2009年06月21日

巡洋艦クリーブランド SCG-3055 USS Cleveland

USSCLEVELAND.jpg
ミサイル巡洋艦クリーブランドです。
私のイラストを3D化してくれたりして
いつも応援してくれるMr.Donのリクエストで描いた船で、
アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦フライトIIAを宇宙艦艇化したものです。
元の艦のイメージはあまり残っていないかもしれません。
AN/SPY-1フェーズドアレイレーダーは、光学センサーっぽく描き換えてあります。
It is guided-missile-cruiser Cleveland.
By ship drawn by requesting Mr.Don in which it always assists by making my illustration 3D.
It is the one that Arleigh Burke class DDG flight IIA was made a space warship.
The image of former warship might not remain so much.
AN/SPY-1 phased-array radar is drawn in the optical sensor and changed.

いつも新作はYamatoMechanics画像掲示板に投稿するのですが
ヤマト世界の艦艇っぽく仕上がらなかったので、
こちらに投稿しました。
Though I always contribute the new work to the YamatoMechanics image board,
It contributed here because it had not finished like the warship in the Yamato world.

コメント有りです Please comment.
posted by 禅芝zenseava at 17:40| Comment(6) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
主・補助エンジンが多っw
艦首の構成とか、全体の雰囲気が完結編時代の艦艇にも思えますね。
トリマランのアイディア含み?とか、下部の艦橋?とか盛り沢山で見ていて楽しいですね。
私も現用艦の宇宙艦艇化のアイデアがありますが、一向にポンチ絵から進みませんw
Posted by カズ at 2009年06月21日 19:33
何となくこんな船もありかもしれませんね……攻撃用ミサイルを撃ち尽くした後に逃げる為に推進装置を多めにしているとか……艦載機には偵察任務もできる観測機とか
Posted by YF-19k(kyousuke) at 2009年06月22日 00:01
ヴォイジャーあたりのスタトレも混ざってそうな感じですね。補助エンジンというよりワープナセルみたいで。というかそれ以前にUSSですがなw
なにはともあれカッコヨス!すばらしいです。
Posted by SKG at 2009年06月22日 22:41
カズさんご指摘の通り、最初は完結編のラインナップとして
仕上げようとしたのですが
ドンドン変化してしまって、その流れにまかせてしまいました。
推進ノズルについては、スターウォーズの艦艇とかって
ノズルいっぱい付いてますし
そんなに不自然じゃないだろうなと、こんな風になりました。
この数だと波動エンジンというわけにはいかないですよね。それでUS軌道艦隊となりました。
ワープナセル風というのも当たりです。
格納庫の扉周辺もスタトレのリスペクトで、
NCC-1701Aってあんな円錐状の扉になってますよね。
元はもうちょっと丸いですが。
USSとかHMSとかいう接頭語好きなんです。
日本の艦にも欲しいです。
Posted by 禅芝zenseava at 2009年06月23日 19:00
日本の艦艇の接頭辞はJDSもしくはJSです。帝国海軍時代はHIJMSもしくはIJNという接頭辞が使われていたそうですよ。最もほとんど知られていませんが・・・
詳しくはWikipediaの“艦船接頭辞”をご覧ください。
Posted by US-2 at 2013年12月29日 09:01
US-2さん、ありがとうございます。
これは2009年の記事ですので今は存じております。
IJNは別格として、JSってちょっと味気ないですね。
Posted by 禅芝zenseava at 2014年01月05日 08:50
コメントを書く
コチラをクリックしてください