2015年07月12日

Ukf.95 Shrike シュライク

FlFk01.jpg

FlFk02.jpg

使命感模型、第二弾です。
有視界版ファルケですね。
フレーダーマウス+ファルケは、かなり以前から考えていたアイデアで、
ずっとフレダーファルケと呼んでいました。
ただ、フレダーマウスはシュトラール軍での正規名称ですので、新しい名前を付けました。
Sense of mission model, it is second edition.
It is visual flight version Falke.
Fledermaus + Falke is the idea that I was thinking for a long time,
I called the frame Fleder Falke.
However, Fledermaus because it is a regular name in the Shutoral Demokratische Republik, I have a new name.

材料:
ハセガワ 1/20ファルケ
日東 1/20 フレダーマウス
1/35 ファイアボール(スラスター)
バンダイ1/100GM改足(スラスター基部) など
塗装:
基本色  クレオス Mrカラー306グレー+308グレー他
カウンターシェイド Mrカラー305グレー+ジャーマングレー+軍艦色他
識別帯 ガルグレイ+白(日の当たる部分に薄めた白を軽く塗ってあります)
ロケット部 オリーブ+黒(こびりついたオイルみたいな色で結構便利です、この色)
※仕上げのつや消しクリア以外は筆塗りです。
Material:
Hasegawa Falke 1:20 scale
Nitto Fledermaus 1:20 scale
Hobby Base FireBall 1:35 scale(thruster)
Bandai RGM-79C 1:100 scale (leg) and etc,.
Paint:
Basecolor: GSI creos 306 +308
Countershading: GSI creos 305 +german gray
Identification band: gull gray +white
Rocket nozzle part: olive+black
※ Except finish is brush painting.


FlFk03.jpg

FlFk04.jpg

脳内妄想設定
元はPuf.85/40 シュライクとして、J40(S)パイロットの機種転換訓練に使われていた機体。
退役機や破損機から細々と生産されていた。
ベテランパイロットの要望や現場の指揮官からの要請で、アップデートされ
ファルケの支援攻撃機として実戦に投入された。
武装をペイント弾からファルケと同様のガトリングガンに換装、
パイロンにはセンサーのほか、爆弾も装備出来る。
J40に搭載されていた各種センサーも追加され、J40と同様の感覚で飛行出来るようになった。
戦闘空域での推進にはロケットが使われるため滞空時間は短いものの
加速性能が良好で被弾率がファルケより低くなっている。
後部に追加されたスラスターは低速時/ホバリング時の射線制御の為の装備で、
命中率も高くなっている。
装甲が薄く、視界も狭いのでベテランパイロットや教官経験者以外の
搭乗は許されていない。
ニックネーム”Sergeant”

Self own scenario
Base as Puf.85 / 40 Shrike, had been used in the model conversion training of J40 (S) pilot aircraft.
It had been small things produced from decommissioned machines and damage machine.
It is updated at the request from the request and field commanders of the veteran pilot, it was thrown into combat as Falke support attack aircraft.
Retrofit armed from paint bullet to similar Gatling gun Falke, the pylon other sensor bomb can also be equipped.
Various sensors that have been installed in the J40 also added, It got to be able to fly in the same sense as the J40.
Although flight time is short because the rocket will be used to promote in combat airspace, acceleration performance has been good hit rate is lower than Falke.
In equipment for the ray control at the time of the thrusters that have been added to the rear low speed / hovering, hit rate of Gatling gun also is higher.
Armor is thin, visibility is also narrow, boarding other than the veteran pilot and instructor experience is not allowed.
Nickname "Sergeant"

※現在入手可能なウェーブ製A.P.50 フンメル1/20キットにフレダーマウスの機首/コクピットパーツも含まれています。
※Nose / cockpit parts of Fledermaus to currently available Wave made AP50 Hummel 1:20 scale kit is also included.

コメント有り please comment
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(4) | 模型model | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
禅芝さん、こんにちは。
以前、言われていたネタ、これだったんですね。
感想としてマシーネンよりもSF3Dオリジナル向きの感じを受けました、RATからファルケUへの流れかな。
メインは後部のロケット&ブースター、反重力装置はサブでしょうか?
そういえば、あの世界の反重力装置は人体に有害だから人間は完全密閉される設定から考えるとこの機体は理に適ってますね
Posted by SID at 2015年07月13日 06:35
SIDさん、こんにちは。
SF3D、ホビージャパンですね。
たしかにその世代で私の頭の中は固まっているかもしれませんね。
初回のAFSの号持ってますしたから。

大層なものじゃなく、練習機ですからCOINに近いかもしれません。
ウェポンラックもありますし。
一見シュトラール版ファルケっぽくも見えますね(窓があってPKAっぽい)

そうですね、反重力はJ40の下向きノズルの代わりといったところです。
ファルケの緊急用ロケットと比べて耐久性が高いはずなので、がんがん使ってると思います。
たしかファルケに搭載している反重力装置は有害なパルスは出さない設定だったと思いますから、こんな薄っぺらなコクピットでも大丈夫です。
Posted by 禅芝zenseava at 2015年07月14日 20:35
書中見舞い申上げます。SIDです。
風邪にしては妙だと病院に行ったら別の病気で即入院。ようやく先日退院しました
>SF3D
あれを当時味わっていた世代は多かれ少なかれ影響受けていますよ。実際、見方を変えただけであそこまで色々なモノをデザインしてますから。ヘリからP.K.A最初の衝撃でした
>シュトラール版ファルケ
その発想は無かったです
と、いうか何故本編無かったのか?
SAFSとグスタフ、グラジエーターとケーファー
の関係というか重力制御の技術元考えると…

後、私も妄想模型の一つ成仏できそうです、横山氏繋がりですが
Posted by SID at 2015年08月10日 10:01
SIDさん、

あらら、それは大変でしたね。
今年は暑さで体が弱ったり対応できずにいる人も
例年以上に多いと聞きます。
ご自愛くださいね。

>SF3D
あれ以降なにをやってもいいという風潮も生まれて
綺麗に仕上げるのが苦手だった私はずいぶん楽になりました。

>シュトラール版
ノイスもあったのですから、無人機で空を飛ぶ攻撃機も
あってしかるべきですよね。
ホバーも多用しているので、それの代わりに使ってもいいし。

>私も妄想模型
それは楽しみです。
Posted by 禅芝zenseava at 2015年08月11日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]