2014年02月23日

高速戦闘空母アールヴァク High speed combat carrier SCV-316 Arvak

SCV316Arvak.jpg

宮武一貴氏によるアンドロメダIIイラストに随伴する
高速艦隊に対応した戦闘空母です。
イラストの中ほど、巡洋艦の後ろに飛んでいる艦がイメージソースです。
(宇宙空母II/Triumph級軽空母という名前で二面図がネットにありますね)
It is a combat carrier that supports high-speed fleet to accompany the Andromeda II illustrations by Mr. Kazutaka Miyatake.
Ship to the middle of the illustration, flying behind the cruiser is the image source.
There on the net drawing named Triumph-class light carrier

オーロラ、スレイプニル、スターシーマなどと同じ系列でデザインしています。
何年も前から正規空母としてデザインを幾度もやり直していましたが、
2199のゲルデバス級戦闘母艦のイメージを加えて、
やっと戦闘空母として完成させることができました。
I have a design in the same style as Aurora, Sleipnir, and Star Seema.
Again and again, but had to re-design the design as a regular aircraft carrier for many years,
I was able to add images of Geldebasu class combat carrier of 2199, to complete as combat carrier finally.

戦闘空母なのでスレイプニルと同様、艦下部に波動砲・多数のショックカノン砲塔を装備しています。
確認し辛いですが、メインノズルは二基あります。
両翼のアングルドデッキの間に補助エンジンを搭載しています。
Since this ship is "combat carrier", It's equipped with a wave motion gun ship to the bottom and many shock canon turrets as well as Sleipnir.
It is hard to see, there are two main nozzles.
It has auxiliary engines between the angled deck of both wings.

アールヴァクは北欧神話に登場する馬の名前です。
Arvak is the name of the horse that appears in Norse mythology.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(5) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
アングルドデッキがシャープさを、艦体下部の武装と構造物が重厚さを、それぞれ主張していてカッコいいですね。

このアングルドデッキの発艦方向は後方へ向けてでしょうか?
それとも前方へ向けて左右から交互に発艦させる感じでしょうか?
艦橋横にエレベータが確認できるので、発艦機はここにリフトアップされて、やっぱり前方へ発艦されるのかなぁ???などと楽しく想像しています(笑)

ちなみに、本艦やアンドロメダⅡが活躍するのは年代設定的には二千二百何年頃のイメージになるでしょうか?
個人的には2220年代、復活篇とは別の並行世界に出現しそうな気がしています。
Posted by MJ at 2014年02月24日 12:43
MJさん、こんにちは。
アングルドデッキからの発艦は後方へ、ですね。
前向き用に4基カタパルトがあるのでそこは後方だけで。
あの後方のエレベーターは、どちらかというと
反対側のアングルドデッキに着艦した機体の収容用です。
構造上前方からの着艦にも使用出来るようにはなっていますので
(中央船体側にもアレスティングワイヤーを張ってあります)
そのときは止まったそばのエレベーターを使うでしょう。
理想的にはすべてのアレスティングワイヤーとカタパルトが
電磁アレスターフィールドにアップデートされると
いかようにも運用出来て楽なのですが。

年代ですか、すごく未来ではないでしょうね、アンドロメダの直接の後継艦みたいな船ですし。
高速艦隊といっても、基本さらばの巡洋艦を設計のベースした
通常空間での高速性能を高めた船ですから。
艦載機を考えてはいるのですが、たぶんコスモタイガーIIやパルサーの兄弟のような機体になる気がします。
Posted by 禅芝zenseava at 2014年02月24日 22:04
ちなみに左右のアングルドデッキで戦闘機の主翼の見立てをしています。デルタ翼に見えると速い、とかカッコイイとかいう印象を持たせることが容易になるからです。
下側艦首が2本ツノになっているのは、ダロルドの影響かもしれません(最初は一体でした)。
なんか河森さんのメカみたいですね。ウルトリアが好きなので結構なことということにしておきましょう。
Posted by 禅芝zenseava at 2014年02月24日 22:44
艦橋がダロルドだな、と思ったらやっぱりダロルドモチーフ…アタッタ('∀')


艦底構造物的に、投錨は水上かしら
だいぶ港の深度が要りそうですね
どうも2199の宇宙艦艇の『着陸』に慣れてしまい

対空戦闘は随伴駆逐艦(や対空艦艇)に依存?
波動砲は艦底主砲前部の扁平な開口部?
ミサイルなど実弾の武装はありますか?
艦に対し大きい角度で設置されている連装砲は旋回可能でしょうか?
甲板は装甲化されていますか?

この直線で構成されたシルエットがいかにも地球艦(復活篇?)といった感で良いですね
私は波動エンジン以前の地球艦嫌いですけど(失礼)


……質問ばかりですみません
Posted by SE90317 at 2014年02月27日 18:27
SE90317さん、こんにちは。
高速艦隊全体に言えますが、下部構造が大きいことから
おそらく惑星表面には降りないでしょう。
それを犠牲にして高速性能を取ったという感じでしょう。
対空戦闘に関しては、アンドロメダや主力戦艦と同様
砲を使わないで、おそらく短距離の対空ミサイルかと。
波動砲はオーロラと同じ位置にあります。
砲塔は全て旋回します、角度に制限はあるでしょうけれど。
装甲はされている前提です。分割装甲でしょう。

全ての質問に答えを用意することはできますが
応えを重ねるたびに辻褄が合わなくなってきてしましい
困ってしまいそうです。
そこまでしっかり設定を積み重ねて描いているわけでは
ありませんから。
Posted by 禅芝zenseava at 2014年02月28日 19:57
コメントを書く
コチラをクリックしてください