2016年11月20日

ウルトラマン最終話迎撃機 ULTRAMAN last episode interceptor

F103FJ_Senko.jpg

F103FJexplanation.jpg

ウルトラマン最終話、円盤を迎撃する場面で登場した
謎の自衛隊迎撃機を私風に描いてみました。
In ULTRAMAN last episode, JASDF interceptor of the mystery that appeared at the scene to intercept UFO,
I tried to draw my style.
(2016.11.20現在関東地方ではTVKでウルトラマンが放送されていますが
 最終回は年末あるいは年明けに放送される見込みです。)

画面上ではシルエットしかわかりません。
形状も細部も不明です。
ファンの間でもその正体はわからないようで,
イラストレーター・メカアナリストの青井邦夫さんも
よく分から無いとツイートしています。
It isn’t understand only silhouette on the screen.
Shape purse is also unknown.
Like its identity is not known even among fans,
Kunio Aoi illustrator/mechanical analysts also tweet and do not know well.

今回描くにあたって武装はちょっと多めに、色はSu-24風にしました。
In draw this time, armed to a little generous, color was like Su-24.

以下は脳内設定です。
The following is a setting in the brain.

- F-103FJ 閃光 Senko -

リパブリックが開発し途中で中止となったXF-103を
地球防衛軍極東支部技術研究所が引き取り、対宇宙侵略機用迎撃機として
設計し直した機体。
NASAからX-3スティレットの設計情報の提供を受け
融合させた機体になっているため、F104と類似した戦闘機とも言え
原型のXF-103とはかなり異なった外観になっている。
J57ターボジェットをベースにアフターバーナー部を分離し
ラムジェット化した複合エンジンJ62-R-60を双発で搭載.
空力改善のためX3やXF-103同様コクピット/キャノピーは
胴体内に配置されている。
翼下にブースター接続部・武装ポッドを兼ねた主脚収容庫を設けた。
航空自衛隊に配備されF-103FJ 閃光と命名された。
This aircraft is re the public of the XF-103 take-off is Earth Defense Force,-Far Eastern Branch Institute of Technology,
was re-designed as a counter-space invasion machine interceptor.
Since that is a airframe that combines receives the provision of design information X-3 stiletto from NASA, have become fighter similar to F 104.
It has become very different appearance from the XF-103 prototype.
J62-R-60"- Based on the J57 turbojet, composite engine was ramjet of separation of the afterburner section.
Equipped it with a twin-engine.
Cockpit / canopy for aerodynamic improvement was placed in the fuselage, same as X3 and XF-103.
The pod which also serves as a booster connection port, armed cabinet, and the main landing gear houseing provided in under the wing.
Are deployed in the Air Self-Defense Force was named F-103FJ Senko.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(6) | その他のメカ Other Mechanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

2輪の話 About the two-wheeled vehicle

Sorry, this content is japanese only.
This article is a column about the two-wheeled vehicle.

bike1.png

125ccバイク免許報道について

125cc、原付二種までの二輪車を普通自動車免許の付帯免許とするように
法改正が提案されているとニュース報道されています。
加えて、先のホンダとヤマハとの原付バイク共同生産との報道です。

近年日本の二輪車産業はかなりピンチな状況で
中でも国内向けに特化している50cc原付一種は大変な重荷に
なっているそうです。

世界では125ccバイクがベーシックバイクとして標準となっているそうです。
これを国内でも最低ライン車両として位置付ければ
国内向け、輸出向けと共通設計で生産することで
台数の増加やコストダウンを見込むことが可能です。
すでにアジアにある2輪メーカーの工場では盛んに作っています。
このあたりが今回の免許改正の目的なのではないかと思います。

加えて国内の道路交通の安全対応も行えます。
125ccだと普通に車の流れに乗れます。
車種としての速度制限がなく、道路の速度制限に順次ればいいのです。
ちょっと乱暴な話ですが。
付帯免許とする条件として制限するとすれば、普通に60kmとしておけば
問題はないでしょう。
付帯は条件付き・申し出制として、丸1日の講習を必須とするという
ことでどうでしょうか。
あるいは自動車教習の教習日程に最初から丸一日入れてしまうのも
良いかもしれません。
そうそう、任意保険にも特約があるので原付二種まで条件にいれたものを
作れますね。

これで需要が広がる可能性があるのは、ミニカーの上位車種への移動です。
いわゆる昨今超小型モビリティーといわれているものです。
これを小型車ではなく原付二種として認定してしまう方法です。
125ccのエンジンまたは同等性能の電動車で4輪一人またはタンデム二人乗り、
現在超小型モビリティーの大きさは軽自動車と同じ大きさまでとされていますが
ここはミニカーと同じに止めてしまいます。
低価格のシティコニューターとして使い勝手はいいと思います。
ヘルメットが嫌でバイクに乗らないひとは少なくないでしょうし。
一人乗りにして後ろはカーゴスペースにしてもいいし、
ホームセンターに買い物に行くには丁度いいでしょう。
当然安全基準は高くします、オプションでエアバッグをつけてもいいでしょう。
普通免許を返上したあとの交通手段としての役割もはたせるかもしれません。
軽トラックに変わる田舎の標準車になれば、軽自動車という規格もいらなくなるかもしれません。
そうすると貿易障壁も無くなりますからいいことずくめです。
自動車専用道路と高速自動車国道を走行することはできませんが、
車庫証明が不要です。
まぁ車検はあった方がいいんですが、定期点検必須くらいかな。
この車種の電動車のみ進入可能な特別区とか設定してもいいですよね。
カーシェアリング用の車両としても使い勝手がいいでしょうね。
もしかしたらこの原付二種のみの免許で一生過ごすひとも出てくるかもしれません。

小型輸送業界にも影響があるでしょう。
蕎麦屋は別として、郵便や宅配便の街中の運送は
超小型モビリティーで事足ります。
小さいので道路への停車もさほど問題視されない、
運転手一人で済むかもしれない、という利点も出てきます。

(今回の報道をうけて、どうも政治力の強いトヨタの影が見え隠れ
するなぁと思いましたが、すぐ後にトヨタとスズキの提携のニュースを
聞いて、ますますその思いを強くしました。
レースもやる今の社長に変わってから、日本の自動車産業・自動車文化のために
いろいろ働いてくれているような気がします。
ただ、軽自動車が疎ましいと思っているトヨタの思惑に沿って
動いてるとは思いますが)

bike2.png

モノホイーラー

1輪の大きなホイールの中に人が入って運転する
モノホイールバイク(1輪なので”バイク”と呼ぶのはおかしいですが)を
映画とかで見かけますが、あれって実現できたら
案外実用的なんじゃないかと思います。
当然映画の中のようにタイヤむき出しノコギリ付きっていうわけには
いきませんが、全体をカバーで覆えばそこに天井ができるわけですから、
屋根が付くということになるんですよね、雨の日でも使えます。
くわえて、シートとシートベルトを義務化すると
人がホイールに守られるので、事故などのときに放り出されることもなく
安全な車両になると思うのです。
左右に壁を作って閉鎖式のコクピットにするか、
安全バーなどだけの解放式にするかは
決め無いで両方作ったら選択肢が広がります。
同じ車種で大きい人向けと、小柄な人向けを作る必要があるかもしれません。

一輪のままだと前方視界がほぼ無いので、左右2輪にして
真ん中を空けたほうがいいとは思います。
そうなると、たぶんセグウェイの両車輪を大きくして
真ん中に寄せて、その中に運転席がある感じになるでしょうか。
これは左右で二輪なのでバイクと呼んでもいいかもしれません。
左右の車輪で段差をつけられるようにして
旋回時に無理なく車体を傾斜させる必要があるので
若干技術的なハードルは高いかもしれません。

大きな利点としては、タイヤの半径が大きいので、
多少の段差は簡単に乗り越えられえます。
場合によっては50cmの段差も超える車両ができるかもしれません。
なにせタイヤ半径までの段差は乗り越えられる物理法則がありますから。
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | その他のメカ Other Mechanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする