2011年04月17日

艦載機発着艦ポートについて About shipborne plane landing port

landingport.jpg


ヤマトや沖田艦の艦底にある、艦載機発着艦ポートはハッチ方式です。
この方式は着艦の時って結構大変だよなと思っていました。
パイロットは疲れてボロボロだし、
壊れている機体もあるでしょう。
その状況で狭いポートめがけて、
スピードを調整し進入しなければいけません。
Shipborne plane landing port at the bottom of
the Yamato or Okita's ship are hatch method.
I think this method was quite hard when landing.
The pilot then has worn out,
there will be broken fuselage.
In that situation,
The pilot must enter a narrow port to
adjust the speed on fuselage.

そこで思いついたのが、YAMATO2520の
18代ヤマトの下部艦橋の発艦口の降下方式です。
劇中では別の開口部に着艦していましたが、あそこに着艦できればどうでしょう?
広めのプラットフォームに電磁フィールドや重力フィールドを
展開して、そこに着地できれば、楽なのではないでしょうか?
Then I thought of that,
descent method of 18th Yamato ship bottom bridge.
In the movie, landing was another opening, the landing if you do there?
Expand the electromagnetic field or gravity field on a wide platform,
If you can land there, It would be easy?

おそらく、発着艦は一機づつになりますから
総攻撃のような場合は煩わしいでしょうが、
実際の空母でもそこまで連続して発着艦してるわけではありませんし
空母で無い艦艇に設定するのならあまり問題にはならないでしょう。
防御の手薄な開口部の保護にもなりそうな気もします。
Perhaps the ship from landing aircraft will be one by one.
If you would like a general attack annoying.
Landing ships do, far from continuous in a real aircraft carrier is not,
If you set except aircraft carrier, will not be much problem.
Will also protect the opening of the weak defense.

絵ではわかりやすく伸縮式の昇降装置にしていますが
屈曲アーム式や、並行リンクを使っても可能なはずです。
フィールドによる射出や拘束ですので、前後どちらからでも
発着艦が可能です。
In the illustration has a telescopic lifting device to the clarity,
You can also use the arm bent and parallel links.
Because it is injection/restriction through the force field,
Is possible from either front or back landing for the ship

このようなシステムは、既にどこかのアニメで使っていそうな気もしますが
記憶に無かったので描いてみました。
Such a system like this, I feel already used somewhere in the animation or SF,
I drew it because I did not remember it.





posted by 禅芝zenseava at 16:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする