2017年08月04日

トヨタとマツダの資本提携の背景の話 A story about the background of capital alliance between Toyota and Mazda

Ecar.png
Sorry, this content is japanese only.
This article is a opinion of conflicts over world hegemony of electric cars.


今回のトヨタとマツダの資本提携の背景に見え隠れするのは、いわゆるフォーマット戦争でしょう。VHSビデオやブルーレイ、あるいは携帯電話の通信方式と同様、業界規格・デファクトスタンダードを巡る争いです。

私は電気自動車の普及に欠かさないのは、街の充電インフラの広範囲な整備だと思っています。そこにはプラグの規格に始まり、バッテリーメーカー・重電メーカー・ゼネコンから、ガソリン市場を奪われる石油業界まで絡んできます。

その共通化した全世界的整備がが行われない限り電気自動車の普及は無いでしょう。

バッテリー交換による充電方式や走行しながらの充電方式にもパッケージや受電方式の規格統一が絡んできます。これは道路や安全規格など国の方針にも関わりがあることです。
加えて、今後普及が進むであろう自動運転技術にもIT規格・通信規格・制御規格やソフトの諸々の規格が絡んできます。

これは規格のパテントを持っている側が圧倒的に優位になる戦いで、最終的には3から4種の規格のアライアンスに絞られ
相互の潰し合いになることでしょう。

日本の自動車メーカーでも、トヨタを中心としたダイハツ・スバル・マツダ・いすゞ・日野・スズキ・ヤマハのグループがすでに形成され、バッテリーのパナソニック、GPUのNVIDIAなどの提携が公になっています。一時テスラと資本提携していましたが現在は解消されています。

日産・三菱はルノー傘下のありますので、欧州系のアライアンスに所属する可能性は高いですね。

欧州ではフィアットやメルセデス・VWなどの自動車メーカー、シーメンスやフィリップスなど古参の電機メーカーがありますし、
アメリカにはビック3やテスラモータース、GE・シスコ・TE、クアルコム・Googleをはじめ
数え切れ無いほどの関連メーカーがあります。拡大を続けている中国のメーカーも油断なりません。

アライアンスの中で自動車関連・電機関連・IT関連のパテントを共有し、勝ったほうが膨大な利益を得るのです。

私の愛用するホンダはいまのところ日立と提携しただけで独立を決め込んでいますが(ヤマハと電動バイクで提携していますが、ちょっと目標規模が違いすぎます)、案外主力市場であるアメリカのアライアンスに参加する可能性も無きにしも非ずというところでしょうか。ヤマハ・スズキと遠州アライアンスでも作ってくれればいいのですが、即日三河トヨタアライアンスに取り込まれてしまいそうですね。
posted by 禅芝zenseava at 20:30| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする