2016年03月13日

戦艦 咲耶 BB-5061 Rail gun Battleship Sakuya

BB5061SAKUYA_s.jpg

グラム1.6さんのリクエストでデザインした
レールガンを搭載した戦艦咲耶です。
Battleship Sakuya with Rail guns,
It was designed in grams 1.6's request.

”イリーガル”という未知の敵対勢力に対抗するために
ILCAという組織がつくられ、その支援のもとに建造された艦です。
Organization called ILCA is made in order to counter the unknown hostile forces that "illegal",
It is ship that has been built in its support.

ステルス戦闘艦であり、アクティブステルス用の
フェイズドアレイレーダー素子を装備した、複合装甲ユニットを配置している。
敵のレーダー探知対策のために極力レーダーを使わない戦術を取っており、
光学探査に重点を置いている。
9門の600mmSQレールガンのうち、2番砲塔にはレールガンの制御ユニットを
利用した過電粒子ビーム発生器を内包し、上空や海面下や敵に
直接ビーム攻撃をすることが出来る。
This is a stealth warship.
It has placed a composite armor unit equipped with a phased array radar elements for active stealth.
It have taken the tactic that does as much as possible to use the radar for enemy radar detection measures,
has focused on optical exploration.
There are 9 Gate of 600mmSQ railgun.
The second turret It have enclosed the overcurrent particle beam generator using the control unit of the railgun.
It is possible to directly beam attack in the sky and below sea level and enemies.

咲耶はコノハナサクヤヒメのサクヤです。船内には富士山本宮浅間大社の分社があります。
Sakuya is from Konohana Sakuya hime.
She is the goddess of Japanese mythology, and goddess of Cherry blossoms and Mt.Fuji.
The ship has a spin-off shrine of Fuji Hongu Sengen Taisha.

諸元や背景はこんなところで。非常に多岐に渡りますので。
参考したのは、アニメ版戦闘妖精雪風に登場した
日本海軍の原子力空母アドミラル56で、それを戦艦化したようなイメージです。
そんなに遠くない未来の船ですね。
Specifications and background in a place like this.
Since it very wide-ranging.
To that reference,
In nuclear-powered aircraft carrier Admiral 56 the Japanese Navy appeared in the anime version Yukikaze,
It is an image, such as battleship-ization.
It is the future of the ship so not far.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(8) | その他のメカ Other Mechanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
側面の防御システムっぽいのもなんかいいです。
小型迎撃ミサイルか何かですかな。
レールガンなら衛星を使ったロケットアシスト誘導砲弾で水平線のはるか彼方からピンポイント砲撃もありかもしれませんね。
Posted by SKG at 2016年03月13日 15:53
おお、かっこいい!
よりステルス性を追及するなら、ズムウォルト級駆逐艦のようなウェーブピアサー・タンブルホーム船型が望ましいかもしれませんが、私は艦首が鋭く突きだすデザインのほうが好きです。
戦艦という艦種は、とうの昔に旧式艦となっていますが、見た目の持つインパクト(こけおどし効果)はやはり大きいと思います。ランニングコストがやたら高くつく空母を今から整備するより、現在の技術の粋を集めて戦艦を造って東シナ海に浮かべたほうが、抑止効果は高いかも。そんな妄想を抱いてしまいます。
Posted by 黒猫クロ at 2016年03月14日 16:20
SKGさん、
ミサイルが入っています。傾いているのでVLSとは言わないでしょうけれど、VLSみたいなものです。
いいですね、誘導砲弾ですか。警戒用ドローンを水平線近くの上空に配備しているので、誘導は可能だと思います。レールガンからは600mmx600mmのカートリッジを打ち出せる仕様になってまして、ハープーンやトマホーク、Mk48魚雷などを入れて投射できます。
Posted by 禅芝zenseava at 2016年03月15日 19:59
黒猫クロさん、ありがとうございます。
ウェーブピアサーにするほどステルス形状にこだわる必要もないと思いますよ。さほどレーダー反射は変わらないんじゃないでしょうか。単胴のウェーブピアサーは転覆しやすいらしいですし、波をかぶって主砲が氷結して使用不能みたいな事態に陥りかねないです。(艦首の低い英国戦艦は第一砲塔がよく使えなくなったみたいです)
敵のイリーガルは、海中から突然飛び出して攻撃してきたりするようなので、防備の薄い空母はこの戦いではあまり有用では感じなのです。まぁハッタリを効かすのは当然でしょうけれど。
Posted by 禅芝zenseava at 2016年03月15日 20:02
水上艦もかっこいいですね。アドミラル56を参考にと言われたにもかかわらず「要塞シリーズ」の戦艦「阿蘇」を思い出してしまいました。
Posted by ときわ湯 at 2016年03月27日 09:24
ときわ湯さん、ありがとうございます。
当たり前のように私も要塞シリーズを読んでいますので、佐藤メカの影響下にあるのも当然と言えます。
ただ、この艦に関しては依頼主の意向もあったので
最初はただのイージス風大和で、普通の今風の船でしたね。
そこにアクティブシールドを取って付けたように配置したので
こんな一体型船体にはなりましたが。
Posted by 禅芝zenseava at 2016年03月27日 13:57
かっこいいです!イージス艦と戦艦大和を足したみたい!こんなかんじで日本が作った原潜なんかも書いて欲しいです。
Posted by うどんちゃん at 2016年04月02日 04:15
ありがとうございます、うどんちゃん。
原潜ですか、結構難しそうですが機会があったら。ちょっと前に潜水艦のステルス形状について考えていたことがありましたね。音響ステルスですね。
Posted by 禅芝zenseava at 2016年04月02日 14:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]