2016年09月18日

EFB-4070 航宙戦艦ローマ Space Battleship ROMA

EFB-4070ROMA.jpg
WW2時の戦艦ローマをリスペクトした航宙戦艦です。
概ね砲塔の数は合わせましたが、副砲だけ難しかったため
展開式のウイングの先端に配置しました。
Space battleship that respect the battleship Rome of WW2.
But generally the number of turret was in accordance with
the original ship,
because it was difficult only Vice cannon,
It was placed at the tip of the wing of the expansion equation.

2343年就役。
コンカラー級重航宙戦艦の改良艦として
西暦2337年から建造が開始されたザクセン級の6番艦。
ドイツ連邦軌道工廠で建造された。
ザクセン級は、従来艦首にあった波動砲を若干小型化したうえで
前級コンカラー級で補助艦艇を格納していた船体両弦に装備。
可動式にして上下の目標にも対応できるようにした。
波動砲尾部には反動吸収スラスターを装備して、
重力アンカーに依らない反動吸収を行った。
Commissioned in 2343.
Sixth ship of Saxony class heavy space battleship
that building from 2337 has been started as
an improvement ship of the Conqueror class.
Built in the German Federal orbit arsenal.
Saxony class, downsized Wave-motion Gun, there was the bow in conventional ship,
equipped hull both broadside that had been stored in the auxiliary vessels in the Conqueror class.
It was to be able to correspond to a target of up and down movably.
The wave motion gun tail equipped with a recoil absorption thrusters,
was recoil absorption that does not depend on the gravity anchor.

コメント有りです please comment


posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(4) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする