2017年06月25日

対艦グレネード投射機考察 Consideration of anti-ship grenade projector

MBBgrenade.jpg

アンドロメダ級やドレッドノート級の艦首上面左右についている四連対艦グレネード投射機。
私も巡洋戦艦マッキンリーに装備していましたが、
あれって円断面なのでぐるっと真上に回るようにできますよね。
給弾装置などがあるので後方に結構なスペースは必要ですが、上に回して左右の投射機から打ったら、ビジュアル的には面白そうな気がします。
マッキンリーは上下の間隔が狭くて回すのは大変そうです。
アンドロメダ級やドレッドノート級には上にしかないので下には打てず、そこは少し残念な点です。。
A four-way Anti-ship grenades projector that is concerned with the top and bottom sides of the bow of the Andromeda class BB and the Dreadnought class BB.
I was equipped with a battle cruiser ship McKinley,
Because it has a circular cross section, you can make it turn around just around the corner.
There is a bullet feeder etc., there is a fair space behind, but if you turn it up and hit it from the left and right projector, it feels like it will be visual.
McKinley seems to be hard to turn because the interval between the top and bottom is narrow.
Since it is only on the Andromeda or the Dreadnought class BB, it can not be hit under, it is a bit disappointing.

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(6) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする