2014年06月01日

地図雑談2014May

Gmap201403.jpg
Sorry, this content is japanese only.
This article is about the Yokohama viewed in Google Map aerial latest.

Google Mapの航空写真が更新されて、横浜近辺の風景が新しくなったのに
気が付きました。
(東京はカマボコ屋根の東急渋谷駅も健在で、以前のままでしたね)
近所のマンション取り壊し工事の真っ最中の写真でしたので、おそらく
本年2014年3月の撮影だと思われます。
新横浜では、環状2号線の車線が変更されて、歩道側の1車線が
通れなくなっています。
これは東急線の新横浜乗り入れ/新横浜地下駅建設の為の用地確保で、
この車線に工事車両や発電機が置かれ地下への入口が作られるのでしょう。
今後車線のさらなる変更も予告されています。
2019年春完成予定ですので、しばらく環状2号線の混雑は続きますね。
同じ環状2号線沿いの若干東側、神奈川税務署の隣にドンキホーテの
新しい店舗を建築中です。
今の店舗はドイトになるそうですが、狭かったので新しいドンキホーテに
期待したいところです。
その向かい側ではゲームパニックの建物の撤去工事が終わって更地に
しています。
ここは南側の広い空き地をあわせて商業施設が入るという噂は耳にしたのですが
なんだかよくわかりません。

横浜環状北線の工事も盛んに行われているのがわかります。
南端、生麦ジャンクションから馬場インター、新横浜インターから
港北ジャンクションまで盛大に工事をしています。
港北インターの新しいゲートが、従来の南側に徐々に形を現してきています。
(ちなみに先日新横浜大橋のベルトコンベアーは撤去されたようです)

圏央道の寒川北インター北、新幹線の線路上にもすでに橋脚が掛かっています。
新東名と繋がる海老名南ジャンクションの姿も見えてきました。
その新東名のルートも徐々に分かり易くなってきました。
高圧線鉄塔がまだ残っていますので、引越しの時は大騒ぎになるでしょうね。
環状南線の用地も、釜利谷ジャンクションあたりから辿ると、
JRの東海道本線脇にあるタツノメカトロニクスの工場辺りまでは薄らわかります。
(他は概ね地下なので用地取得はありません)
この線路のすぐ西側に栄ジャンクションンが出来る予定です。
そこから南西に下ったところに、盛土にブルーシートを掛けた場所がありますが
横浜湘南道路-圏央道-はそのすぐ北の空き地を通ってすぐトンネルになります。


国道150号線 志太榛南バイパス
以前の妄想道路ー駿府遠州三河沿岸道路を紹介しましたが、
その一部国道150号線の静岡県焼津市三和から牧之原市細江にいたる
全長13.3kmの志太榛南バイパスが2014年3月末に開通しました。
正式には、焼津市側が志太榛南バイパス、牧之原市側が志太榛南IIバイパスで
その中間は県道31号焼津榛原線バイパスとして共用されています。

国道150号バイパス開通状況写真及び概要図

東端は国道150号焼津市の木根川橋交差点で、焼津市内から南下してきた
150号線は従来ここを右折していましたが、真直ぐ行けるようになりました。
片側2車線系4車線の用地は確保してありますが、航空自衛隊静浜基地の
滑走路を迂回した先はおそらく旧来町道だった歩道も無い2車線道路を
使っていて大変狭いです。
大井川港に近づくと広い用地になりますが、その先大井川を渡る大平橋は
県道13号線時代の2車線橋のままで、この橋をもう一本架橋しないと
バイパス全区間4車線というわけにはいかないでしょう。
大平橋の南は県道31号焼津榛原線バイパスとして整備され、2車線道路ですが
4車線分舗装されており、スムーズな道路です。
終点は眼鏡市場のある交差点で現道の国道150号線に合流します。

バイパスはその若干南のトヨペットのある辺りで150号線と交差して、
その先は榛原の町の上か、静波の海岸近くを通って、勝間田川の辺りから
山の中に抜け、150号線バイパス南遠道路の大沢インターに繋がる構想です。
posted by 禅芝zenseava at 12:00| 道路/計画道路・新道・旧道・街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする