリ護衛艦が担うことが予想されるので、27DDG・28DDG
 の後のミサイル護衛艦はもっと小さい艦になるかもしれません)

この図を見て気になったのは、米海軍のアーレイ・バーク級とLCSの間が
ぽっかり空いていることです。
LSCは今後フリゲイトと呼称するといわれていますが、いかんせん
3000トンでは小さすぎます。
沿岸警備隊のレジェンド級カッターを拡張してVLSとハープーンを搭載した
5000トンクラスのフリゲイトを作ったほうが無難な気がしますが、
どうでしょうか。

この図では3000トン以下のコルベット、ミサイル艇などは除いてあります。
小さな船はどの海軍でももっと使われているはずです。
造船技術を持たない国の多くはコルベットクラスの艦を購入して主力艦として
運用しています。
そのうちのかなりの割合がドイツのMEKO360・200シリーズをベースにした
3500トンクラスのコルベットです。大ヒット商品のようです。
ロシアのアドミラル・ゴルシコフ級やアドミラル・グリゴロビッチ級も
おそらく輸出を意識した艦だろうと思います。
posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

ウルトラマン最終話迎撃機 ULTRAMAN last episode interceptor

F103FJ_Senko.jpg

F103FJexplanation.jpg

ウルトラマン最終話、円盤を迎撃する場面で登場した
謎の自衛隊迎撃機を私風に描いてみました。
In ULTRAMAN last episode, JASDF interceptor of the mystery that appeared at the scene to intercept UFO,
I tried to draw my style.
(2016.11.20現在関東地方ではTVKでウルトラマンが放送されていますが
 最終回は年末あるいは年明けに放送される見込みです。)

画面上ではシルエットしかわかりません。
形状も細部も不明です。
ファンの間でもその正体はわからないようで,
イラストレーター・メカアナリストの青井邦夫さんも
よく分から無いとツイートしています。
It isn’t understand only silhouette on the screen.
Shape purse is also unknown.
Like its identity is not known even among fans,
Kunio Aoi illustrator/mechanical analysts also tweet and do not know well.

今回描くにあたって武装はちょっと多めに、色はSu-24風にしました。
In draw this time, armed to a little generous, color was like Su-24.

以下は脳内設定です。
The following is a setting in the brain.

- F-103FJ 閃光 Senko -

リパブリックが開発し途中で中止となったXF-103を
地球防衛軍極東支部技術研究所が引き取り、対宇宙侵略機用迎撃機として
設計し直した機体。
NASAからX-3スティレットの設計情報の提供を受け
融合させた機体になっているため、F104と類似した戦闘機とも言え
原型のXF-103とはかなり異なった外観になっている。
J57ターボジェットをベースにアフターバーナー部を分離し
ラムジェット化した複合エンジンJ62-R-60を双発で搭載.
空力改善のためX3やXF-103同様コクピット/キャノピーは
胴体内に配置されている。
翼下にブースター接続部・武装ポッドを兼ねた主脚収容庫を設けた。
航空自衛隊に配備されF-103FJ 閃光と命名された。
This aircraft is re the public of the XF-103 take-off is Earth Defense Force,-Far Eastern Branch Institute of Technology,
was re-designed as a counter-space invasion machine interceptor.
Since that is a airframe that combines receives the provision of design information X-3 stiletto from NASA, have become fighter similar to F 104.
It has become very different appearance from the XF-103 prototype.
J62-R-60"- Based on the J57 turbojet, composite engine was ramjet of separation of the afterburner section.
Equipped it with a twin-engine.
Cockpit / canopy for aerodynamic improvement was placed in the fuselage, same as X3 and XF-103.
The pod which also serves as a booster connection port, armed cabinet, and the main landing gear houseing provided in under the wing.
Are deployed in the Air Self-Defense Force was named F-103FJ Senko.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(4) | その他のメカ Other Mechanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

2輪の話 About the two-wheeled vehicle

Sorry, this content is japanese only.
This article is a column about the two-wheeled vehicle.

bike1.png

125ccバイク免許報道について

125cc、原付二種までの二輪車を普通自動車免許の付帯免許とするように
法改正が提案されているとニュース報道されています。
加えて、先のホンダとヤマハとの原付バイク共同生産との報道です。

近年日本の二輪車産業はかなりピンチな状況で
中でも国内向けに特化している50cc原付一種は大変な重荷に
なっているそうです。

世界では125ccバイクがベーシックバイクとして標準となっているそうです。
これを国内でも最低ライン車両として位置付ければ
国内向け、輸出向けと共通設計で生産することで
台数の増加やコストダウンを見込むことが可能です。
すでにアジアにある2輪メーカーの工場では盛んに作っています。
このあたりが今回の免許改正の目的なのではないかと思います。

加えて国内の道路交通の安全対応も行えます。
125ccだと普通に車の流れに乗れます。
車種としての速度制限がなく、道路の速度制限に順次ればいいのです。
ちょっと乱暴な話ですが。
付帯免許とする条件として制限するとすれば、普通に60kmとしておけば
問題はないでしょう。
付帯は条件付き・申し出制として、丸1日の講習を必須とするという
ことでどうでしょうか。
あるいは自動車教習の教習日程に最初から丸一日入れてしまうのも
良いかもしれません。
そうそう、任意保険にも特約があるので原付二種まで条件にいれたものを
作れますね。

これで需要が広がる可能性があるのは、ミニカーの上位車種への移動です。
いわゆる昨今超小型モビリティーといわれているものです。
これを小型車ではなく原付二種として認定してしまう方法です。
125ccのエンジンまたは同等性能の電動車で4輪一人またはタンデム二人乗り、
現在超小型モビリティーの大きさは軽自動車と同じ大きさまでとされていますが
ここはミニカーと同じに止めてしまいます。
低価格のシティコニューターとして使い勝手はいいと思います。
ヘルメットが嫌でバイクに乗らないひとは少なくないでしょうし。
一人乗りにして後ろはカーゴスペースにしてもいいし、
ホームセンターに買い物に行くには丁度いいでしょう。
当然安全基準は高くします、オプションでエアバッグをつけてもいいでしょう。
普通免許を返上したあとの交通手段としての役割もはたせるかもしれません。
軽トラックに変わる田舎の標準車になれば、軽自動車という規格もいらなくなるかもしれません。
そうすると貿易障壁も無くなりますからいいことずくめです。
自動車専用道路と高速自動車国道を走行することはできませんが、
車庫証明が不要です。
まぁ車検はあった方がいいんですが、定期点検必須くらいかな。
この車種の電動車のみ進入可能な特別区とか設定してもいいですよね。
カーシェアリング用の車両としても使い勝手がいいでしょうね。
もしかしたらこの原付二種のみの免許で一生過ごすひとも出てくるかもしれません。

小型輸送業界にも影響があるでしょう。
蕎麦屋は別として、郵便や宅配便の街中の運送は
超小型モビリティーで事足ります。
小さいので道路への停車もさほど問題視されない、
運転手一人で済むかもしれない、という利点も出てきます。

(今回の報道をうけて、どうも政治力の強いトヨタの影が見え隠れ
するなぁと思いましたが、すぐ後にトヨタとスズキの提携のニュースを
聞いて、ますますその思いを強くしました。
レースもやる今の社長に変わってから、日本の自動車産業・自動車文化のために
いろいろ働いてくれているような気がします。
ただ、軽自動車が疎ましいと思っているトヨタの思惑に沿って
動いてるとは思いますが)

bike2.png

モノホイーラー

1輪の大きなホイールの中に人が入って運転する
モノホイールバイク(1輪なので”バイク”と呼ぶのはおかしいですが)を
映画とかで見かけますが、あれって実現できたら
案外実用的なんじゃないかと思います。
当然映画の中のようにタイヤむき出しノコギリ付きっていうわけには
いきませんが、全体をカバーで覆えばそこに天井ができるわけですから、
屋根が付くということになるんですよね、雨の日でも使えます。
くわえて、シートとシートベルトを義務化すると
人がホイールに守られるので、事故などのときに放り出されることもなく
安全な車両になると思うのです。
左右に壁を作って閉鎖式のコクピットにするか、
安全バーなどだけの解放式にするかは
決め無いで両方作ったら選択肢が広がります。
同じ車種で大きい人向けと、小柄な人向けを作る必要があるかもしれません。

一輪のままだと前方視界がほぼ無いので、左右2輪にして
真ん中を空けたほうがいいとは思います。
そうなると、たぶんセグウェイの両車輪を大きくして
真ん中に寄せて、その中に運転席がある感じになるでしょうか。
これは左右で二輪なのでバイクと呼んでもいいかもしれません。
左右の車輪で段差をつけられるようにして
旋回時に無理なく車体を傾斜させる必要があるので
若干技術的なハードルは高いかもしれません。

大きな利点としては、タイヤの半径が大きいので、
多少の段差は簡単に乗り越えられえます。
場合によっては50cmの段差も超える車両ができるかもしれません。
なにせタイヤ半径までの段差は乗り越えられる物理法則がありますから。
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | その他のメカ Other Mechanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

アイリッシュ級戦艦近代化改修 Modernization renovated of IRISH-class BB

IRISHclass_SLEP0102.jpg

アイリッシュ級戦艦はZガンダムの時代に登場し、
建造から40年近いF91の時代まで使われていたようです。
UCのネェル・アーガマのようにクラップ級に準じた機関に置換した、
近代化改修型ってのは無いんでしょうか?
というか、それこそ長きにわたって使われた理由なのではと思ったりします。
たった5年ほどしか登場した年数が違わないんです。

ちなみに年代ごとに並べるとこんな感じ、
宇宙世紀0087 アイリッシュ、ラディッシュなど建造
宇宙世紀0088 (ネェル・アーガマ建造)
宇宙世紀0093 (ラーカイラム級・クラップ級建造)
宇宙世紀0095 フェネクスの母艦 艦名不詳
宇宙世紀0096  オアシス - ラプラス戦争
宇宙世紀0120  アーレイバーグ、セント・アイヴス、ミッテラン - F90
宇宙世紀0123  F91
ラーカイラム級・クラップ級は宇宙世紀150年代まで

Irish-class battleships appeared in the era of Z Gundam,Built from it seems to have been used up to 40 years close to era of Gundam F91.
It was replaced by institutions that according to Clapp class as Nahel-Agama of UC, how it is not for me modernization renovation type?
I mean, it what is the reason that has been used for a long time and I think.
It does not differ is the number of years that only appeared only about five years.

By the way, like this and arranged for each age,
U.C.0087 Irish, radish, such as construction
U.C.0088 (Nahel-Agama construction)
U.C.0093 (Ra-Cailum class, Clap class construction)
U.C.0095 mother ship of PHENEX / ship name unknown
U.C.0096 Oasis / Laplace war
U.C.0120 Arleigh Burke, St Ives, Mitterrand / F90
U.C.0123 F91
Ra-Cailum class, Clap class up to U.C. 150's

ヤマトもいろいろ言われていますが
ガンダムも1年ごとに新思想の戦艦や巡洋艦が敵味方両方で建造されて
結構ハチャメチャだったりしますね。
ユニコーンで昔のMSや艦艇が登場するのが癒しになります。
But also it is said various Yamato,Gundam also battleships and cruisers of new ideas is being built by both friend and foe to per year,It will or was pretty messed.
It will be to heal the old days of MS and vessels is appeared in the Unicorn.

ちなみにSLEPは”Service Life Extention Program”の略です。
艦齢延命プログラムという意味ですね。
By the way, SLEP stands for "Service Life Extention Program".

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(6) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

Black Sun ノベルの紹介 Introduction of novel Black Sun

※記事アップデート Article Updated
BlacksunQOScoverF.jpg

Daniel Crux氏の著作”Black Sun”の続編が
アマゾンにアップロードされましたので紹介します。
4月に紹介したものを三分割にした第二弾「Quest of the Siren 」です。
Kindle版です。

Sequel of Daniel Crux's book "Black Sun" is introduced that it has been uploaded to the Amazon.
Second edition"Quest of the Siren", which was in a three-split those presented in April.
It is a Kindle edition.


はるか遠い未来、銀河を巨大な星間帝国が支配している世界。
拡張しすぎた地球帝国内では統制が行き届かず海賊行為が横行していました。
偉大な海賊を母に持つフリント兄弟・ジョナサンとアレキサンダーは、
幾多の困難に立ち向かい、
いろいろな勢力のバックアップを受けながら、偉大な海賊となることを
目指します。
地球帝国の戦艦を奪取した兄弟は、自らを海賊ブラックサンと称して
地球帝国に立ち向かっていきます。

Far distant future, galaxy is dominated by huge interstellar empire the world.
Piracy not prudent is control within the Terran Empire that was too much expansion was rampant.
Flint brothers - Jonathan and Alexander with a great pirate in mother, confront difficulties of many, while receiving a backup of the various forces, It aims to be a great pirate.
Brothers takes the Terran Empire of the battleship, we will confront the Terran Empire referred to themselves as pirate “Black Sun”.

日本語訳は少々時間が掛かっています。
いずれ出版されます。
Japanese translation has taken a little time.
It will be any publication.

※ちなみに私の描いた絵や挿絵は載っていませんのであしからず。
※ By the way Sorry because pictures and illustrations are not listed that I drew.
posted by 禅芝zenseava at 11:02| BD・DVD・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

ガルマン・ガミラス戦車 Gullman Gamillas Tank

GullmanGamillasTank.jpg

先日投稿したガルマン・ガミラス戦闘揚陸艦の絵で、
レイアウトの都合上仕方なしに外した連装砲戦車です。
A picture of Gullman Gamillas combat assault ship I posted the other day,
This twin cannon tanks were removed without the convenience on the way of the layout.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

EFB-4070 航宙戦艦ローマ Space Battleship ROMA

EFB-4070ROMA.jpg
WW2時の戦艦ローマをリスペクトした航宙戦艦です。
概ね砲塔の数は合わせましたが、副砲だけ難しかったため
展開式のウイングの先端に配置しました。
Space battleship that respect the battleship Rome of WW2.
But generally the number of turret was in accordance with
the original ship,
because it was difficult only Vice cannon,
It was placed at the tip of the wing of the expansion equation.

2343年就役。
コンカラー級重航宙戦艦の改良艦として
西暦2337年から建造が開始されたザクセン級の6番艦。
ドイツ連邦軌道工廠で建造された。
ザクセン級は、従来艦首にあった波動砲を若干小型化したうえで
前級コンカラー級で補助艦艇を格納していた船体両弦に装備。
可動式にして上下の目標にも対応できるようにした。
波動砲尾部には反動吸収スラスターを装備して、
重力アンカーに依らない反動吸収を行った。
Commissioned in 2343.
Sixth ship of Saxony class heavy space battleship
that building from 2337 has been started as
an improvement ship of the Conqueror class.
Built in the German Federal orbit arsenal.
Saxony class, downsized Wave-motion Gun, there was the bow in conventional ship,
equipped hull both broadside that had been stored in the auxiliary vessels in the Conqueror class.
It was to be able to correspond to a target of up and down movably.
The wave motion gun tail equipped with a recoil absorption thrusters,
was recoil absorption that does not depend on the gravity anchor.

コメント有りです please comment


posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(4) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

宇宙戦艦ヤマト2202-愛の戦士たち-の製作発表会 Production recital of Space Battleship Yamato 2202

2202.jpg

本日宇宙戦艦ヤマト2202-愛の戦士たち-の製作発表会が行われ、
特報やスケジュール、新しいビジュアルが公表されました。
2202公式サイトもリニューアルされました。
全7章で構成され劇場で先行上映されます。
第一章は2017年2月25日に公開される予定です。
次章以降やBlue-ray商品化についてはほぼ2199と同様の展開になりそうです。
バンダイよりプラスチックモデル1/1000アンドロメダ2202が発売されます。

公式サイト : Official site
http://yamato2202.net/
特報 : Teaser
http://yamato2202.net/movie/
https://www.youtube.com/watch?v=iwLfcUEnQKs

Production recital of Space Battleship Yamato 2202 is carried out today,
Teaser, schedule, and the new visual was issued.
2202 official website has also been renewed.
Is composed of all Chapter 7 will be preceded screenings in theaters.
The first chapter is scheduled to be published on February 25, 2017.
It is going to be a similar deployment and nearly 2199
for the following chapters and Blue-ray commercialization.
Plastic model kit 1/1000 scale Andromeda 2202 will be released from Bandai.
posted by 禅芝zenseava at 21:36| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

ミリタリー小話2016 その2 ズムウォルトの帽子 Military anecdote 2016 part2 Hat of Zumwalt

DDG1000housing.jpg

今年5月20日、造船所の公試を終え米海軍に引き渡された、
DDG-1000ズムウォルト級駆逐艦は、レーダーや光学・電子装置、
エントツなど、多くの装備がIDHA-統合複合材料デッキハウス・開口とよばれる
ハウジングに収められています。
当初の予想図では、唯一そのハウジングの前上部に、三角帽子をかぶったように
取り付けられた通信・電子戦用の回転式小型アンテナの三角型レドームがありました。
ですが実際公試中の姿をみると頭に三角形がありません。
一般的な横棒型のレーダーがむき出しでついています。
ヘリ格納庫の上、57mmCIGSが描かれていた場所にも水上レーダーの
ようなものがあります。
専門用語を含む英語によるサーチ技術が不十分なので、その理由を述べた文書に
まだ出会っていません。
また、この三角レドーム自体はLCS-2のマスト直下に付いているものと
似ていますが同じものでしょうか?
(57mmCIGSの設置場所には30mmMk46機関砲システムが
設置される予定だそうです)
※絵を描き終えてしばらくして、なかなか見ることのできなかった
 後方からの写真を見てこの件を更新。
 艦橋トップ・格納庫上のアンテナはどうも同じもので
 2種類の水上アンテナっぽいです。
 艦橋左と格納庫右が同じもので、小型で白いレーダーアンテナです。
 艦橋右と格納庫左が大型で、前面が濃紺のレーダーアンテナです。


スウェーデン海軍のヴィスビュー級コルベットにも同様の三角型レドームが
ありますが、2006年の公試の動画では付いていませんね。
のちにつけたということでしょうか。
(K31という艦番がまだ船体に描かれていない動画や写真参照)
DDG-1000も同様に配備時に取り付けられる可能性はありますね。

いろいろ検索していたら、DDG-1000クラスのコスト・重量削減のために
ハウジングの外側にアンテナを付けるというニュースがありました。
http://news.usni.org/2016/03/03/new-external-ddg-1000-mast-reduces-ships-stealth-from-original-design
実際この絵のように改修されるのかどうかはわかりません。

DDG-1000ズムウォルトは、通常より長い軍の公試期間を終え
来月10月15日に就役します。
慣熟訓練を終えたあと、将来的に佐世保に配備される予定です。
posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

ガトランティス旧世代空母 Gatlantis older generation carrier

GES_Wasspalcaya.jpg

ネット某所で見かけた、双胴大戦艦という言葉に反応して
双胴はカタマラン→ならいっそトリマランのほうが強そう、
→トリマランなら滑走路つけられる、から生まれた空母です。
2202では絶対に登場しないであろう船なので、安心して描きました。
I saw on the net somewhere, by association from
the keyword “twin-hall Gatlantis large battleship”,
Catamaran is catamaran,
→Nara Better yet strength prefer the trimaran likely,
→It is with the trimaran if runway,
Is the aircraft carrier, which was born from that story.
Because the ship that would not appear absolutely in 2202,
I drew in peace.

旧世代なので、プラランカに準じた砲身のある砲塔です。
少し超巨大戦艦のエッセンスを入れています。
実物あるいは設計図が残存していて、そのレイアウトが
バルゼー提督空母に繋がったっぽいシナリオです。
船体や甲板の回転はしません。
外側の滑走路が主に着艦用、中甲板のカタパルトから発進します。
Since the older generation, equipped with a turret with a gun barrel in accordance to Plalanca.
Put the essence of a little Giant Battleship.
Prototype ship or blueprint is remained, it is the scenario that this layout has led to Barzee giant carrier.
No rotation of the hull and the deck.
Mainly, outside deck For landing, take off from a catapult of the medium deck.

コメント有りです please comment


posted by 禅芝zenseava at 18:00| Comment(4) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする