2009年02月15日

波動砲艦 Wave-motion Gun Ship

SBBW245VESUVIO.jpg
通常の1.5倍の開口面積を持つ波動砲を4門搭載。
2基の、逆回転のフライホイールを持つ
砲撃専用の波動エンジンを装備。
拡散モード攻撃で、直径約1万kmの範囲の敵艦隊を
壊滅/行動不能な状態にすることができる。
主に波動砲エネルギー吸収剤散布ミサイルランチャー艦とともに
艦隊を組み、開戦時に先制攻撃を掛け敵艦隊を弱体化するのが目的である。
キノシタ提督のサジタリウスが精密狙撃銃であるのに対して、こいつは
ショットガン的な艦です。
陸軍の自走砲と似ているかもしれません。防御力はほぼ皆無ですし、
移動しながらの砲撃もできません。
The wave motion gun which has the opening area of normal 1.5 times 4 loading.
2, equipping the shelling dedicated wave motion engine which has the
flywheel of opposite revolution.
With spread mode attack, to put in devastating/incapacitation state it
is possible the enemy fleet of the range of diameter approximately
ten thousand km.
Perhaps it has been similar to the mechanized gun of the army.
Defensive power almost it is nil while and, moving, either shelling is
not possible.

2008.8投稿
posted by 禅芝zenseava at 16:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする