2018年04月16日

肩載せ型スピーカーの興亡とBluetooth

ShoulderSpeaker.png

今巷では肩に乗せるタイプのスピーカー?ヘッドフォン?が
少しづつ人気を集めています。

ソニーのこれは売れすぎて注文受付凍結中(4/20現在再開時期未定)
□ソニー震える“肩のせ”スピーカー2.5万円で「音に包まれるような視聴体験」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1074257.html
こちらも大御所参入で音はこっちがいいとの評判
□ボーズの“肩のせ”Bluetoothスピーカー。驚きの低音、長時間でも快適。
 ソニーとの違いは?
https://av.watch.impress.co.jp/docs/review/review/1113697.html



加えて続々新製品が開発されているみたいで、ついにJBLも参入
□JBL初“肩のせ”スピーカー「SOUNDGEAR」。TVの音も“自分だけの空間”再生
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1116966.html
これも肩載せに近いのかな、イヤフォンなのにオープンタイプ
□周りの音も聞けるソニー左右分離イヤフォン「Xperia Ear Duo」。
 声でLINEやradiko
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1116353.html
これもかな?
□“耳を塞がないイヤフォン”が無線に、ambie「wireless earcuffs」。1.2万円
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1115278.html



ところで、Bluetoothでの接続コーデックはどれも
SBC、aptX、AACには対応しているようですが
(ソニーSRS-WS1は従来の無線接続です)
実はこの記事によると、音を省いてる部分はあるようで、
直結より音質は悪いみたいなんですよね。
□藤本健のDigital Audio Laboratory
 iPhoneからBluetoothで聴くと音質はどう変わる? 波形で比較した
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/1115911.html

ざっくりいうとBluetoothは128~192kbps以下のエンコードしか
やってくれないということです。
主に遅延対策なんだとは思います。
今はAACでも256kbsが標準だしLossLessで600kbs〜1000kbs、
非圧縮だと1440kbsということになっています。
なので、ハイレゾを聞くぞーといってBluetoothを使っちゃったら
大いに間違いということになってしまいます。
ぶっちゃけ、耳がどこまで聞いてくれるかっていうのが
一番の問題ではありますが。

私はいつも作業しながらソニーのサラウンドヘッドフォン
MDR-DS7100をつけて音楽やアニメや映画を流しています。
(サラウンドヘッドフォンとしては二代目、
 最初のはオープンヘッドフォンでした。
 最新型WH-L600が先月発売されました)
ワイヤレス接続+バッテリー内蔵なので、
自由に部屋の中を動けるのが便利で使っています。
私のような”ながら聞き”や肩のせ型なら、128kbpsの音質でも関係ない
感じもしますが、たまにBlu-rayの作品を見るときにも使うので、
ホントは音が良い方がいいですね。



※2018.4.17追記
今日また新しいBluetoothのコーデックに関する記事が出ていました。
□BluetoothのaptX音質をテストしたら、謎の結果が出てしまった
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/1117171.html
どうも従来の音質が悪いと思われていたSBCコーデックでも
良い音がする場合があって、規格上328kbpsまで設定されている模様。
ただ肝心のaptXの状況がよくわからず、という結果だそうです。
posted by 禅芝zenseava at 15:22| Comment(0) | デジタルガジェット Digital gadget | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

ヤマト2202模型紹介

すみません、なかなか絵を投稿できなくて。
忙しいのと花粉で、休みもまともに動けないものですから。

長らく紹介しないうちヤマト2202プラモデルもたくさん増えたので
1万円以下のものだけ紹介しておきます。
(アマゾンの商品リンクがいつに間にかスッキリ綺麗になってますね)

4月発売はこの2つ、どちらも4/19日出荷予定です。
メカコレクション ガイゼンガン兵器群 カラクルム級戦闘艦 ¥972-
メカコレクション ガイゼンガン兵器群 カラクルム級戦闘艦 2機(緑と白)セット ¥1,836-
5月発売はこれ、
メカコレクション 地球連邦アンドロメダ級 三番艦 アポロノーム ¥864-
6月発売はこれ、
メカコレクション 99式空間戦闘攻撃機 コスモファルコン アポロノーム搭載機 ¥540-
以前の色変えですが、新しいシールと黒い台座が付いてきます。
あと、6月末に待望の再販がされるようです。
メカコレクション 地球連邦アンドロメダ級 一番艦 アンドロメダ ¥756-



発売済みは
地球連邦主力戦艦 ドレッドノート級 ドレッドノート 1/1000 ¥4,860-
(三月末に再販されたので、所々に在庫があります)
ヤマト型一番艦 宇宙戦艦ヤマト2202 第一次改装型 1/1000 ¥5,940-
(主役なのにたまにバーゲン対象になってます)
メカコレクション 宇宙戦艦ヤマト2202 プラモデル ¥648-
(かっこいですがこちらも若干影が薄い気がします)
地球連邦アンドロメダ級 三番艦 アポロノーム(空母型) 1/1000 ¥7,020-
(電飾が無いのでお買い得ですが、戦艦版にするには部品が足りません)
地球連邦 宇宙戦艦ゆうなぎ艦隊セット 1/1000 ¥3,240-
(最初に発売されたワープもできる高性能艦ですが、やはりただの色変えでは...)



この後なにが発売されるのか、いろいろ心配です。
(ちなみに機動戦士ガンダムThe Originもアニメプロジェクト終了だそうで
 本編部分は無し。TV放送やネット配信に移行でもし無い限り、
 模型も終了でしょうか。最後がFSDというのもなんか残念)
posted by 禅芝zenseava at 23:05| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。