2015年07月21日

ウルトラマンの顔 Face of Ultraman

UltramanFace.jpg

誕生してからずっと見てきたウルトラマンの顔ですが
最近になってやっと気がついたことがありました。
鼻がついていると、若干かっこ悪い系の顔になってしまってるな、ということ。
Although it is the face of Ultraman we've seen all the way from the birth,
Have you ever noticed that the doing recently.
When the nose is attached, it becomes a little parentheses bad face, it is that.

レオ、ジョーニアス、80、この三人にだけ鼻があって
たぶん横からみても若干変な感じかと。
成田さんのデザインの良さは、やはり鼻の無いことでマスクとしての主張が
際立っていることなのだと思います。
(エースも彫りの線が若干鼻っぽく見えてますので残念顏かもしれません)
Leo, Joneus, 80, there is a nose only to these three people.
Even perhaps beside tangled looks slightly strange feeling.
Goodness of Narita's design,
I think that it claims as a mask has been outstanding with no nose.

顔のデザインをしていて、彫りを深くするとカッコよくなるので
ついつい目頭に段差をつけますが、それをそのまま鼻の造形にしてしまって
おかしい感じになってしまうんだと思います。
だれかがそこに気がついたのか、80以降鼻のあるウルトラマンはいません。
When the design of the face, you put a step on the inner corner of the eye because the better-looking and deeply carved.I think it's cause.
Ultraman with a 80 after nose does not have.

ゼブン系の顔はそのあたりうまい造形で
彫りがあるのにそれが左右でつながっていて、
鼻が作れない顔になっています。
Face of Seven have its per good treatment.

ちなみに私はベリアルが結構好きなんですが、実写のスーツでやっているので
体型というか頭身が残念な感じで、3Dでもっとかっこいいベリアルの
活躍(?)を見てみたいものです。
あとウルティメットフォースゼロの面々も大好きです。
By the way, I am quite like Belial.
Rather than a suit, I want to take a look at the success of more cool Belial in 3D.
In addition, it is also love every one of Ultimate Force Zero.

そういう意味では先日円谷プロが公開した動画がすごいですね。
私たちが観たいウルトラマンがそこには写っています。筋肉がすごいです。
この感じでベリアルも観たいものです。
(ただこのバックグラウンドになる人間のドラマの映像を
 日本で作るとやっぱり残念な感じになりそうで…)
In that sense, it is the video is amazing that the other day Tsuburaya was published.
Ultraman want us watching have reflected there on.
Muscle is is amazing.
It is the thing which should also watch Belial in this feeling.

ULTRAMAN_n/a
https://www.youtube.com/watch?v=x139kIbYeV8

そういえば昨年の今頃、成田亨作品集を買ったのを紹介していませんでした。
従来彼の作品集は入手しづらくて高価でしたが、やっと手に入れやすい
作品集が出版されました。
みなさんにお勧めしたいです。
About this time last year to think of it, I did not introduce to the I bought the Narita Toru Works.
His portfolio was expensive difficult to obtain until now, easy to finally get work collection has been published.
I to me I'd like to recommend.


posted by 禅芝zenseava at 20:49| その他のメカ Other Mechanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

Ukf.95 Shrike シュライク

FlFk01.jpg

FlFk02.jpg

使命感模型、第二弾です。
有視界版ファルケですね。
フレーダーマウス+ファルケは、かなり以前から考えていたアイデアで、
ずっとフレダーファルケと呼んでいました。
ただ、フレダーマウスはシュトラール軍での正規名称ですので、新しい名前を付けました。
Sense of mission model, it is second edition.
It is visual flight version Falke.
Fledermaus + Falke is the idea that I was thinking for a long time,
I called the frame Fleder Falke.
However, Fledermaus because it is a regular name in the Shutoral Demokratische Republik, I have a new name.

材料:
ハセガワ 1/20ファルケ
日東 1/20 フレダーマウス
1/35 ファイアボール(スラスター)
バンダイ1/100GM改足(スラスター基部) など
塗装:
基本色  クレオス Mrカラー306グレー+308グレー他
カウンターシェイド Mrカラー305グレー+ジャーマングレー+軍艦色他
識別帯 ガルグレイ+白(日の当たる部分に薄めた白を軽く塗ってあります)
ロケット部 オリーブ+黒(こびりついたオイルみたいな色で結構便利です、この色)
※仕上げのつや消しクリア以外は筆塗りです。
Material:
Hasegawa Falke 1:20 scale
Nitto Fledermaus 1:20 scale
Hobby Base FireBall 1:35 scale(thruster)
Bandai RGM-79C 1:100 scale (leg) and etc,.
Paint:
Basecolor: GSI creos 306 +308
Countershading: GSI creos 305 +german gray
Identification band: gull gray +white
Rocket nozzle part: olive+black
※ Except finish is brush painting.


FlFk03.jpg

FlFk04.jpg

脳内妄想設定
元はPuf.85/40 シュライクとして、J40(S)パイロットの機種転換訓練に使われていた機体。
退役機や破損機から細々と生産されていた。
ベテランパイロットの要望や現場の指揮官からの要請で、アップデートされ
ファルケの支援攻撃機として実戦に投入された。
武装をペイント弾からファルケと同様のガトリングガンに換装、
パイロンにはセンサーのほか、爆弾も装備出来る。
J40に搭載されていた各種センサーも追加され、J40と同様の感覚で飛行出来るようになった。
戦闘空域での推進にはロケットが使われるため滞空時間は短いものの
加速性能が良好で被弾率がファルケより低くなっている。
後部に追加されたスラスターは低速時/ホバリング時の射線制御の為の装備で、
命中率も高くなっている。
装甲が薄く、視界も狭いのでベテランパイロットや教官経験者以外の
搭乗は許されていない。
ニックネーム”Sergeant”

Self own scenario
Base as Puf.85 / 40 Shrike, had been used in the model conversion training of J40 (S) pilot aircraft.
It had been small things produced from decommissioned machines and damage machine.
It is updated at the request from the request and field commanders of the veteran pilot, it was thrown into combat as Falke support attack aircraft.
Retrofit armed from paint bullet to similar Gatling gun Falke, the pylon other sensor bomb can also be equipped.
Various sensors that have been installed in the J40 also added, It got to be able to fly in the same sense as the J40.
Although flight time is short because the rocket will be used to promote in combat airspace, acceleration performance has been good hit rate is lower than Falke.
In equipment for the ray control at the time of the thrusters that have been added to the rear low speed / hovering, hit rate of Gatling gun also is higher.
Armor is thin, visibility is also narrow, boarding other than the veteran pilot and instructor experience is not allowed.
Nickname "Sergeant"

※現在入手可能なウェーブ製A.P.50 フンメル1/20キットにフレダーマウスの機首/コクピットパーツも含まれています。
※Nose / cockpit parts of Fledermaus to currently available Wave made AP50 Hummel 1:20 scale kit is also included.

コメント有り please comment
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(4) | 模型model | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする