2021年09月05日

日本航宙防衛軍 宇宙揚陸艦 Japan Cosmic Defense Force Space Landing Ship

JCDF_CosmicLandingShip.jpg

MS揚陸艦のデザインを考えていて、その中の一案が
自衛隊用だったらどうなるかとアレンジしているうちに
自衛隊だったら、もっと真面目で無骨なデザインになるだろうと
四角い宇宙揚陸艦ができました。
I was thinking about designing an MS landing ship.
I was arranging what would happen if one of them was for the Japan Self-Defense Forces.
I thought that the Self-Defense Forces would have a more serious and rugged design, so I made a square space landing ship.

■宇宙揚陸艦 あつみ Space Landing ship ATSUMI MLCD-3360
双胴の大型揚陸艦で、戦闘機・攻撃機など60機を運用できます。
艦首・艦尾にカタパルトを計4基装備。
側面に大型リニアカノン、艦底に大型ドロップシップを接続しています。
It is a large twin-boom landing ship that can operate 60 fighter and attacker.
Equipped with a total of 4 catapults on the bow and stern.
She has a large linear cannon on the side and a large dropship on the bottom of the ship.

■初期型多脚戦闘宙機 36式多脚戦闘宙機 LC-36玄武
■Early multi-limded combat spacecraf Ttype36 multi-limded combat space craft LC-36 Genbu
機体側面4箇所に関節付きウェポンラックがあり、上側に大型ビーム砲、下側に多用途アームを装備
後部に燃料タンク/ブースターを接続して長距離戦闘も可能
There are four jointed weapon racks on the side of the fuselage, equipped with a large beam cannon on the upper side and a versatile arm on the lower side.
A fuel tank / booster can be connected to the rear for long-range combat.

■宇宙戦闘機 CF-106雲雀 Space Fighter CF-106 HIBARI
大気圏突入能力を持つ戦闘攻撃機
Fighter-Attacker with atmospheric entry capability

■発展型宇宙戦闘機 CF-115旭光III Advanced Space Fighter CF-115 KYOKKOU III
低重力下環境に特化した宇宙戦闘機
機首下の大型ウェポンラックにリニアカノン、大型ミサイルなどを搭載可能
Space fighter specializing in low gravity environment
A linear cannon, a large missile, etc. can be mounted on a large weapon rack under the nose.

上記を踏まえて、人型の宇宙用機動戦闘機を考えるわけですが
どうなるか、まだ全くアイデアは浮かんでいません。
どうも30年くらい前のスタジオぬえの絵のような感じです。
日の丸を入れただけで途端に東宝特撮っぽくなりますね。
Based on the above, I think of a humanoid space craft, but I have no idea what will happen.
It feels like a picture of Studio Nue about 30 years ago.
Just by adding the Hinomaru, it will look like Toho special effects mecha.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 00:00| Comment(0) | その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2021年08月15日

ミリタリー小噺2021夏

B-2NaviLight.jpg
■B-2
Youtubeの動画やいろいろな写真を見ていて気がつきましたが
アメリカ空軍のB-2全翼爆撃機、ステルス機能を十分に考慮したデザインで有名ですが
その翼端にある航行灯(兼、尾灯)ですが、どの写真を見ても上下表面から円柱が飛び出しています。
あからさまなその様子から、作戦中は機体の中に引っ込んで表示しない方式なのではと気がつきました。
円筒の上に蓋もついてるみたいですし。お高い飛行機ですからそのくらいは当然でしょう。
加えて、F-22やF-35についているレーダーリフレクターの役目もしているのかもしれません。
あんなものが上面下面にどかっと飛び出ていたら、正確なレーダー面積は測れません。
今開発中の、次期爆撃機B-21も同じ仕組みになるのでしょうか?

B-52Rudder.jpg
■B-52
就役してからもう60年以上経つのに未だに現役の頑張り屋ですが
垂直尾翼の後端についている方向舵(機体の左右の向きを変えるための可動翼)が
ありえないくらい小さいのです。垂直尾翼の前後幅の5%くらいしかありません。
通常の旅客機でも40%くらいはあります。
なぜかと調べてみましたが、みんな英語の答えなので正確には判然としないのですが
機体が巨大すぎて舵がうまく効かないためのようです。
そもそもは垂直尾翼ごと動かす全動翼式(多くの航空機の水平尾翼で採用されています)のはずだったのが
機構がうまく収まらず従来の方法を取ったそうです。
大きさを小さくした正確な理由は判然としませんが、主翼端のエルロンについて
補助翼の操作によって主翼がねじれてしまう現象-エルロン・リバーサルが発生したため
途中の型からエルロンを廃止したそうです。
垂直尾翼についた方向舵でも同様なことが起こったのかもしれません。
機体の方向自体は他の方法で制御できますから、こんな小さな方向舵になったのかもしれません。

DogTooth.jpg
■ドッグトゥース
マッハを出しそうなジェット戦闘機・攻撃機の主翼前縁に
段差がついているものがよくあります。
翼の上に平らな板をつけた境界層分離板(ダイバータ)と同様に
後退翼の翼の内側と外側との間に流れる気流による
翼端失速という現象を抑えるためのもので
段差から渦を発生させてダイバータと同様
気流の流れを邪魔するものです。
なんとなく海軍機に多いなぁという印象を持っていました。
ちょうど主翼を折りたたむ部分を境に外側が大きくなっている
場合が多いからでしょうか。
実はこの段差にはもう一つ重要な役割があって
空母に着艦するときワイヤーを掴み損ねたとき、
あるいは機体が損傷して通常の着艦が行えないような場合、最終手段として
非常防護網(エマージェンシー・バリケード・ネット)で機体を受け止めて停止させるわけですが
ジェット機になってプロペラ が無くなったために網をすり抜けやすくなったのだそうです。
そこでたまたま別の目的でできたドッグトゥースが
このネットに引っかかって、機体を止めるのを助けてくれたのだそうです。
ちょうどアングルドデッキが発明されて、着艦のやり直しが楽にできるようになり
失敗しても真前の甲板に機体が駐機することもなくなりましたが
それでも非常時には必要な非常防護網にキャッチされやすいというのは安心です。
今後機体のステルス化が一般的になっていくとドッグトゥースは採用されにくくなりますが
何かの方法でこういう”フック”は残しておきたいですね。

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2021年08月01日

特撮メカ三種 three types of special effects mecha

SHADO-Atmospheric-interceptor3.jpgTB4_GPRe.jpgPYROSINKER01f.jpg

ちょっと思いついた特撮メカを、一種類では軽いので三種類。
There are three types of special effects mecha that I came up with because one type is light.

コメント有りです Please comment


posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2021年07月11日

主力戦艦 波動砲軸シフト形態習作 Main Battleship Wave-motion Gun Axis Shift Study

MBB_WMG_Axis-Shift_study2021.jpg

格好良さというのは、もちろん論理性や機能美、シンプルなものから生じることもありますが
アンバランスや余分な物から生じることもあるんですよね。
あと、経験則というのもあるでしょうね。今まで見たカッコイイものと似てるバランスとか。
Of course, coolness can come from logic, functional beauty, and simple things,
but it can also come from imbalances and unnecessary things.
Also, there may be a rule of thumb.
A balance similar to the cool ones you've seen so far.

コメント有りです please comment


posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2021年06月27日

ヤマト完結編世代戦艦 Final YAMATO age Battleships

FinalYamatoBBs003.jpg

4月にアップロードした巡洋戦艦を描いていた時に既に考えていたのですが
公式でアンドロメダが波動砲-船体軸線ずらしを行ったのであれば
主力戦艦もやってもいいんじゃないかなと思いました。
I was already thinking when I was drawing the battle cruiser I uploaded in April.
If Andromeda officially made a wave cannon-hull axis shift
I thought it would be okay for the main battleship to do that too.

それを踏まえて今回は最初から軸線のずれている完結編の戦艦を
ヤマト3のアリゾナに近づける感じで、より抑揚を強くしたデザインで描いてみました。
Pixivを検索すると、1件完結編戦艦をなんとかしたい的な絵が見つかります。
方向性的にはそれと同じですね。
Based on that, this time I drew a Final Yamato battleship whose axis is off from the beginning with a design with stronger intonation, with the feeling of getting closer to the battleship Arizona of Yamato 3.
If you search Pixiv, you will find a picture that you want to manage one Final Yamato battleship.
The direction is the same.

さらばの主力戦艦の軸線ずらしに関しては2009年頃記事にしたと思います。
一応そっちの絵も描いていますが、とりあえず完結編を先に。
I think I wrote an article about the axis shift of Farewell's main battleship around 2009.
I'm drawing that picture for the time being, but for the time being, the final version is the first.

コメント有りです please cpomment


posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2021年06月13日

側面ジェットブラストデフレクター Lateral Jet Blast Deflector on F-35B carrier

F35CarrierLJBDF.jpg
F-35Bを搭載する揚陸艦・軽空母に是非採用を。V-22にも最適。
(V280には要らないかな)
Please use it for landing ships and light aircraft carriers equipped with the F-35B. Also ideal for V-22. (Isn't it necessary for V280)
posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2021年05月30日

模型で是非再現して欲しいA-10関連航空機 A-10 related aircraft that I would like you to reproduce with a model

A10-related-aircraft-model2021may.jpg

素材集めや手間の多さから、構想しても実現できなかったA-10関連機体。
ほぼミキシングビルドで作れると思います。
何方か私に代わって作ってみてください。
(艇体ではなくフロートを履いたA-10模型はもうPixivにあるみたいですが)

An A-10-related aircraft that could not be realized even if it was conceived due to the large amount of materials and labor involved.
I think you can almost make it with a mixing build.
Please try to make it for me.
(It seems that the A-10 model with a float instead of a ship hull is already on Pixiv)

下に材料になりそうなプラモデルを上げました。
そもそもウーフーのキットは高いし、手軽そうなハセガワ1/72Me262が
入手困難だったり。
ユモ400のレジンキットはありますがエンジン本体だけのことが多いし
安くはないですね。
船底部に使えそうな水上機キットも結構高価。
Below is a list of plastic kits that are likely to be used as materials.
Uhu's kit is expensive in the first place,It is difficult to obtain Hasegawa 1/72 Me262, which seems to be easy.
There is a resin kit for Jumo 400, but it's not cheap and it's often just the engine itself.
The seaplane kit that can be used on the bottom of the ship is also quite expensive.

コメント有りです please comment





posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | 模型model | 更新情報をチェックする

2021年05月16日

Started making of 1:1000 Andromeda 2202 kit 英訳版

日本語版は次の記事です

BandaiAndromeda2022KitAxisFix001.jpg

I have begun making of the Bandai 1:1000 scale Andromeda 2202 Kit, which has been a long-standing concern.
The first major focus is the work of aligning the axes.
I have confirmed simple axis correction with mechanical collection, so I will think along with it.

続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | 模型model | 更新情報をチェックする

2021年05月09日

1/1000アンドロメダ2202製作着手 Japanese edition

This is a long article, so I will post the English version at a later date.

BandaiAndromeda2022KitAxisFix001.jpg

長らくの懸案だった、バンダイ1/1000アンドロメダ2202キットの
製作に着手しました。
まず大きな焦点としては軸線合わせの作業があります。
一応メカコレで簡易な確認はしているので、それに沿って考えてみます。

続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | 模型model | 更新情報をチェックする

2021年04月25日

ド級拡張巡洋戦艦 Space Battle Cruisers with an expanded Dreadnought class

SCB-602Devastation+Terranoria.jpg

ちょっと思いついて、ドレッドノート級宇宙戦艦を拡張した
巡洋戦艦を描いてみました。
1/1000キットやメカコレの2隻セットがあれば大まかに作れそうなものです。
砲塔の数だけでなく全長も拡張されているので、
船体をつないで長くしてくださいね。
艦橋と艦首の羽は気をつけて作ってください。
側面に見えるのはプラナーアレイレーダーアンテナで、
全8方向で天球をカバーします
ついでにそのガミラス版も。
ランダルミーデを反映したデザインです。
艦首砲は波動砲でもゲシュタム砲でも反射衛星砲でもどれでも構いません。

I came up with a little idea and drew a battle cruiser that expanded the Dreadnought-class space battleship.
If you have a 2set of 1/1000 kit or mecha collection kit, you can roughly make it.
Not only the number of turrets but also the total length has been expanded, so please connect the hulls and make them longer.
Be careful when making the wings on the bridge and bow.
Visible on the side is the planner array radar antenna, which covers the celestial sphere in all eight directions.
Also the Gamillas version.
It is a design that reflects L'Androméde.
The bow cannon can be a wave-motion gun, a Geshtam cannon, or a reflective satellite cannon.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする