2019年07月21日

最近の船首3 ダブルステップバウ Ship Bow recently 3 Double Step Bow

ShipBowRecentlyIIIe.jpg

久しぶりに船首の話です。
2019年6月にイタリアの哨戒艦Paolo Thaon di Revel級のネームシップ
P430の進水する様子が紹介され、その艦首に驚いた方も多かったでしょう、
私もその一人。
PPA型-Pattugliatori Polivalenti d'Altura-多目的外洋哨戒艇の名で
紹介されている、いわゆるOPV(オフショアパトロールバッセル)ですね。

It is a story of the bow after a long time.
The appearance of the launch of the Italian patrol ship Paolo Thaon di Revel-class nameship P430 in June 2019 was introduced, and many would have been surprised by its bow.
I am one of them.
The so-called OPV (Offshore Patrol Vassell), introduced under the name of PPA type “Pattugliatori Polivalenti d'Altura”.

船首の上に船首か乗っていると言われていますが、実はかなり以前に実用化
された船首で、ダブルステップバウ DSBという名前です。
主に浅喫水の小型高速船用に、水線長を長くして高速性や直進性を向上させる
ための構造です。V字船底やウォータジェットと同時に採用されています。
Paolo Thaon di Revel級のような大型艦に採用されるのは非常に珍しいことです。
浅喫水のV字船底船の船首と形がほぼ同じなので、その先に容易に
後付けもできるようです。

It is said that the bow is on the bow, but actually it was a bow that was put into practical use quite a long time ago, and it is named DSB-Double Step Bow.
This is a structure to improve the speed and straightness by lengthening the water line length mainly for small draft high speed ships.
It is adopted at the same time as the V-shaped hull and water jet.
It is very rare to be adopted by large ships such as Paolo Thaon di Revel class.
The DSB has almost the same shape as the bow of a shallow draft V-shaped hull ship, so it seems that it can easily retrofit it further.

日本では昨年のSOYを受賞した漁業調査取締船げんかいや
高知漁業取締船くろしお・小鷹、広域監視艇さきしま など、小型の
パトロール船に多く採用されています。
私が調べた限り、最初に採用されたのは1998年就役の高速フェリー
オーシャンアローで、IHIと東大船舶工学科が共同開発した高速双胴船です。
もしかしたらその時開発されたものかもしれません。
英語で調べても出てきません。
Paolo Thaon di Revel級の船首もwave piercing bowと紹介されています。

In Japan, DSB is widely used for small-sized patrol vessels such as the fishery research and inspection boat “Genkai”, which received SOY last year, the Kochi fishery patrol ship “Kroshio” and “Odaka”, and the wide area surveillance boat “Sakishima”.
As far as I have investigated, DSB was first adopted in 1998 by high-speed ferry Ocean Arrow, a high-speed catamaran jointly developed by IHI and the University of Tokyo.
Maybe it was developed at that time.
It does not come out even if it investigates in English.
The bow of the Paolo Thaon di Revel class is also introduced as a wave piercing bow.

ついでに、ウェーブピアシングバウの話も。
レーダーステルス対策を考慮した船体設計では船体上部を内側に傾斜させた、
いわゆるタンブルホーム船体にする例も多く、その船首には
ウェーブピアシングバウは非常に良くマッチングします。
また、オーストラリアのINCAT社製の高速フェリーや、
スピアヘッド型輸送船など、最近良く見るようになった双胴船にも
ウェーブピアシングバウは採用されています。
ウェーブピアサーという言い方のほうが多いかもしれません。
最近のパトロール船の中には、通常の船体にウェーブピアシングバウを取り付けて
対波浪揺動性・高速性能を高めている船も出現しているようです。
ヨットの世界では随分前から普及していますよね、
カタマランとかトリマランヨットだと。

In addition, the story of the wave piercing bow.
In ship hull design considering the radar stealth, there are many cases where the upper part of the hull is inclined inward, so-called tumble home hull, and the wave piercing bow matches the bow very well.
In addition, wave piercing bows have been adopted for catamarans that have recently become popular, such as the high-speed ferry manufactured by INCAT in Australia and a Spearhead class JHSV.
There may be more to say the Wave Piercer.
Some of the recent patrol vessels are equipped with wave-piercing bows on the normal hull to enhance anti-wave rocking performance and high-speed performance.
It has been popular for a long time in the world of yachts, such as catamaran and trimaran yachts.

※ちなみに2011年海上技術安全研究所によって開発された、
 大型船の船首左右に鰹節のような凹凸を取り付けて造波抵抗を軽減する
 省エネ装置がSTEPと呼ばれていて、これをステップ船首と書いてある記事も
 あります。
※ Incidentally, the energy saving device developed by the Marine Technology Safety Research Institute in 2011 to reduce wave resistance by attaching unevenness like eyebrows to the left and right of the bow of a large ship is called “STEP”,
there is also an article that says this as a step bow.
posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

最近の積みプラ Recent loading plastic model kits

201905modelkits.jpg
月末の再販を待つつもりが、尼で在庫が復活してたのをたまたまみつけて
ポチってしまった1/8メビウスEVApod。
運送屋さん、連休中なのにごめんなさい。
大きくて(バイクのヘルメット大)塗装も大変だしすぐに作るわけでのないのに
しょうがありませんね。
I intend to wait for resale at the end of May, but I accidentally bought and bought that the stock was restored in Amazon, 1:8 scale Mobius 2001 EVApod model kit.

中に誰か座らせたいけど、1/8・10inchフィギュアってなかなか手頃なのが無く
とりあえずは手持ちのタイバニを使うけど、MGフィギュアライズや
メビウスのプラモ、・PLAY ARTS改などを物色しております。
(ちなみにMAFEXのSPACE SUITは約1/12と小さくて大きさが合いません)
エクスプラスが代理店をしているスターエーストイズに
1/8のリアルマスターシリーズっていうアクションフィギュアがあるんですが
DCコミックのフラッシュやグリーンアロー、ハリーポッターなどがあって
加えて、同社から今年の9月にデフォリアルシリーズで
ディスカバリー アストロノーツを発売する予定で
そうすると1/8でもボーマンが出たりする可能性も無きにしも非ずで
ちょっと期待はしています。
I would like to have someone sit in, but I can not find that 1:8 scale or 10 inch figures are quite affordable.
I expect to be released from 1:8 scale Real Master series of Star Ace Toys.

上に乗っているSWS 1/48 Ta152H-1はずっと目をつけていたのですが
アマゾンの在庫がなくなって価格が高騰していました。
不意にボークスのショップに行けばあるんじゃないかと思い立って
横浜のビブレにある直営店に行ったら普通に定価で買えました。
探したらボークスのWebショップにも在庫あったんですね。
1/32のシリーズは人気と希少で買えないもの多いのですが
1/48は別なんですね。
I was trying to buy Volks SWS 1:48 scale Ta152H-1 riding on the top. As there was no stock in Amazon, I did not buy it. When I went to a Volks shop, I bought it because it was in stock.
The Volks Web shop also had stock.

https://ec.volks.co.jp/category/0205/4518992224817.html

メカコレ、主力戦艦2202は、どういじるか模索中。
2隻あるので、片方は空母かなぁ?
Mecha Collection's main battleship 2202 is exploring how to make it.
There are two ships, so one is an aircraft carrier?

コメント有りです please comment



posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | 模型model | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

人型機動兵器デザイン習作3 Humanoid Maneuver Weapon Study3

HMWStudy03.jpg

練習のため描いた人型機動兵器、その3です。
当初かっこいいGMっぽいものを描こうとしていたのですが
うまく描けず、自衛隊警備用にしてみました。
というか、この配色を試したかったというのが正直な理由です。
この色は航空自衛隊車両色なのですが、結構難しい色で、
普通の自衛隊車両の基本色である
オリーブドラブやオリーブグリーンとも違った色なのです。
フォトショップ上で調整して近い色を作ってみましたが、
ほとんどグレーグリーンという色味でした。試して良かったです。
(絵に塗った色はだいぶ明るく調整しています)

It is a humanoid maneuver weapon drawn for training, part 3.
Originally I was trying to draw something cool like GM,
but I could not draw it well, I tried to use the SDF for security.
I mean, it is honest reason that I wanted to try this color scheme.
This color is a vehicle color of the Air Self Defense Force,
but it is quite difficult color, it is a color different from olive drag
and olive green which are the basic colors of ordinary SDF vehicles.
I adjusted near the photoshop and tried to make a near color,
but it was almost color like gray green. It was good to try.
(The color painted on the picture is very brightly adjusted)

背景設定の話は長いので次のページに(日本語のみ)
Since the story of background setting is long, it is on the next page.
(Japanese only)

コメント有りです please comment

続きを読む
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

V-22とF-35Bの優位性とSTOVL空母の可能性

STOVLcarrier2030.jpg

日本でもいずも型護衛艦にF-35Bを運用する能力を付与することになり
欧州、豪州でもF-35Bを搭載可能な揚陸艦が増えています。
世界の艦船2018年7月号でも特集された、STOVL空母ですが
通常固定ジェット戦闘機・攻撃機に匹敵する能力を持つF-35Bの登場によって
その立ち位置がずいぶん変わってきています。
続きを読む
posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

ラウンドアバウト Roundabout

Sorry, this content is japanese only.
This article is a topic of recent japanese roundabout.

Roundabout.png

昨今全国に増えつつあるラウンドアバウト。
(実家の街にもあります、神奈川県にはまだ二箇所だけのようで、幹線にはまだ作られていないようですね)
最大の利点は、信号が不要で車が止まらないで通過できることと、古い幹線道路などで拡幅が難しく右左折車線を作れない場合でも交差点にだけ余地があれば交通が円滑に流れることでしょうか。うちの近所にもあるんですよ、右折がなかなかできなくてすぐ渋滞する交差点。
続きを読む
posted by 禅芝zenseava at 12:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

冬の雑談

Sorry, this content is japanese only.
This articles are topic of japanese animation and subway station in Tokyo.

Yurucan.png

ゆるキャン△
ゆるキャン△観たのですが、むかし高ボッチ行ったことあったかもしれません。
諏訪湖湖畔に数百メートルの仮想の崖があってその上から見渡すような景色が印象的で、ホンモノじゃなく模型のグライダーが飛んでたのを覚えているんで、あれが高ボッチ高原なんじゃないかなと思います。
続きを読む
posted by 禅芝zenseava at 15:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

MacOSXでSRS-WS1を聞くListen to SRS-WS1 on MacOSX

SonySRS_WS1_Speaker.jpg
Sorry, this content is japanese only.
This article is that I tried using wearable neck speaker released from Sony on MacPro with MacOSX.

2018年3月にアメトークで紹介されて品不足になった
肩掛けスピーカー・ショルダースピーカー・ウェアラブルネックスピーカー
ソニーSRS-WS1です。
昨年4月にも記事にしましたが、9月に販売再開が決まって
年末に掛けてかなり安くなってきたので、コウタヤメタを繰り返していましたが
やっと買うことになりまして先日届いてセッティングしました。

詳しい使い方や評価はネットの記事や価格comやアマゾンを見ていただくとして
個人的にぶち当たった課題やら解決した問題を書いていこうと思います。
続きを読む
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | デジタルガジェット Digital gadget | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

バンダイメカコレクション アンドロメダ2202 軸線改修 Bandai Mecha Collection Andromeda 2202 Axis repair

MechAndro01.jpg
Sorry, this content is japanese only.
This article is the topic of the plastic kit mecha collection Andromeda 2202 axis repair version.

昨年発売された、バンダイスピリッツ・メカコレクションシリーズの
アンドロメダ2202です。
前々から気になっていた2202版デザインの波動砲口と艦尾ノズルとの
軸線のズレを修正してみました。
1/1000を改修する場合のテストでもあります。
一緒に2箱買ったので一隻は比較のためそのまま作ってあります。
手前の、砲塔がグレーの方が改修版、白いほうが未改造版です。
続きを読む
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | 模型model | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

新年の挨拶 New Year Greetings 2019

2019NewYearGreetings.jpg

新年、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

Happy new year.
Everyone must have the good thing this year.

今年もまたカレンダーを作れなくてすみません。
I'm sorry I can not make a calendar again this year.
posted by 禅芝zenseava at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

ヤマト近代化改修の果ては? How is the end of Yamato modernization renovation?

2211MOD.jpg

おそらく関係者皆が受け入れられないだろう改修案を示して
結果、退役に持ち込む腹積りの艦政本部はなかなか狡猾。

さて2202の後も新作の予定があるような噂は聞いていますが
2211年にはヤマトはどうなっているのでしょうか?

Presumably, after showing a remedial proposal that all concerned parties are unacceptable, As a result, the shipbuilding headquarters that has the spirit to lead to retirement is rather cunning.

Well, I heard rumors that there are plans for a new work even after 2202, What is going on with Yamato in 2211?

コメントありです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(5) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする