2012年05月27日

新東名 SHIN-TOMEI EXPWY

Sorry, this content is japanese only.
This article is about SHIN-TOMEI EXPWY was opened.


STEW01enter.jpg

GWで帰省するときに、新東名を通ってきました。
試しにiPhoneで車載動画も撮ってみました。写真は動画のキャプチャーです。
(車載動画は沢山の方がネットにアップされていますのでそちらをご覧下さい。iPhoneの車載については別記事で書く予定です。)




実に快適な道路ですね。
細かいカーブが無く、アップダウンも最小限で
道路の幅に余裕があるために、普通に走り易いです。
路面も平滑で、東名上ではガタガタ揺れていたiPhoneの画像もほとんど揺れなくなりました。

STEW02triway.jpg

インターチェンジのある区間は3車線になっていて
合流側の車線が増えているので、走行車線の車はほとんどそのまま真ん中の車線を走っています。
インターから入ってくる車を避ける必要もありませんし低速のトラックが合流してくる車を避けるために車線変更することもないので、それを気にする事なくそのまま走っていられました。
防音壁は写真のように上が透明になっていて景色が見やすくなっています。
これも道路を広く見せる要因になっていると思います。

アップダウンが無い所為なのか、トラックの速度低下もほとんどなくて
走行車線自体も東名より早く流れていた気もします。

理由はわかりませんが、走行車線を走っている車の間隔が
長くて、追い抜きも非常にスムーズに出来てそれも楽な感じに結びついていました。
スムーズさ加減で言ったら、東名の3車線区間よりスムーズな感覚でした。

途中のインターで降りたので、残りの西側も走ってみたいですね。
浜松SAの横の下り線に約4kmにおよぶ直線がありますので(すでにユノディエールとか呼ばれています)一度見てみたいです。

欠点というか弱点というか、
トンネルと橋脚の連続で、周りは山ばかりですので今どこを走っているのかが分かり辛いという点はあります。
それと、標高の所為なのか、風が非常に強くて開けた場所に来ると、結構横に揺さぶられる場合がありました。
橋脚上に吹き流しを設置してほしいですね。
(ネット上のレポートを読むと、霧が出易いとか、虫が多いという点もあるようです。
 山がちですから、おそらく雨も降り易い感じがします。)

トンネルの照明が、走行方向に向いて先行車が明るく見易かったのですが、
ドアの窓から入る光で、ダッシュボードが明るくなってしまったのが若干気になりました。

STEW03full.jpg

あと最大の難点はSAPAの使い辛さでしょうか。
車線上は相当空いているのですがほとんどのSAPAが満車か混雑の表示でNEOPASAと呼ばれる、商業施設を兼ねた場所だと
手前の路肩に入場待ち渋滞が出来て、非常に危険な感じでした。

空き表示の出ていた藤枝岡部PAに寄ってみましたが
普通車用の駐車場はほとんど満車で誘導路を2周ほどしました。
駐車場の誘導路は一方通行で、たまに出てゆく車がありますのですこし回っていれば止められないことはありません。
ただ、あの構造だと、出る車と入る車が’錯綜して混雑した場合出たいのに出られなくて、その所為で余計に混雑するという悪循環に容易に陥りそうです。
設計者はそのことを分かっていたのでしょうか?

STEW04fujiedapa.jpg

開通直後で、しかも大型連休ということもあって
かなりの普通車が大型の駐車場に回されて駐車していました。
これだと入場待ち渋滞と相まって、仕事で運転しているトラックドライバーには使い辛いでしょう。
(それが理由なのか、手前の中井PAは満車、鮎沢PAはトラックで充満していました)
せめて一カ所だけでもトラックにやさしい、牧ノ原SAのような箇所があったら良かったなと思いました。

ともかく、連休中も大方の予想通り東名・新東名ともに静岡区間の渋滞がほとんど起きず、その役割は十分果たしたと言えるでしょう。
三ヶ日の渋滞を見れば、新東名の愛知区間の開通の必要性は増したと言えると思います。
(神奈川区間の上り厚木から横浜町田ICまでの渋滞があまり大規模でなかったのは不思議な現象でした)

posted by 禅芝zenseava at 16:09| 道路/計画道路・新道・旧道・街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする