2013年01月13日

横浜市鶴見区馬場の江戸時代の古道について

Sorry, this content is japanese only.
This article is about the talk of following the old load of the Edo period in Baba Yokohama.

BBL01_00.jpg

横浜市鶴見区馬場の横浜環状北線馬場インターチェンジの工事現場で
工事開始に先立って行われた遺跡調査で、江戸時代の荷馬車道が発掘されたと
北線工広報誌の秋号に掲載されていました。
http://www.yokokan-kita.com/yokokan/pamphlet/pdf/kitasen32.pdf
かながわ考古学財団 馬場綿内谷遺跡レポート
http://kaf.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2012/05/babawatauchiyato2012043.pdf

東西に走る、固められた立派な道だった、ということですが
この道は馬場から現綱島街道の尾根を越え菊名方面に連絡するための
道だったようです。
[この記事の内容はあくまで禅芝の調査結果で想像も多分に含まれ、正確なものではありません。]

より大きな地図で 馬場ー菊名の江戸時代荷馬車道 を表示
1947年の米軍の撮った航空写真では、まだ現綱島街道も大口と法隆寺交差点を結ぶ道もありませんのでうっすらとこの道が見えます。(200dpiでご覧ください)
http://archive.gsi.go.jp/airphoto/ViewPhotoServlet?workname=USA&courseno=M378&photono=222
東側からこの道を辿ってみます。


大きな地図で見る
鶴見区馬場七丁目の、県道111号線上の交差点です。
自動販売機の左の道が111号線の最狭区間として有名な路地です。
真ん中のゆったり登っている道を進みます。

大きな地図で見る
ストリートビューではここからは進めませんがまっすぐ森の中に向かうのが古道です。

この先は2012年12月現在Google Map上では山道にような扱いになっていて航空写真からも見つけることが出来ます。
※2013年3月の更新で上空からの森の写真は見れなくなりました。

大きな地図で見る
2008年か2009年、まだ開削前の森の写真ですが東側の道の延長線上に木が少ない影が左右に繋がっているのがわかると思います。
ここが発掘現場です。


大きな地図で見る
発掘現場西の大田神奈川線(支線)から見た東側の林です。
ストリートビューで見ると、冊にゲートがあってその向こうに掘り割り状の地形があります。
この地形はYahoo地図の地形図からも確認出来ます。



大きな地図で見る
西側のストリートビューです。こちら側にも冊にゲートがあり
山道として使っていた様子があります。
こちらには掘り割りはありません。

BBL01_01.jpg
これは2012年1月に馬場インターの工事の様子を撮影しに行ったときの写真です。
左の冊の中程に上記の西側ゲートが写っています。
木が無いので地形がはっきりわかりますが、この位置で道は稜線の高さまで達していたようです。

稜線ですこし北に折れて、そのまま進むと高圧線鉄塔のすぐ下を通る路地に繋がります。
その先綱島街道にぶつかったところが峠です。

BBL01_02.jpg
1月の写真の中に、綱島街道からその路地に入って撮ったカットがありました。
発掘中の道にブルーシートが掛けられているのがわかります。

BBL01_03.jpg
先日撮った写真です。綱島街道にそって工事用フェンスで囲われてなにも見えなかったのですが、離れた透明窓から撮った写真、編み目から撮った写真から路地がかろうじて見えると思います。

大きな地図で見る
ストリートビューにはちゃんと写っています。カーブミラーの右のがそうです。
昔はここには普通の一戸建て住宅が数件建っていましたから、単なる入り口だと思っていました。

BBL01_04.jpg
この路地から綱島街道を渡ったほぼ正面に道は続いています。

BBL01_05.jpg
山の縁を辿る路地にぶつかります。ここは鶴見区と港北区の区境界線でこの路地を過ぎると急坂になります。

BBL01_06.jpg
景色がいいです。現在は階段になっていますが、この角度を昔は荷車を引いて降りたり登ったりしたんでしょうね。

BBL01_07.jpg
坂を降りきると法隆寺があります。

BBL01_08.jpg
住宅街を抜けるとJR横浜線の法隆寺踏切に出て、そのまま線路沿いを菊名方向へ。

BBL01_09.jpg
すぐに先日紹介した、旧々綱島街道と合流します。

今回の記事ではGoogle MapのストリートビューやYahoo地図地形図に痕跡が残っていたので引用/リンクしました。
しかし、現在インターチェンジ工事中の箇所でもあって、将来地形や道路など完全に変わってしまうことが確定している場所です。
工事が終わり次第Google MapやYahoo地図はアップデートされて新しい地図に変わってしまいます。
Google Mapのストリートビュー(2009年時点)やYahoo地図(2012年時点)のスナップショットを念のため保存しましたが、この記事でその画像を貼るのは許可が下りないでしょう。
ですので早めに見て下さい。
posted by 禅芝zenseava at 14:00| 道路/計画道路・新道・旧道・街道 | 更新情報をチェックする