2017年02月12日

アイリッシュ級戦艦初期案 Initial design plans of IRISH class BB

IRISHclassInitialDesign.jpg

私は最近アイリッシュ級戦艦がアーガマだけでなくマゼラン級戦艦も基に
設計されたことを知りました。
それならなぜその艦をマゼラン級がベースだともっと分かるデザインに
しないのかと思いました。
そこで自ら初期案を設計することを思いつきました。
I recently learned that the Irish class BB was designed not only for Argama but also for Magellan class BB.
Then I thought why the ship would not be a better design that Magellan class would be the base.
So I came up with designing my own initial plan.

plan4011
マゼラン級の船体中央に単列の滑走路や格納庫をレイアウトした設計案。
極力マゼラン級の設計や搭載機器を流用し、マゼラン級の火力も維持。
設計期間や工期の短縮、費用の低減を図れる案で、艦隊戦力が不足している
エゥーゴには早急な戦力増強が望まれ、費用の低減も図れることはエゥーゴの
スポンサーにも好都合であった。
(新造艦に退役したマゼラン級のパーツを流用することも検討された)
但し、MSの運用機数が少なく現場要員には不評であった。
A design plan that laid out a single lane runway and hangar at the center of Magellan class hull.
As much as possible Magellan class design and mounted equipment are diverted,
Magellan class fire power is also maintained.
It is a plan that can shorten the design period and the construction period and reduce the cost, A.E.U.G. short of fleet war potential is urgently required to strengthen the fighting power, and it is also convenient for A.E.U.G.'s sponsor to be able to reduce the cost.
(It was also considered to divert Magellan class parts retired to new ship)
However, the number of MS operated machines was small, which was unpopular for site workers.

plan4013
マゼラン級の船体左右両脇に滑走路や格納庫を有し
アーガマ同様のMS運用が可能なようにレイアウトした設計案。
前方・後方合わせて4本のカタパルトを持ち、MS16機の搭載が可能な
艦隊指揮機能も有する大型艦で、武装もマゼラン級を凌駕し
エゥーゴ艦隊旗艦を想定した艦であった。
ただ、宇宙空間だけの運用を想定しており
バリュートシステムを使っての地球降下・地球での艦隊運用も
視野に入れていたエゥーゴとしては、過度な装備とも言えた。
建造期間の長期化、建造費の高騰も想定された。
Having a runway and hangar at both sides of the Magellan class hull,
design plan laid out to enable MS operation similar to Argama.
It is a large-scale ship which has a total of 4 catapults in the front and rear and also has fleet command function capable of mounting 16 Mobile suits, and armed magazine surpassed Magellan class,
It was a ship that assumed the A.E.U.G. fleet flagship.
However, the new battleship is supposed to operate only in outer space,
In the A.E.U.G. way that the Earth descent with the ballute system was also taken into consideration and the operation of the fleet on the earth was also watched,
It could be said that it was excessive equipment as a fighting force that could not be put there.
Longer construction period and higher construction cost were also assumed.

2案を比較検討した結果、plan4011は過小で落選、
plan4013は過大だが有望ということで、
plan4013を縮小改修したplan4013a、
再設計したplan4015・plan4015aを経て、
plan4015bがアイリッシュ級として建造された。
As a result of comparing and examining the two plans, the plan 4011 is overly small, it is declined, plan 4013 is overpowered but it is promising, after going through the plan 4013 a reduced and repaired plan 4013, the redesigned plan 4015 ・ plan 4015 a,
and plan 4015b was built as an Irish class.

サラミス改級 4機
マゼラン級(改) 8機 ※1
アーガマ 6機
ネェル・アーガマ 12機or16機
アイリッシュ級 8機〜12機?

plan4011 8機
plan4013 16機

Salamis class CA (modified) : 4 MSs
Magellan class BB (modified) : 8 MSs ※1
Argama : 6 MSs
Nell Argama : 12 or 16 MSs
Irish class : 8 to 12 MSs(?)

Plan 4011 : 8 MSs
Plan 4013 : 16 MSs

※1
ガンダムセンチネルにはマゼラン級(改)が登場します。
あの艦はサラミス改級に準じた改造仕様なので
今回の船はそれより少し進んだ設計の船になります。
マゼラン級(改)のMS搭載数はだいぶ多めの12機で、
あの規模ではそこまで多く積めないのではと思います。
そこでマゼラン級(改)のMS搭載数8機程度だと想定しました。
ブライトは劇中でアーガマのMS搭載数を少ないと感じており
のちにアイリッシュ級に乗艦した際「この艦にMSを詰めてよかった」
と話しています。
4011案はアーガマより多いMS搭載数になっています。

Magellan class BB (modified) appears in Gundam Sentinel.
That ship is a modified specification conforming to Salamis class CA (modified) .
This ship will be a ship of a little advanced design.
The number of Magellan class BB (modified) MS loading is 12, which is much larger,
I think that you can not get so much on that scale.
So we assumed that it is about 8 Magellan class BB (modified) MS loading.
Bright felt that the number of MS loads of Argama in the play is small,
and when I later went aboard the Irish class, "I am glad that I have packed MS on this ship".
The plan 4011 is more MS loaded than Argama.

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(6) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 両案とも、ウォンさんに「修正」されちゃったんですね。
 Plan4011の方が、かっこいいと思います。旧ジオン系の出資者や技術者から、ムサイ級をベースとした設計案が出されていたら、面白いと思います。(アレキサンドリアっぽくなっちゃうかな?)
Posted by 黒猫クロ at 2017年02月12日 21:03
2回目の書き込みになります。
plan4011はΖ本編での連邦軍による改修型、又は新型艦として登場しても可笑しくなさそうなデザインだと思います。
(火力重視の艦体は未だ大艦巨砲主義を引きずる連邦らしさが感じられます)
アレキサンドリア級をティターンズに取られてしまった代わりという位置づけ?
plan4013ですと、これはこれで格好いいのですが、何というか主役を張っても可笑しくないデザインです。ブライトさんの指揮下でカミーユとクワトロ大尉が頑張っていそう…。
Posted by モーゼル at 2017年02月13日 20:00
修正というか、却下というか。
ムサイ+アーガマだと、また違う雰囲気になるかもしれませんね。アレキサンドリアはムサイそのものの発展系に近いですから。
Posted by 禅芝zenseava at 2017年02月13日 20:03
モーゼルさん、気がつかなくてすみません。
そもそもは4011のようなマゼランの姿がわかる艦を描こと思ったのが最初ですから、こっちのほうが劇中には合うかもしれませんね。
ちょっと連邦の匂いが強すぎますが。
Posted by 禅芝zenseava at 2017年02月14日 19:39
大変かっこいいデザインだと思いますけど、格納庫の大きさから推測すると艦全体も肥大化してるように見えますね。
Posted by とんじる at 2017年03月12日 15:07
とんじるさん、こんにちは。
揚陸艦・空母っぽいかんじですから当然肥大しています。
戦闘艦・戦艦はできる範囲でより小さく、空母は出来る範囲でより大きくですから。旧日本海軍の夕張型巡洋艦、空母龍驤の逸話が参考になるかと。4013案は肥大化させすぎて不採用ですけれど。
Posted by 禅芝zenseava at 2017年03月16日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]