2016年08月23日

ガトランティス旧世代空母 Gatlantis older generation carrier

GES_Wasspalcaya.jpg

ネット某所で見かけた、双胴大戦艦という言葉に反応して
双胴はカタマラン→ならいっそトリマランのほうが強そう、
→トリマランなら滑走路つけられる、から生まれた空母です。
2202では絶対に登場しないであろう船なので、安心して描きました。
I saw on the net somewhere, by association from
the keyword “twin-hall Gatlantis large battleship”,
Catamaran is catamaran,
→Nara Better yet strength prefer the trimaran likely,
→It is with the trimaran if runway,
Is the aircraft carrier, which was born from that story.
Because the ship that would not appear absolutely in 2202,
I drew in peace.

旧世代なので、プラランカに準じた砲身のある砲塔です。
少し超巨大戦艦のエッセンスを入れています。
実物あるいは設計図が残存していて、そのレイアウトが
バルゼー提督空母に繋がったっぽいシナリオです。
船体や甲板の回転はしません。
外側の滑走路が主に着艦用、中甲板のカタパルトから発進します。
Since the older generation, equipped with a turret with a gun barrel in accordance to Plalanca.
Put the essence of a little Giant Battleship.
Prototype ship or blueprint is remained, it is the scenario that this layout has led to Barzee giant carrier.
No rotation of the hull and the deck.
Mainly, outside deck For landing, take off from a catapult of the medium deck.

コメント有りです please comment


posted by 禅芝zenseava at 18:00| Comment(4) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする