2009年01月11日

How to draw Machanics 6-Light and Shadow メカ絵の描き方 6-陰影-

Request to reader :
Please be yourself all sentence translations.
Though it explains with the Adobe Photoshop,
because it works in a Japanese version
The name of each tool, the action, and the part
might be different from an English version.


陰影レイヤーを選択して、陰影を付けます。
陰影を付けることで、その形状や距離感/空間等を表現します。
Selecting the Shading layer, then put a Light and shadow.
We put in the shade, the shape and distance / spatial representation of the subject.
lightandshadow.jpg

陰影の表現には3つの部分あって、
そのうち「陰」は、光がものに当たっていない部分のことで
陰陽の陽が光が当たっている部分、陰が残りの暗い部分といえばわかりやすいでしょうか。
陰陽によって、物の形を表現します。
下図のように、形によって大まかな陰の付き方は決まっていて
ほとんどの形状は、この4つの組み合わせで表現してかまわないでしょう。
陰は光の来る方向で、その様子が違いますが
私は特別な場合をのぞいて、右斜め上60度から45度の方向から
光が当たっていると想定して絵を描いています。
この方向からの光が最も物の形を理解しやすいからです。
インテークや発射管の開口部などは
最も光の届かない部分ですので
奥まった部分をより暗くします
There being three parts in expressio of "Shadow",
One is "Shading".
"Shading" is a part where light doesn't hit the one.
The shape of the thing is expressed by Shading.
shading.jpg

2つ目は「反射」で、
光の中には、周りの別の物に反射して、元の光と違った方向から
やってくる光があります。
反射光を入れることで、物がより立体的に見えますし、
物が置かれた状況も説明する手段にもなります。
反射光は、主な光より弱くなります。
反射したものの色のついた光にすることもあります。
As for second with "reflection",
The thing looks more three-dimensional by putting the reflected light.
reflect.jpg

3つ目の「影」は、光が物にさえぎられてできる暗い部分で
遮られた物の後ろに暗い部分が投射されます。
影によって、物とものとの位置や奥行きを表現します。
落ちた場所の形状を表現する事も出来ます。
落ちる影は、さえぎられたものの形状によってかわります。
明かりの下でものを2つ持って、どんな形からどんな影ができるのが
よく観察しましょう。
簡略化した影を落としても、十分効果が得られることがあります。
大気のある場所では、物から離れて落ちた影は、輪郭がぼけます。
空気が無い場所の絵でも、演出上同じ表現をすることがあります。
3rd with "Drop shadow", light being blocked in the thing, the dark part
which develops,
The dark part is projected on back of those which are blocked.
The position and the depth of the thing and the one are expressed depending on "
Drop Shadow".
dropshadow.jpg

実際にモノに落ちる陰影を正確に表現するには、複雑な図学的な計算が必要になりますが
上記に上げたような簡易的な陰影を表現する方法の組み合わせでも、
モノの形状や置かれた状況を、比較的楽に表現する事が出来ます。
Actually the shadow which falls to the object is expressed accurately,
complicated figure study calculation becomes necessary.
It is possible even with combination of the method of expressing the
simple kind of shadow which was increased to description above to
express the form of the object and the circumstance which is placed,
relatively easily.

-第7回-最終回-ハイライト/航行灯/噴射光-に続く
It continues to the 7th chapter -last time-Vivid light/navigation light/injection light-
posted by 禅芝zenseava at 16:00| Comment(2) | How to draw Machanics メカ絵の描き方 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
『やまとは くにの まほろば』というサイトを運営していますsa-toshiと申します。
事後承諾のかたちになってしまいますが、当サイトに貴ブログへのリンクを設置させていただきましたので、お知らせに参りました。
私のサイトでは(つたないものですが…)メカの製作などしております。
Posted by はじめまして at 2009年01月12日 11:02
>sa-toshiさん
はじめまして。リンク確認しました、こちらこそ宜しくお願いします。
まほろばサイトにはもう何年も前から密かにおじゃましております。
ヤマト関係の模型サイトでは、おやじさんとこと双璧をなす偉大なサイトだと思っていますよ。
赤城とか、あんな仮想艦も楽しみだったりします。
世界中で立体の巡洋戦艦赤城が見れるのはまほろばだけですよね。今後も応援してます。頑張ってください。
Posted by 禅芝zenseava at 2009年01月12日 17:22
コメントを書く
コチラをクリックしてください