2008年07月06日

How to draw Machanics 2-Draft メカ絵の描き方 2-下書き-

補助線を描いていきます。補助線によって正確な形状や辻褄のあった形を描きます。
まず船の中心を通る軸線です。天城の場合船体が円筒形なので特に重要になります。(紫の線)
つぎに水平線を描きます。水平線は用紙の上下の辺と平行に描くほうが描きやすいでしょう。
上から眺めたような絵のときは、水平線を描けませんので、かわりの補助線を船の外側に近いところに描きます。
軸線と水平線(または第2の補助線)の関係で
どこから見た絵なのかが決まりますので慎重に決めます。(赤の線)
A supplementary line is drawn.
Shape with accurate shape and the street skirt by a supplementary line is drawn.
It is an axis line that first passes center of the ship.
Because the hull is a form of a cylinder for Amagi, it becomes especially important. (purple line)
Next, a horizontal line is drawn. It will be easy to draw drawing in parallel to a top and bottom of the form vicinity in a horizontal line.
A supplementary line of the change is drawn near the outside of the ship
Because whether it is a picture seen because of the axis line and the horizon where
is decided, it carefully decides it. (red line)
shitae15.jpg

軸線は、船の前後を結ぶ補助線ですが、左右を結ぶ補助線も必要です。
マストや、左右対象なアンテナや翼がある場合はそれを基準に描きます。
天城の場合、左右の補助線が船首の前で水平線と交差しました。
この点は消失点と呼ばれて、遠近法の絵を描く場合非常に重要な点です。
左右を結ぶ全ての線は消失点から始まっています。消失点に近い線は垂直に近く、
離れた線は水平に近くなり、最後は水平線と重なってしまいます。
前後を結ぶ軸線の先にも、じつは消失点があって、水平線と交差しています。
ただあまりにも絵から離れているため、下書きの紙の中には描けなかったのです。
軸線や船の左右を結ぶ線は、1本では足りませんので増やしていきます。
左右を結ぶ線と平行な補助線、たとえばブリッジの窓の位置、複数並んだ砲口の位置
左右船尾翼の先の位置などは、消失点を出発点にしてに長い定規で引きます。(ライトブルーの線)
A supplementary line where the right and left is connected is necessary though the axis
line is a supplementary line connected before and behind the ship.
It draws based on it when an antenna and mast and a right and left object alar.
A right and left supplementary line had intersected with a horizontal line for Amagi before the prow.
This respect is called a vanishing point, and when the picture of perspective is
drawn, a very important point.
All lines where the right and left is connected start from a vanishing point.
A line shortly away vertically becomes the horizontal in the vicinity in a line near the
disappearance point, and the end comes in succession with a horizontal line.
Also on the tip of the axis line where the back and forth is connected, there is
a vanishing point, and it intersects with a horizontal line.
It was not possible to draw in the paper of the draft because it was too away from the picture.
Because the line where the right and left of the axis line and the ship is connected doesn't suffice in one, it increases it.
A supplementary line parallel to the line where the right and left is connected pulls the
disappearance point to the starting point with a long rule. (line of light blue)

ところが船の軸線と水平な補助線は基準がありません。
そこで、船の前と後に水平線と垂直に線を引き、その線上を
水平線と軸線の距離と同じ長さで、等分に区切っていきます。
前と後それぞれの同じ順番の点を結んだ線を引くと、絵の中には見えていない
船の後にある消失点から出発した線になります。(黄色の線)
However, standards are not in an axis line of the ship and the horizontal
supplementary line.
Then, the ship front and after, the line is vertically drawn, and it
delimits on the line to capitation with the horizon by the same length as
the distance of the horizon and the axis line.
When you draw the line where the point of each same order was connected ahead
It becomes a line that left the disappearance point after the ship not seen
in the picture. (yellow line)
(ここで引いた線同士の間隔は、等しい距離で並んではいないことに注意しなければなりません。
遠近法の場合、実際に等間隔で並んでいる線は遠くに行くほど間隔が狭まって見える性質があるからです)
ここで描いた補助線のことを、私の近辺ではパースライン、またはパースグリッドと言っています。
略してパース、という事もあって、パースが狂ってるゾと言われたときは
この補助線が狂ってることを言いますので書き直しです。
 (ちなみに上下方向についても消失点があります。ただ人間は左右に目があって、
地面も水平に広がっているため、通常目の前に見える物体について、
左右の遠近感については非常に敏感なのですが、上下についてはあまりそれを気にしません。
それで上下の遠近については無視して描いています。これを2点透視図法といいます。
もちろんこの世は3次元なので上下の遠近感も入れた3点または4点透視図法を使うこともあります。
建物や高いビル、エントツや深い縦穴、巨大なものなどはこの方法を使います。
CADや3Dモデラーでは4点透視図法が基本ですが、手描きの場合手数を減らして早く仕上げるために
この略した2点透視図法も多く使われます。)

次に、船体の基本断面である楕円の補助線を引いて行きます。
円は真正面に見えるときは縦横の長さが同じですが、垂直の線を中心に
左右に振って見ると左右の幅が狭くみえます。これが楕円です。
そのまま左右に振って、90°回転させると直線になって円の形は見えなくなります。
円筒や、円形断面を持つ形状は、このような円が楕円に変化しながら見えていく状況を
そのまま使って描いて行きます。
Next, an oval supplementary line that is a basic section of the hull is drawn.
When seeing it in the front, yen looks narrow right and left width when a
vertical line is mainly shaken right and left and it sees though is the same
the length of length and breadth. This is an oval.
It becomes a straight line if it shakes right and left as it is, and it rotates
by 90° and the shape of the circle disappears.
Shape with the cylinder and the circular section uses as it is and draws the
situation that seems that such yen changes into the oval.

断面形の楕円は、船の後方の紙に描けなかった消失点で円形にみえます。
船首に行くにしたがって左右の幅の少ない楕円になっていき、船首の先にある消失点で
船体を真横からみることになって断面は楕円でなくなって直線になります。
この船尾と船首の間、ノズルや段差、最大直径部分や直径が変化する部分など、基準にしたい部分に
楕円を描いて行きます。
断面の楕円は、その円を通る軸線に対して必ず長い辺が垂直になるように描きます。
船の軸線が斜めになっているからといって、歪んだりするわけではありません。(ライトグリーンの線)
これは砲身の仰角がいくら変化しても砲口やその段差の楕円が歪んだりしていないことを
よく観察すればわかります。目の前にあるペンやコーラの缶を傾けてみてもわかります。
絵を描くときに、このことを知らなくて歪んだ断面を描いてしまうひとがたくさんいます。
これに気を付けるだけで絵がより正確に見えるようになるので心がけましょう。
The oval of the section type is seen the circle with the disappearance point that was not
able to be drawn on paper behind the ship.
Right and left width becomes few ovals while going to the prow, and the hull will be seen
from true side with the disappearance point with the prow previously, and the section is not
an oval, becomes, and becomes a straight line.
The oval is drawn in the part like the part etc. where the nozzle, the difference, the
maximum diameter part, and the diameter change during this stern and the prow that wants to be based.
The oval in the section is drawn so that the long vicinity is sure to become vertical for the axis line that passes the section.
It is not because of distorting because the axis line of the ship inclines. (line of light green)

どこにどのくらいの長辺と短辺の比率の楕円を描くかは、図法を使えば正確に出す事が出来ます。
わたしは図法を使って正確な楕円を描くのは手間がかかるので楕円定規を使って描いています。
半透明なプラスチックの薄い板に沢山の種類の楕円の穴が空いている
テンプレートで、エンピツやインクペンを穴にそって描くと、穴に応じた楕円が描けます。
昔は設計やデザインをする人はみんな使っていました。
現在はパソコンやワークステーションで設計やデザインをするのが主流になりましたから
専門店でもほとんど見かけなくなりました。
テンプレートでは、長辺の長さと、楕円の長辺と短辺の比率を角度で表した数値で、楕円の種類を表示して
真円を90°、線になったものを0°として、ほぼ15°間隔で楕円が用意されています。
私が持っているものは、15°から60°の楕円を6mmから60mmまで並べた96個穴の開いた大きなものと、
10°から60°を2mmから10mmまでそろえた2枚組の小さなもの2種類です。
この楕円定規を使って、どこにどの楕円を使うかは、勘です。
船尾ノズルは60°か45°、あとは遠近感の表現に応じてその時々で決まりは作っていません。
(時々船尾に真円を使うことさえあります)
(正確にはこの断面の楕円にも遠近による影響で、中心より向こう側は小さくみえたりするはずです。
向こう側と手前の曲線も同じなはずはありません。しかし正確に書いた断面と単純な楕円とでは、仕上がりの見た目に
さほど大きな違いが出るわけではなく、楕円を使って余った時間を他の部位の書き込みに費やしたほうがより効果的なのです。)
If the drawing is used, where the oval of a ratio that is how much vicinity of length and
short near is drawn can be put out accurately.
Because it is time-consuming to draw an accurate oval by using the drawing,
I am drawing with an oval rule.
It is a template by which a hole oval many kinds of has become empty a thin half
transparent plastic board.
It is intuition which oval where to use with this oval rule.
The stern nozzle is 60° or 45°, and regulations is not made from each occasion
according to the expression of the perspective.

補助線がほぼ描けたところで船体の形状、こまかい部位の形状を書き込んでいきます。
デザインを決めていない部位もありますので描きながら考えます。
部位のデザインが2種類あって、決められないときは両方を重ねて描きます。
描いては直しかいては直し、徐々に全体の形状をを書き上げます。
The shape of the hull and the shape of a detailed part are written in the place
where a supplementary line was able to be drawn almost.
It thinks while drawing because there is a part to which the design has not been decided either.
Both there are two kinds of designs of the part, and no decision are drawn repeatedly.
It mends when drawing or it mends, and whole gradually shape is finished writing when is.
shitae2.jpg
これが下書きの描き上がったものです。
絵を描く全体の中で下絵を描くのが最も時間が掛かります。
短くて1週間、長いもので半年かかっています。
下書きの段階では直定規、楕円定規のほかに、奇麗な曲線が必要な場合雲形定規という曲線ばかりでつくったテンプレートも使います。
対空砲の外形などには真円のテンプレートもつかいます。
仕上げの線画はフリーハンドで描きますが、下書きに定規を使うことで、
より正確に見える絵を描く事が出来ます。
This is what of the draft drawing goes up.
Drawing the rough sketch in the whole that draws the picture hangs and the time hangs.
It is short and has taken half a year for one week in the long one.
The template made only from the curve of French curve when a beautiful curve besides a straightedge
and an oval rule is necessary is used at the stage of the draft.
The picture that looks more accurate can be drawn by using the rule for the draft
though the line drawing of finish is drawn by the free hand.

※This English uses and is a translation of the translation site of WEB.
 There are contents not translated accurately either.
 There are sentences that omit the translation of part, too.

-第3回-線画-に続く
It continues to the 3rd chapter -Line drawing-
posted by 禅芝zenseava at 14:45| Comment(0) | How to draw Machanics メカ絵の描き方 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください