2016年04月10日

利根次型重巡洋艦 Next Tone class heavy cruiser

NextTONEclassCA.jpg
宇宙巡洋艦吉野をデザインしている時に
阿賀野や大淀そして大和と同じデザインラインに則った
利根の次に一等巡洋艦(甲種巡洋艦)として当初から設計された
重巡洋艦が欲しくて、
キノシタ提督の掲示板などで考えていた艦がありました。
その艦を描いてみました。
When I have designed a space cruiser Yoshino,
I wanted ship in accordance with the same design line
as Agano, Oyodo and Yamato,
the heavy cruiser that was designed from the beginning as
a first-class cruiser (KOU Class cruiser) of next Tone class,
that was thinking at Admiral Kinoshita’s bulletin board.
I tried to draw that ship.

20.3cm砲の三連砲塔を積んで、米海軍のボルティモア級重巡洋艦に
対抗できる性能が基本です。
格納庫は艦中央にするか艦尾にするか迷いましたが
ボルティモア級同様、艦尾にしました。
Equipped with a triple turret of 20.3cm gun, it is the basic performance
that can compete with Baltimore-class heavy cruiser of the US Navy.
Although hangar was lost either in or stern to ship center,
Baltimore-class Similarly, it was in the stern.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(10) | その他のメカ Other Mechanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする