2012年06月10日

iPhoneのワンセグ受信と車載

iPhone4Sの、予定していた拡張や車載に関しては
一通り揃いましたのでここに紹介します。

For my iPhone4S, with respect to extension and
mounted to the car, so I had planned was a suit,
I will introduce here.
So technically the local topics, is only in Japanese.

iphoneoneseg.jpg



□ワンセグ放送の受信について、
大震災以降、特に必要性が増した感がある
携帯型(バッテリーで見られる)ワンセグ放送受信機。
昨年来いろいろ迷いながら探していましたが
結局Logitecのワンセグチューナー LDT-1SI01を買いました。
補助バッテリーにも使える無線LAN接続型も迷ったのですが
無線LAN接続の切り替えとか、充電方法とかいろいろ壁が多く諦めました。
LDT-1SI01はロッドアンテナが付いているのが特徴で受信も概ね良好です。
なぜかアンテナを伸ばさなくても良く映ったりしますが。
電源はiPhoneから供給されますが、USB端子が付いていて
iPhoneに接続した状態で、iPhone本体の充電が行えます。
要するに、充電しながら見れるということです。
当初考えていた補助バッテリー機能は、実は買う段には忘れていたのですが
今では、車から充電出来ると考えると必要性が低くなっています。
防災用バッテリー内蔵懐中電灯なども沢山出回っていますので
携帯バッテリーに関してはそちらで代用することも考えています。
小さくて邪魔になりませんので、いつも持ち歩くバッグの中に入れています。

iPhoneMountCar.jpg

□車載について、
東名を走っていて箱根を越えると関東のFMが聴こえなくなるので、
途中のパーキングで車のAUXに昔買ったiPodnanoをオーディオケーブルで繋げて
音楽を聞いていました。
iPhoneを買ったので、ちゃんと車載してあげようと
車のシガーソケット用USBアダプタ二口付きと
ルームミラー取り付けタイプのスマートフォンフォルダーを
自分の車に取り付けました。
ルームミラー取り付けタイプを選んだのは、純正のカーナビが
もうずいぶん前からアップデート出来なくなっていたことと
先のデジタル放送への切り替えで、車載TVチューナーが役に立たなくなったことで
双方をiPhoneで代用しようと思ったからです。

ワンセグについては、 LDT-1SI01を車載フォルダーに取り付けた状態で
走ってみましたが、特に問題なく視聴できました。
大型のトラックや電磁ノイズを出し易いバイクの横を走っているときには
電波が途絶えたり、ノイズがまじったりしました。
高速に乗った時点で、画面がフリーズしましたが
自動チューニング機能の無い機器ですので
電波の範囲の狭いワンセグ放送で、おそらく自宅周辺の周波数から
外れたのが原因だと思います。

電源について、LDT-1SI01の場合シガーソケットのUSBから充電しながら
見られますので、その心配が要りません。
オーディオケーブルもあるので、電源ケーブルが増えなくてよかったです。

□これ以外に、車載動画の撮影やドライブレコーダーが
使えるようになりました。
先日の新東名の記事の写真は、iPhoneで撮った動画からのキャプチャーですが
そこそこちゃんと見れます。
ルームミラー取り付けなので、撮影アングルはまずますなのですが
道路の継ぎ目や舗装の凹凸でかなりiPhoneが揺れます。
ドライブレコーダーの場合や自分で動画を見るだけなら良いのですが
YouTubeに投稿出来る様なレベルでは撮影出来ません。
見ていると酔うかもしれません。
カーナビについては、内蔵のMapでも地図だけ見るぶんには問題ありませんし
いくつかカーナビアプリも出ているので試してみようかと思います。
最初にカーナビを買ったときに比べると、インターネット上の地図の情報量が
格段に上がって、しかも使い易くなっているので、
必要度合いはかなり低くなってはいますが、いざとなったらナビが使えるっていうのは
安心感があります。

と、ここまでいろいろ書いてきましたが
記事をまとめる前に、車に寿命が来てしまったようで買い替えることになりそうです。
ですので、車載については再構築しなくてはいけないかもしれません。


posted by 禅芝zenseava at 16:00| デジタルガジェット Digital gadget | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする