2008年01月27日

次元潜行艦 カムチャツカ SSS-01 Kamchatca

SSS01KAMCHATCA.jpg
白色彗星帝国や、ガルマンガミラスに見られる、亜空間/異次元潜行艦を
EDFの技術で再現しようと試作した艦です。
潜水艦そのままって形になってしまいましたが、防衛軍艦艇は元々葉巻型なので
これ以上変わった形にしても、ヤマト世界では無くなってしまいそうな気がします。
舷側の亜空間位相中和ユニットで空間をゆがめて潜っていきます。
亜空間ではビーム兵器が使い辛そうなのでミサイル/亜空間魚雷が主武装、
亜空間ユニットが膨大なエネルギーを消費するので波動砲は未装備です。
It is seen in the white comet empire and Galmangamiras, and the warship made
for trial purposes when reproduce sub-space/different dimension going
warship by the technology of EDF.
Submarine thinks disappearing in the Yamato world about the shape that
changes because the defense warship boat is a cigar originally type any
further though has shaped.
The space is misinterpreted with the sub-space phase neutralizing unit of the
gunwale and it dives.
The beam weapon uses in the sub-space and missile/sub-space torpedo is main arms because it seems to be painful.
Wave motion gun is unequipment because it consumes energy with a huge sub-space
unit.
2007.6月投稿
posted by 禅芝zenseava at 20:56| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする