2008年08月31日

How to draw Machanics 4-Paint Material color メカ絵の描き方 4-彩色素材色-

Request to reader : 
Please be yourself all sentence translations.
Though it explains with the Adobe Photoshop,
because it works in a Japanese version
The name of each tool, the action, and the part
might be different from an English version.

色を塗っていきます。
フォトショップのレイヤーを利用して、工程を分けて作業します。
このほうが修正やバリエーション展開が楽だからです。
工程は大きく次の5つに分けます。

1.素材 2.船体色 3.陰影 4.ハイライト 5.背景

各工程に1つのレイヤーを割り当てて、それぞれ名前をつけます。
場合によって、1つの工程を2つや3つのレイヤーにわけても良いでしょう。
テキストグラフィックは一つの文が1つのレイヤーになりますので
特に上にあげたレイヤーに統合しません。
Color is painted
Making use of the layer of the Adobe Photoshop,process you work separately.
Therefore this one correction andvariation expansion ease is.
As for process you divide into next 5

1. Material 2. Body color 3. Shading 4. Highlight 5. Background

Allocating one layer to each process, you acquire name respectively.
With when, 1 process it is good to 2 gloss 3 layers being able to
divide, probably will be.
Text graphics it meaning that one statement becomes one layer, does
not integrate to the layer where it increased to the especially top.

前回作成した線画を”線画”レイヤーにします。
オーバーレイ設定を”乗算”にして、もっとも上のレイヤーにします。
こうすることで彩色した色の上に常に線画が重なって見えるようになります。
この線画を彩色する範囲の基準にして色を塗っていきます。
The line drawing which the last time was created " line drawing"
layer and name are attached.
With overlay configuration as "a multiplication", most it puts in the layer above.
Like this always the line drawing being piled up on the color which is colored by
the fact that it does, it reaches the point where it is visible.

彩色するにあたって、私は事前に用意したカラーパレットを使っています。
このパレットを使うことで複数描いた絵に統一感が出せます。
必ずしもこの色をそのまま使うとは限りませんが、色を選ぶ手間も省けますし
作業の効率が上がります。
EDFcolorpallet.jpg
When it colors, I use the color palette which is prepared in advance.
Multiple is drawn it can put out to the picture which the standardized impression
by the fact that this palette is used.
Always, this color does not limit is used with that way, but you can exclude also
the time which chooses color and efficiency of job rises.

素材レイヤーを選択して、素材パーツを塗っていきます。
ここで素材と呼んでいるのは、船体/機体の塗装色以外の部分で
1.ノズルや波動砲口など金属的なパーツ
2.コクピットやブリッジなど、内部が透けて見えている部分
3.航行灯や照明など光っている部分
4その他
など、塗装色と同じ表現をしたくない部分、陰影の影響を避けたい部分です。
このような部分をできるだけ多く作ることで、絵が単調になるのを
防ぐことができます。
基本的にはアニメーションのセル画と同じ様な手法で全体の色や陰影をつけていますが
素材感を持つ部分があることで、よりリアルな印象を持たせることができます。
material.jpg
Selecting the material layer, it keeps painting the material part.
As for calling the material here, in the part other than paint color of the hull/the fuselage,
1. Metal part such as nozzle and wave motion muzzle
2. Inside such as cockpit and bridge being transparent, the part which has been visible
3. The navigation light and the illumination etc. the part which has shone
4. in addition
As paint color it is the part where we would like to avoid the influence of the part
and the shading where similarly we would not like to express.
By the fact that this kind of part is made as mainly as possible, it
is possible to prevent the fact that the picture becomes monotonous.
Basically entire color and the shading are acquired with the technique
which is similar to the cell picture of animation,
by the fact that it is the part which has texture of the material,
from real it is possible to be able to give impression.

-第5回-船体色-に続く
It continues to the 5th chapter -Paint ship body color-
posted by 禅芝zenseava at 16:00| Comment(2) | How to draw Machanics メカ絵の描き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おやじさまの掲示板に載せた戦艦を、ここのやり方を真似て色付けしようと思います。
トライ&イエラーで数を多くやらないと上達しませんねえ。
次回も楽しみにしてます。
Posted by カズ at 2008年08月31日 18:15
こんにちは、カズさん。
大した情報は載っていませんが、どんどん盗んでいってください。
カッコイイ絵を私が一番観たいですから。
わからないことや、載っていないことなど、質問があったらどんどんコメントしてください。
Posted by 禅芝zenseava at 2008年09月02日 20:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]