2009年01月18日

How to draw Machanics 7 last time-Vivid light/navigation light/injection light メカ絵の描き方 7最終回-ハイライト/航行灯/噴射光-

Request to reader : 
Please be yourself all sentence translations.
Though it explains with the Adobe Photoshop,
because it works in a Japanese version
The name of each tool, the action, and the part
might be different from an English version.


ハイライトレイヤーを選択して、航行灯、ハイライトなどを塗っていきます。
このレイヤーのみレイヤー設定を乗算でなく通常にして、他の上に塗り重ねるようにします。
レイヤーの順序も線画レイヤーより上にします。
Selecting the highlight layer, it keeps painting the navigation light and highlight etc.
Only this layer multiplication not to be layer configuration usually,
it paints with respect to other things and try to repeat.
The highlight layer from the line drawing layer it makes also the sequence of the layer, on.
highlight.jpg

航行灯を描きます。
航行灯は、夜間、相手の船舶がどちらを向いてどちら向きに進んでいるかを
判断して、衝突などをを防止するためのものです。
現実の船舶の航行灯は、向きや色などが法規で厳密に決まっています。
マスト灯は白。右舷灯(スターボード側)は緑。左舷灯(ポートサイド側)は赤
となっています。
ここで描くのは未来の宇宙船なので特に決まっていませんが、色だけはそれに従って描くと
多少それっぽい雰囲気になります。
おおむね、船体の前後上下左右の最も突出した部分に付けるとよいでしょう。
船体や羽の向こう側にある航行灯も、ハロー(光背、周りに広がった光)を描けばそこに航行灯があるのが
わかります。
白色灯も、白だけで描くと物足りないので、電球のような暖色系のオレンジや黄色い光にします。
青い航行灯というのも法規上はありませんので、アクセント代わりにところどころに
付けてあげます。
The navigation light is drawn.
The navigation light, the ship of nighttime and the partner facing,
which judging it is advanced to either direction, is something in order to prevent collision and the like.
As for the mast-head light white, as for the right side light (starboard side) green,
it paints the left side light (port side side) respectively with red.

噴射光は、メインノズルやサブノズルの後方に勢いをつけて描きます。
真ん中や噴射口に近い部分ほど、高温に見えるよう、白に近くします。
噴射光の色によって、エンジンの世代や敵味方を区別して描くことがよく行われます。
Giving momentum to the rear of the main nozzle and the sub nozzle, you draw injection light.
Due to the color of injection light, distinguishing the generation
and enemy and friendly of the engine, drawing is well done.

ハイライトは、物に当たった光が強く反射して見える部分の事を言います。
物の表面処理によって、艶の無いものは淡い輪郭で、艶があったり、反射率の高い表面の場合
点に近くなります。
表面が平だと、ぼやけて、筒や球だと、線や点になります。
EDFの艦艇の場合、主に使っているグレイのつや消し塗装にはハイライトは描きません。
暗い色や、鮮やかな色のにのみハイライトをぼんやりと入れています。
その場合、反射している部分に塗った色を、明るく鮮やかにして描きます。
艦載機などの透明なコクピットガラスにはかなり強いハイライトを入れます。
船体の分割線や部品の切れ目では、反射がおこりませんので
線にそってハイライトは消していきます。
The highlight the light which hit to the thing reflecting strongly,
is the thing of the part where it is visible.
Depending upon the finishing of the thing, as for those which do not have gloss
in the faint contour, there is a gloss, it becomes close in the place consent of
the surface whose reflectance ratio is high.
When the surface is flat, becoming blurred, when it is the tube and sphere,
it becomes the line and the dot.
So in the amount secant of the hull and the break of the part it does not reflect light,
it erases highlight complying with the line.

あとは艦番号や艦名を影付きの文字で入れます。
書体は、艦番号はITC Machine Mを、艦名は英文の場合ITC Machine M
ひらがなの場合JMSDF fleet fontを使っています。
時々使うロシア船籍艦のキリル文字は、ITC Machine Mに文字が無いので
別の書体を使います。
Ship number and Ship name are inserted with character of the shadow attachment.
As for Font of ship number and ship name ITC Machine M.

後はタイトルや艦名、署名を入れて、全体の大きさを整えて完成です。
これは今回描いたあまぎの、フォトショップ書類のレイヤーウインドウです。
(ちなみにフォトショップは現在CS3を使っています。昨年秋にCS4がでまして、ver7からのアップグレードが出来なくなるのでUG版CS3を買いました。
加えて新しいPCがインテルCPUのマシンでver7をネイティブで動かせなくなったので、それも理由のひとつです)
After title and warship name, inserting signature, arranging entire size, it is completion.
The figure under is, the layer window of the photo shop document of
the picture which this time is drawn.
amagilayer.jpg

完成した天城は次の記事に載せておきます。
It places Amagi which complete in the next article.

ここにあげたような、あなたが自分で統一した描き方を決めておくと
とにかく数をたくさん描きたい場合、描く船のデザインに意識を集中したい場合など
非常に楽に作業を進められます。
描き方は、人に寄っていろいろでしょうし、
わたしも、その時々によって描き方を変えます。
新しい描き方に変えたいと思ったら、気軽に変えてしまえばいいのです。
If it decides the how to draw was standardized, job can be advanced very easily,
When the large quantity we would like to draw number, when we would like to concentrate
consciousness on design of the boat which is drawn.

このサイトに上げた方法がみなさんの参考になれば幸いです。
If the manner which was lifted to this site becomes reference of everyone, it is fortunate.


終 Fin.

巡洋戦艦 天城 Battle Cruiser Amagi
第8回-特別偏 色変え- the 8th special chapter -Color variation-
posted by 禅芝zenseava at 16:00| How to draw Machanics メカ絵の描き方 | 更新情報をチェックする