2018年04月16日

肩載せ型スピーカーの興亡とBluetooth

ShoulderSpeaker.png

今巷では肩に乗せるタイプのスピーカー?ヘッドフォン?が
少しづつ人気を集めています。

ソニーのこれは売れすぎて注文受付凍結中(4/20現在再開時期未定)
□ソニー震える“肩のせ”スピーカー2.5万円で「音に包まれるような視聴体験」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1074257.html
こちらも大御所参入で音はこっちがいいとの評判
□ボーズの“肩のせ”Bluetoothスピーカー。驚きの低音、長時間でも快適。
 ソニーとの違いは?
https://av.watch.impress.co.jp/docs/review/review/1113697.html



加えて続々新製品が開発されているみたいで、ついにJBLも参入
□JBL初“肩のせ”スピーカー「SOUNDGEAR」。TVの音も“自分だけの空間”再生
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1116966.html
これも肩載せに近いのかな、イヤフォンなのにオープンタイプ
□周りの音も聞けるソニー左右分離イヤフォン「Xperia Ear Duo」。
 声でLINEやradiko
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1116353.html
これもかな?
□“耳を塞がないイヤフォン”が無線に、ambie「wireless earcuffs」。1.2万円
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1115278.html



ところで、Bluetoothでの接続コーデックはどれも
SBC、aptX、AACには対応しているようですが
(ソニーSRS-WS1は従来の無線接続です)
実はこの記事によると、音を省いてる部分はあるようで、
直結より音質は悪いみたいなんですよね。
□藤本健のDigital Audio Laboratory
 iPhoneからBluetoothで聴くと音質はどう変わる? 波形で比較した
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/1115911.html

ざっくりいうとBluetoothは128~192kbps以下のエンコードしか
やってくれないということです。
主に遅延対策なんだとは思います。
今はAACでも256kbsが標準だしLossLessで600kbs〜1000kbs、
非圧縮だと1440kbsということになっています。
なので、ハイレゾを聞くぞーといってBluetoothを使っちゃったら
大いに間違いということになってしまいます。
ぶっちゃけ、耳がどこまで聞いてくれるかっていうのが
一番の問題ではありますが。

私はいつも作業しながらソニーのサラウンドヘッドフォン
MDR-DS7100をつけて音楽やアニメや映画を流しています。
(サラウンドヘッドフォンとしては二代目、
 最初のはオープンヘッドフォンでした。
 最新型WH-L600が先月発売されました)
ワイヤレス接続+バッテリー内蔵なので、
自由に部屋の中を動けるのが便利で使っています。
私のような”ながら聞き”や肩のせ型なら、128kbpsの音質でも関係ない
感じもしますが、たまにBlu-rayの作品を見るときにも使うので、
ホントは音が良い方がいいですね。



※2018.4.17追記
今日また新しいBluetoothのコーデックに関する記事が出ていました。
□BluetoothのaptX音質をテストしたら、謎の結果が出てしまった
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/1117171.html
どうも従来の音質が悪いと思われていたSBCコーデックでも
良い音がする場合があって、規格上328kbpsまで設定されている模様。
ただ肝心のaptXの状況がよくわからず、という結果だそうです。
posted by 禅芝zenseava at 15:22| Comment(0) | デジタルガジェット Digital gadget | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

ヤマト2202模型紹介

すみません、なかなか絵を投稿できなくて。
忙しいのと花粉で、休みもまともに動けないものですから。

長らく紹介しないうちヤマト2202プラモデルもたくさん増えたので
1万円以下のものだけ紹介しておきます。
(アマゾンの商品リンクがいつに間にかスッキリ綺麗になってますね)

4月発売はこの2つ、どちらも4/19日出荷予定です。
メカコレクション ガイゼンガン兵器群 カラクルム級戦闘艦 ¥972-
メカコレクション ガイゼンガン兵器群 カラクルム級戦闘艦 2機(緑と白)セット ¥1,836-
5月発売はこれ、
メカコレクション 地球連邦アンドロメダ級 三番艦 アポロノーム ¥864-
6月発売はこれ、
メカコレクション 99式空間戦闘攻撃機 コスモファルコン アポロノーム搭載機 ¥540-
以前の色変えですが、新しいシールと黒い台座が付いてきます。
あと、6月末に待望の再販がされるようです。
メカコレクション 地球連邦アンドロメダ級 一番艦 アンドロメダ ¥756-



発売済みは
地球連邦主力戦艦 ドレッドノート級 ドレッドノート 1/1000 ¥4,860-
(三月末に再販されたので、所々に在庫があります)
ヤマト型一番艦 宇宙戦艦ヤマト2202 第一次改装型 1/1000 ¥5,940-
(主役なのにたまにバーゲン対象になってます)
メカコレクション 宇宙戦艦ヤマト2202 プラモデル ¥648-
(かっこいですがこちらも若干影が薄い気がします)
地球連邦アンドロメダ級 三番艦 アポロノーム(空母型) 1/1000 ¥7,020-
(電飾が無いのでお買い得ですが、戦艦版にするには部品が足りません)
地球連邦 宇宙戦艦ゆうなぎ艦隊セット 1/1000 ¥3,240-
(最初に発売されたワープもできる高性能艦ですが、やはりただの色変えでは...)



この後なにが発売されるのか、いろいろ心配です。
(ちなみに機動戦士ガンダムThe Originもアニメプロジェクト終了だそうで
 本編部分は無し。TV放送やネット配信に移行でもし無い限り、
 模型も終了でしょうか。最後がFSDというのもなんか残念)
posted by 禅芝zenseava at 23:05| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

電気旅客機の将来と課題 Future and challenges of electric aircraft

HVplane.png

先日、こんな記事を見つけました。
「ハイブリッドによる小型電気旅客機E-Fan Xの開発」
I found this article the other day.
"Development of a small electric passenger plane E-Fan X by hybrid"
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/30/news136.html

実際には2基のターボファンと2基のモーターファンによる運用も可能でしょう。
将来的には1基の発電専用ターボファンと4基のモーターファンによる構成も可能かと。
(ターボファンは緊急用推進にも使えます)
ほかにも、エアバスは単独で小型電気プレーンを開発しています。
Actually it is possible to operate with two turbofans and two motor fans.
In the future it would be possible to configure with one power generation dedicated turbofan and four motor fans.
(Turbo fan can also be used for emergency propulsion)
Besides, Airbus is independently developing a small electric plane.

ここまで上がっている計画のほとんどが小型でパーソナルジェットの規模止まりです。
エンジンパワーが無い、というかファン=プロペラ飛行機な訳で
今日の旅客機のターボファンエンジンのような強力かつ長時間の運用ができません。
最高速度も時速300km〜700kmというところでしょう。
ということは現在主力の航空路、高度10000m・時速約700km〜1000kmを通って飛ぶことは不可能でしょう。
(ちなみに最近配備が始まった航空自衛隊のC-2輸送機は、ハーキュリーや400Mなどと違って旅客機と同じエンジンを積んでいるので、この旅客機用の最速航空路を通ることができます)
Most of the plans going up to here are small and personal jet size.
Engine power is low,I mean, it's a fan = propeller plane,
It can not operate strongly and for a long time like the turbofan engine of today's airliner.
The maximum speed is also between 300 km/h and 700 km/h.
That means that it will be impossible to fly through the current 10,000 m altitude of the main airway (about 700 km/h to 1000 km/h).
(By the way, since the C-2 transport aircraft of the Air Self Defense Force which began deployment recently has the same engine as the passenger aircraft unlike HERCURY and 400 M etc., it can go through the fastest airway for passenger aircraft)

加えて、ハイブリッド機から完全電動機に至るにしたがって
飛行中の重量低減による飛行距離/飛行速度の上昇を見込めなくなります。
タービン・レシプロに寄らず、エンジン機は移動するに従って燃料を消費し燃料分全体の重量が減っていき効率がよくなります。
バッテリーは使用するに従って電気は減っても重量は減ってくれません。
ですから、ある程度の時期までバッテリー容量(重量)が少なくてすむハイブリッド機の時代が続く可能性が高いと思います。
In addition, as it go from the hybrid plane to the complete electric plane,
you will not be able to expect a rise in flight distance / flight speed due to weight reduction during flight.
Both turbine and reciprocating, the engine plane consumes fuel as it fly and the weight of the fuel as a whole decreases and the efficiency gets better.
As the battery is used, the weight will not be reduced even if the electricity decreases.
Therefore, I think that there is a high possibility that the era of hybrid aircraft that will consume less battery capacity (weight) will continue until a certain period of time.

環境面(CO2削減)の面からはさておき、環境面(騒音削減)の面から言うと
これは大きなアドバンテージがあると言えるでしょう。
空港の近く、離着陸のときだけ電気ファンのみを使えば現在問題にされている空港騒音は激減するからです。
そうするとこのタイプの旅客機では、より低い高度の飛行コース・侵入コースが使えたり、夜間の運用も可能になるため、より多くの発着枠の取得が可能になります。
特に羽田にはもってこいですね。
Apart from the aspect of environmental aspects (CO2 reduction), in terms of environmental aspects (noise reduction)
It can be said that there is a big advantage.
If you use only electric fans only when taking off and landing near the airport, the airport noise which is currently in question will be drastically reduced.
Then you can use less advanced flight courses and invasion courses for this type of aircraft
Since night operation is also possible, more landing slots can be acquired.
Especially it is perfect for Haneda-Tokyo International Airport-.

さらに、小型のモーターを多数配置することで、短距離離着陸機や垂直離着陸機を作ることも可能です。
これは現在流行っている小型ドローンの制御技術やソフトをそのまま活用することができるからで、案外近い将来に見ることができるかもしれません。
(この場合も通常旅客機同様、より強力なパワーを出せるモーター・ファンの実用化が必要です)
そうすると国内線・近距離飛行に限ってはVTOLハイブリッド旅客機(あるいは飛行タクシー)がバンバン飛ぶ時代が来るかもしれません。
In addition, it is also possible to create short-range take-off and landing aircraft and vertical take-off and landing aircraft by placing many small motors.
This is because we can utilize the control technology and software of popular small drone as it is, it may be able to see in the near future unexpectedly.
(In this case as well, it is necessary to put into practical use of a motor / fan that can deliver more powerful power as usual for passenger aircraft)
Then, for a domestic flight / short distance flight, an era may come when the VTOL hybrid passenger plane (or flight taxi) overflows.
posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

15メートル級モビルスーツ習作 15m class mobile suit study

15mclassMSstudy01.jpg

練習のために描いたモビルスーツ。
やはり人型は難しいですね。この絵も重心がちゃんと定まっていません。
A mobile suits drawn for practice.
It is still difficult to type human. The center of gravity of this picture has not been determined properly.

15mクラスの量産機は、開発が始まってしばらくは部位によって
縮小部品が安価に製造できていないものもあって
胸や腕、脚など18m級のまま短くなっているという設定です。
アナハイムがSNRIなどの真似をしながらなんとか開発を
続けていると言った感じでしょうか。
ジェムスガンなどの後続機といった立ち位置です。
その後のVガンダムにつながる、曲面を多用したMSの走りです。
ガンイージがもう少しVガンダムに似ていて欲しいなといった
個人的な希望も入っています。
A mass production machine of 15 m class MS is a scenario in which the reduced parts have not been manufactured cheaply for a while due to the part for a while after the development has begun, and it is 18 m long in the chest, arms, legs etc. It is shortening.
Is it feeling that Anaheim managed to continue development while imitating SNRI etc?
It is a standing position such as a subsequent MS such as Gemsgun.
It leads to the V Gundam afterwards, it is a pioneer of the MS which used many curved surfaces.
I also have my personal hope of saying that I want Guniege to be more like V Gundam.

連邦・アナハイムのMSは四角く平面で、
ジオン・アクシズ他敵のMSは丸い・曲面+尖ってるという
概ねの傾向があるのですが
その逆を行きたいというのもありました。
次は四角いジオンMSかなぁ(現行ではイフリートが最も四角、二番目はブグかな?)
Federation · Anaheim's MS is a square flat surface, Zeon · Axis and other enemy MS has a general tendency that it is round · curved surface + sharp,
I also wanted to go the other way around.
Next may be the square Zion MS. (Currently, Ifrito is the square most, the second is a Bugu?)
posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

漢字雑談その2 曷 ガチ・カツ・なんぞ

Sorry, this content is japanese only.
This article is a topic of Kanji character “Nanzo”.
It mean about Dry and What.

Nanzo.png

けいじばんの掲の漢字が出てこなくて、思い出しながら
いろいろ調べていて、辿り着いた漢字です。
のつくりも元は同じで、下の亾(元は亡)がヒになってます。

には水分がない、乾ききっているという意味と
なんぞ、なに、いつなど?(疑問)という意味があります。
乾ききっているからはくずという漢字・植物が派生します。
乾いていて切っても水が出ない草という意味だそうです。

はかかげる、裾を持ち上げるという意味ですが、
手偏ですから、もしかすると本来は手を上げて、なにも持っていない、
手段が無い┐(´~`) ┌、という意味なのかもしれません。
国旗掲揚の掲揚も元は白旗を上げるときに使ったのかもしれませんね。
posted by 禅芝zenseava at 12:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

新年の挨拶 New Year Greetings 2018

2018NewYearGreetings.jpg

新年、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

Happy new year.
Everyone must have the good thing this year.

今年はカレンダーを作れなくてすみません。
I'm sorry I can not make a calendar this year.
posted by 禅芝zenseava at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

マットダガー MAT Dagger

MAT_Dagger_A.jpg

マットダガーを中心とした軽戦闘攻撃機多領域運用システム。
A compact fighter / attacker centered on MAT Dagger Multiple field operating system.

MatDaggerSystem01.jpg

1950年代シュド・エスト社がSE.5000開発当時取得した特許を買い取り,
同様のコンセプトで小型戦闘機を現在の技術で開発した。

当初陸上キャリアでの輸送や大型爆撃機に搭載しての空中運用を前提に開発していたが
クレーン兼用の射出用電磁カタパルトの開発に目処がついたため
水上艦艇や潜水艦での運用も前提に機体が設計された。

小型軽量化と水上運用のため、着陸脚の代わりにスキッドを装備した。
発進はカタパルトで射出し、空中ではクレーンで切り離される。
通常は静かな海面・静止水面や草地・砂浜に着水・着地させる。
地上に降りた機体は専用キャリアで収容する。

水上艦艇で運用される機体では、格納庫スペースに余裕があるため
より荒れた海面での運用が可能なフロート(兼燃料タンク)を装備することもある。

無人機も開発されており、有人機をコマンダーとしたスコードロン運用、
水上艦艇での哨戒機としての運用も可能となった。

In the 1950's SNCASE developed SE 5000 and purchased the patent acquired at that time, and MAT developed the small fighter aircraft with the same technology with the current technology with the same concept.

Originally developed on the premise of shipping on land carriers and air operation on a large bomber,
Since the development of the electromagnetic catapult for crane which also serves as a crane is a prospect, the aircraft was designed on the premise of operation on submarines and submarines.

In order to make it smaller and lighter and to operate on the water, the skid was equipped instead of the landing gear.
The launch is injected with catapult, and in the air it is separated with a crane.
Ordinarily? Let it land on a quiet sea surface / stationary water surface, grassland / sandy beach / land.
The aircraft that fell to the ground is housed in a dedicated carrier.
In the aircraft operated by the naval vessels, because there is room in the storage space
Sometimes it is equipped with a float (with fuel tank) that can be operated on a more rough surface.

Unmanned aircraft has also been developed, Scandron operation with a manned aircraft as a commander,
It became possible to operate as a patrol aircraft by a water navy vessel.

マットの小型戦闘機を考えていたのですが
あまり時別なデザインにはなりませんでした。
マットコンクルーダーでの空中運用を思いついたので
こんなマルチ運用システムということになりました。

スキッド装備にしたのは小型軽量化という理由もありますが
MATメカに限らずウルトラメカはよく墜落するので
どこに落ちても良いようにです。

I was thinking of MAT’s small fighter plane,
It did not become a special design too much.
Because I came up with air operation in the MAT Comcruder,
It became such a multi operation system.

There is also reason to make the skid equipped smaller and lighter,
Not limited to MAT mechanism Ultra Mecha crashes well, so it does not matter where you fall.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

タイヤチェーンについて About tire chain

Sorry, this content is japanese only.
This article is about the tire chain in the highway tunnel.

TireChain.png

昨日11/4午後、東北中央自動車道の
福島大笹生IC(東北道・福島JCTとの接続点)~米沢北IC間が
開通したニュースを読みました。
https://trafficnews.jp/post/78961
福島-米沢間といえば万世大路で有名な栗小峠がありますが、
開通区間ではそこを約9kmの栗子トンネルで峠越えを果たしたそうです。
開通前の動画を見ましたが前後含めてコンクリート舗装の道路は白くて
目新しい感じがしましたね。

ところで長大トンネルというと関越自動車道の関越トンネルを思い出します。
栗子トンネルは関越トンネル同様、基本チャーン装着は禁止で、危険物車両も
通行出来ないそうです。
トンネルの前後にはチェーンの着脱所があります。
スタッドレスタイヤが普及する前は上越にスキーに行くときは、
必ずチェーンの脱着イベントが2回発生するので
シーズン前には友人とチェーン装着訓練をしました。

で、その栗子トンネルのチェーン装着の件をを調べていたところ、
JASAA認定品の非金属タイヤチェーンは関越トンネルを履いたまま
通行可能という記載をあちこちで見かけました。
私の持っているバイアスロンも認定品でした。
平成10年(1998年)からそのようになったようです。知りませんでした。
ただ認定タイヤチェーンでも速度制限は50kmですから、100kmで走る
他の通常タイヤ・スタッドレスタイヤに混じって走るのは結構苦痛ですし
危険かもしれませんね。

ちなみに、秋季終わりから冬季に高速道路を走行するときは
スタッドレスタイヤを履いている車もチェーンを携行するようにしましょう。
猛烈な積雪・道路氷結の場合、チェーン無しでは進めない場合があります。
できれば一年中車にチェーンを積んでおくのが望ましいですね。

P.S.せっかくオールシーズンタイヤに履き替えたのに今シーズンはスキーには
いけません。まだ身体が万全で無いのと、実家にも帰っていないのに遊びに
いくわけにはいきませんよね。オールシーズンタイヤの雪道評価が
出来無いのが残念です。



タイヤ同時購入でバイアスロンが10%OFFで購入できるキャンペーンをやっているようです。
アマゾンのキャンペーンページ
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

お知らせ Notice

ちょっと体を壊しまして、
入院したり動けないというわけではありませんが、
11月以降投稿のペースが落ちます。
(それまではストックがあるのでで予約投稿になります)
I broke my body for a while,
Although it is not not hospitalized or immovable,
The pace of posting will fall after November.
(It will be a reservation post because it has stock until then)

禅芝zenseava
posted by 禅芝zenseava at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

スレーブ機関搭載対イリーガル艦上戦闘機 slave engine instored anti-Illigal carrer fighter

Battle_0_Fighter.jpg

グラム1.6さんのリクエストでデザインした
対イリーガルステルス戦闘機です。
単純なステルス機はあまり描く気持ちは無かったのですが
特殊な謂れをもつ機体ということでデザインしました。
It is an illegal stealth fighter designed on request of gram 1.6.
Although a simple stealth machine did not feel much to draw,
I designed it as an aircraft with a special loophole.

機体解説 Aircraft commentary
湯谷重工が開発した純日本製の次世代試作ステルス艦上機。
レーダー波の打ち消し・欺瞞などの機能でレーダーステルス能力を持ち、
多様な電磁波の放射で可視光・赤外線・紫外線
などに対する光学ステルス能力を持つ。
レーダー・光学以外の方法でイリーガルを探知する能力もある。
加えて反重力作用で強力な加速力・運動性能を有する。
ミサイルや銃弾、レーザー光などに対するある程度の防御壁の機能も持っている。
Yutani Heavy Industries developed a pure Japan made next-generation trial stealth carrer fighter.
With radar stealth ability with functions like radar wave cancellation / deception,
It has optical stealth ability for visible light, infrared ray, ultraviolet ray, etc. by radiation of various electromagnetic waves.
There is also the ability to detect illegal by a method other than radar and optics.
In addition, it has a strong acceleration force / motion performance by antigravity action.
It also has some degree of defensive wall function against missiles, bullets, laser light and so on.

湯谷は元々ステルス機としてYAF-E025を開発していた。
しかし開発途中で目標スペックに到達せず作業が凍結されていた。
日本海上国防軍は墜落した未知の敵対勢力”イリーガル”の戦闘機を回収。
機体からは未知の機関が発見され、
国防軍や軍関連企業の研究所で解析作業を進めた。
その結果この機関が反重力的な作用や防御壁の形成などを
司っている生命由来のデバイスであることが判明し、
これをスレーブ機関と命名した。
湯谷関連企業のの鹿島研究所で解析されている物のうち
唯一動作したサンプルSVa-003、これを平行して開発していた
AIの対話型IFと融合させYAF-E025に搭載したのがBattle 0である。
SVa-003は特定の人物としかコミュニケーションをとらず、
その人物しか操縦できないため機体も1機しか作られていない。
Yutani originally developed YAF-E025 as a stealth fighter.
However, work did not reach target specifications during development and work was frozen.
The Japan Maritime Defense Force recovered the fighter plane of the unknown enemy force "Illigal" who crashed.
Unknown mechanism were discovered from the aircraft, and analysis work was carried out at the laboratory of the Defense Forces and military-related companies.
As a result, this mechanism has anti-gravity effects, formation of defensive walls, etc.
It turns out that it is a device derived from the life control,
I named this a slave engine.
Sample sample SVa-003 which was the only one of the items analyzed at Kashima laboratory of Yutani affiliated company,
Battle 0 is the YAF-E025 that combines this with the interactive IF of AI developed in parallel.
SVa-003 communicates only with a specific person,
Only one aircraft has been made because only that person can steer.

背面中央の光っている部分がスレーブ機関で、
翼端にサブユニットがあります。
The glowing part in the center of the back is the slave engine, and the subunit is on the wing tip.

こちらは武装強化案「Battle 0 ストライカー」です。
This is an enhanced armed weapon "Battle 0 striker".
Battle_0_Striker_rv.jpg

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする