2008年01月20日

試験艦オーロラ Examination warship Aurora

SCCX256AURORA.jpg
KAZU46さんのリクエストにお応えして描いた、2007巡洋艦カレンダーに登場させた試験艦オーロラです。
予想通り、似てるような似てないような艦になりましたので
二次改修時の姿ということにさせて下さい。
元はといえばこの艦は、カレンダーの数合わせの為に描いたもの。
資料を当たっていたら出てきた、宮武氏によるアンドロメダ2のイラストの、
端っこに随伴している戦闘艦を元にしたものです。
カレンダーの絵より随伴艦に近づけて描いていますので、だいぶ尖りました。
下の羽を取り去るとそっくりになると思います。
脳内設定としては、アンドロメダ/アンドロメダ2と同じ設計思想の
乗員の少ない、半自動操船艦量産の為の試験艦。
突出した波動砲発射口仕様と共に、後の無人戦闘艦の礎となった、みたいな(^^;)。
色は、キノシタ提督はクリーンアップされた、ヤマト3に登場する練習支援艦と
同じような配色にして、つながりを匂わせてみました。
The aurora that it is made to appear in 2007 cruiser calendar in response
to the request of Mr. KAZU46 was drawn.
When the second was repaired, it made it because it had become an
appearance that did not so look like according to the expectation.
The origin is what this warship drew for the number of matches of the
calendar.
It is based on the combat warship in the
illustration of andromeda 2 by Mr. Miyatake.
It considerably pointed out because it brought close from the picture of
the calendar to the shape of origin ship and it drew.
I think that it becomes just like origin ship if the wing below is removed.
The background is an examination warship for semiautomatic
Ayatsfnecan mass production of the same architecture as
andromeda/andromeda 2.
It became the foundation of the following uninhabited combat warship with
the projecting wave motion launching entrance specification.
The color made to a similar arrangement of color to the practice support
warship that appeared in Yamato 3 to which admiral Kinoshita was clean
improved, and alluded connecting.

2007.5月投稿
posted by 禅芝zenseava at 19:44| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする