2020年03月06日

NEKO MOOK エンターテインメントアーカイブ : マイティジャック

MJnekomook2020_01.jpg

ブログ材料が仕上がって撮影をしているころ、NEKO MOOKという
書籍のシリーズから、マイティジャックのムック本が
3月3日に発売されたのを知って、思わずポチリ。

マイティジャックのメカの紹介をメインに据えた資料本です。
A4サイズ強(29.9mm*23.1mm)の大型本。
(多分ポスト投函は難しいので配達時は手渡しでしょうね)

劇中のカットは元より、製作中のプロップの写真がぎっしりです。
まだ塗装完了前のMJ号やピブリダーの写真も載っています。
MJ号の艦載機発進口が閉じている写真は初めて見た気がします。
このプロップが正解だとすると、MJ号は左右のパーツの合わせ目が
残っているのが正しい設定なんですね。(特に艦首)
搭載メカも、敵のQのメカもどっさり載っていて
あの縞々を塗装するの大変だなと心配になる程です。
118ページのQの連絡用潜水艦スティブラーって、どうみても科特隊の
特殊潜航艇S号がイメージベースで、幅方向に4倍コピーで拡大した感じです。
司令塔も幅だけ4倍です。横からの写真だとS号そっくりですよ。

巻末に浅井和康さんのソノシートの記事があるのですが
そこの載っていたQの空中戦艦サラマンダーは初見で
あまりの格好良さにびっくりです。
MJ号との対決は映像化はされて無いですよね...

付録として、プロップ貼付用に製作されたMJマークのシートを再現した
ポスターが付いています。ポスターはA2ですが実物はB2程度らしく
大きさを合わせれば(122.5%)プロップのマークの大きさを特定できるかもしれません。

MJnekomook2020_03.jpg

ともかく、マイティジャックファンなら持っていて損は無いと思います。

------------------------------------------------------------------------

加えて、このムック本の裏表紙がウェーブの一面広告になっていて
タスクフォースの1/48ピブリダーを6月に再販するという広告!
それも2機分セットで4800円(税抜き)です。
もともと主翼が単翼翼端ロケット?付きとガルウイングの
2種類入っていましたから、作り変えても良し同じのを揃えても良しです。
おそらく同梱デカールは変えているんじゃないかと思います。
(ムックによると標準は単翼で、ガルウィングは回転ノコギリ仕様の翼だったようですが記憶がありません. あとハイドロジェットも標準では吸盤無しの潜望鏡だったんですね)

MJnekomook2020_02.jpg

ウェーブ公式サイト ピブリダー[2機セット]ページ
https://www.hobby-wave.com/products/ut041/

ウェーブ直販店ビージェイの購入ページ(楽天サイト内)
https://item.rakuten.co.jp/be-j/0038361/

アマゾンの購入ページ
https://amzn.to/2VMw2nM

ホビーサーチの購入ページ
https://www.1999.co.jp/10682263

このキットは私も2箱持っているタスクフォースのものと同じもので
一昨年の今頃、代表の千草巽さんが亡くなってどうなるのかと思っていましたが
もしかするとホーク1号やビートル、ジュニアなどとともに
金型がウェーブに移譲されたのかもしれません。今後の情報に注目です。
(UT-041という製品番号、これはガレージキット時代から続くウェーブのウルトラ-円谷-メカor怪獣キットの番号です。042、043と続くといいですね)

このムック本とピブリダーのキットをセットで売っても売れそうです。
マガジンキット方式だとキットは出荷量が計算できるので楽なようです。

ちなみにタスクフォースのピブリダーについての記事です
模型雑感 For recent model kit 2011年2月6日
(大震災のひと月ほど前ですね)


posted by 禅芝zenseava at 17:30| BD・DVD・本 | 更新情報をチェックする