2014年01月19日

古いスケッチ Old sketch

年末から仕事が忙しくて、絵にあまり時間を割けなかったので
今月分の新作はお休みです。
Work is busy from the end of the year, because I did not avoid too much time to painting,
there have been no posts this month.

なので実家にあった昔のスケッチブックから。多分中学生か高校生のときに書いた絵です。
So, from the sketchbook of a long time ago that was in the home.
It is a picture that I drew in high school or junior high school maybe.


OldSketch01.jpg
探査型ロボット Exploration robot

OldSketch02.jpg
宇宙服、エイリアンの影響を強く受けていますね。
Space suit. It has been strongly influenced by the "Alien".



posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

習作 Étude

MZF3000bk.jpg

今までと違う描き方を試した絵です。
It is a picture that I tried to see how to draw different until now.

線画のトレスアップをイラストレーター上でおこなって、
配色や陰影のパーツもほとんどイラストレーターで描いてから
フォトショップに取り込んで仕上げました。
仕上がりが奇麗になるのは分かっていましたが、予想以上に時間が掛かったので
もっと手間を減らす方法を考えないとダメですね。
It be done in illustrator on the trace-up of line drawing,
and drawing in Illustrator little parts of shading and color scheme,
I capture it in Photoshop, and finished it.
The finish is to clean it but I knew,
time is spent more than expected,
I must be thinking about how to reduce the time and effort more.

メグロ MZF3000
昔オートバイを作っていた目黒製作所が将来も存続していて、宇宙用の
プレジャーボートの新作を発売し
その機種のカタログの表紙ということで描いてみました。
Megro MZF3000
Meguro Works was making a motorcycle in Japan in the past,
have been in existence in the future,
the release of a new pleasure boat for space,
I tried to draw the cover of the catalog of that boat.


MZF3000p.jpg
最初はこちらの色で描いていました。地味ですね。
I was drawn in this color at first. It is quiet color scheme.


posted by 禅芝zenseava at 14:00| Comment(0) | その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

バルキリーの頭部センサー Valkirie head optical sensor

ValkirieHeadOpicalSensor.jpg

日本の航空自衛隊にも導入が予定され、現在初期低率生産中のF-35。
その機首下には光学センサーシステムEOTSが搭載されています。
Introduction is also scheduled to Japan Air Self-Defense Force, F-35 low-rate initial production now.
Optical sensor system EOTS is equipped with its nose under.

http://www.lockheedmartin.com/us/products/F-35LightningIIEOTS.html

いわゆる飛行機の新しい目で、対地/対空用の探知照準システムです。
F-35には他の場所にも赤外センサーが取り付けられており全体として
電子光学分散開口システムを構成して機体の全周をカバーしています。
In the eyes of so-called new airplane, it is aiming detection system of ground / surface-to-air use.
It covers the entire circumference of the aircraft to make up the electro-optical distributed aperture system as a whole infrared sensor is attached to the other places in the F-35.

バルキリーのファイター形態を見てみると、機体下部にバルカン砲身と
いっしょに頭が半分出ています。
この頭には当然バトロイド形態時に使用する光学センサーが搭載されてますので
このセンサーがファイター形態では隠されてしまっているのです。
非常にもったいないです。
If you look at the Valkyrie fighter form, head has come out half along with Vulcan gun barrel to the lower body.
Optical sensor that is used to form when Battroid naturally mean is mounted to the head,
This sensor is they've been hidden by fighter form. It is very wasteful.

他の機体でも確かめてみました。
VF-9では、いい場所にバルカンが付いてるなと思ったらそれは肩でした。
VF-11以降は頭部は内蔵か背面に搭載されて、バルカンも背中に出ています。
それでもヘルメット表面しか外には出ていません。
I tried sure in other VF.
The VF-9, it was shoulder If you think Vulcan is with a good location.
The head is mounted on the back or built-in, Vulcan also looking out on the back VF-11 or later.
Still helmet surface only have to go out.

これからはもう、ファイターだからと無理に顔やバイザーを隠す必要は
無いんですよね。
今後のバトロイドのデザインに生かして欲しいと思います。
From now on, it do not need to hide the visor and face
just because fighter.
I would want to make use of the design of the Battloid future.


posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

ファントムバジャーPhantom Badger

ツイッターで面白い車両についてつぶやかれていたので紹介します。
I will introduce interesting vehicle because it was Tweeted on Twitter.

Phantom-Badger/carbuzz.com

274818.jpg274820.jpg
(c)carbuzz.com

ファントムバジャーPhantom Badger

ボーイングが開発中のV-22専用の小型車両。
Small vehicle of V-22 dedicated Boeing is developing.

V-22の狭いカーゴに通常車両が搭載できないことから開発されました。
V-22の最大カーゴ幅1800mm(70.86インチ)に対して、
1525mm(60インチ)の幅で設計されました。
日本の軽自動車規格の1480mmより45mm幅広いです。
It was developed from the fact that normal vehicle can not be installed in the cargo narrow V-22.
Maximum cargo width of 1800mm (70.86 inches) for the V-22,
It was designed in width 1525mm (60 inches).
Is wider than 45mm 1480mm Japanese mini-car standards.

日本でもV-22オスプレイの導入計画があることから、日本でも同様の車両が
開発される可能性があります。
ちなみに現在の1/2tトラック(通称パジェロ)は、幅が1765mmなので
ギリギリV-55に収まるが余地が無いためそのままでは
機体に固定出来ないはずです。
Because of the implementation plan of the V-22 Osprey in Japan,
there is a possibility that a similar vehicle will be developed in Japan.
By the way, 1/2ton track (aka Pajero) of JGSDF, width is so 1765mm,
It can enter the V-55 in barely, but it should not be fixed on the aircraft as it is because there is no room.

軽自動車規格のパジェロミニ(2013/1販売終了)や
拡幅車両パジェロジュニア(1100cc幅1545mm1998生産終了)、
スズキ自動車のジムニー(幅1480mm)/ジムニーワイド(1328cc幅1600mm)は
そのまま搭載可能だと思われます。
Pajero Mini (Width 1480mm discontinued in 2013) Japanese mini-car standards,
Widening vehicle Pajero Junior(1100cc width1545mm discontinued in 1988),
Suzuki Jimny (Width 1480mm) and Jimny Wide (1328cc width 1600mm),
It suspect that can be mounted directly.

Wikipedia
1/2tトラック 1/2ton track of JGSDF
三菱パジェロミニ Mitsubishi Pajero Mini
三菱パジェロジュニア Mitsubishi Pajero Junior
スズキ・ジムニー Suzuki Jimny


posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

ウルトラメカ-タックドルフィン ULTRA Mechanics - TAC Dolphin

TAC_Dolphin.jpg

ウルトラマンAの主題歌にのみ登場するTACの潜水艇ドルフィン号を描いてみました。
1号は、TACアローは元々ドルフィンだったという話からアロー1号に似せて、高速攻撃型。
2号はイルカっぽく、静穏探査型。
それぞれ3人乗りです。2号は潜水要員の席もあります。

I tried to draw Dolphin of the TAC submarines that appeared only in the theme song of Ultraman A.
From the story that TAC Arrows was originally Dolphin, No.1 to resemble TAC Arrow No.1 fast attack type.
No.2 Like an dolphin, quiet exploration type.
It is a three-seater, each submarines.
There is also a seat of diving personnel No.2.


posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

船尾・艦尾-艫ともの話 Talk of a stern

ShipStern.jpg


船尾は船首以上にいろいろな形があります。
直接波や水流の影響を受けないと考えられていたからでしょう。
船主の嗜好趣味やそのときどきの流行によって選択されていたのかも
しれません。
名称も、いろいろ調べましたが上図のものが正解なのかどうかも
はっきりしません。
文献によって微妙に違っているからです。
There is a a variety of shape on the bow more than stern.
It is probably because was thought to be not affected by water and direct wave.
It may have been selected preferences and hobby of ship owners, by the outbreak of the sometimes.
Although various names were also investigated, the thing of the above figure does not clarify whether it is a correct answer.
Because it changes delicately with literature.

はっきりわかるのはトランサムです。
船尾板、戸立〔とだて〕、戸立板とも言われ、ほぼ垂直の壁板です。
舵の取り付け場所として、和船では櫓の支持板として使われていました。
現代では船外機の取り付け場所になっています。
大型船ではここに扉を作って、荷物や車、作業船の出し入れにも使っています。
What is understood clearly is transom.
It is also called a stern board, an end bulkhead, and a door standing board, It is almost vertical wall panel.
As an attachment place of a rudder, in the Japanese-style boat, it was used as a support plate of the oar.
In the present, it is an attachment place of the outboard motor.
It made the door here in large vessels, I use to putting in and out of work and boats and cars with luggage.

トランサムのある船尾は、車で言うコーダ・トロンカによく似ています。
コーダ・トロンカはイタリア語で「切断された尾」という意味で
空力学的に有効な形状として作られたと聞いています。
空気が車体に沿って流れ、切断された部分を超えて滑らかに流れるので
車体の長さが短いのに余計な渦が出来ずに抵抗にならないという考えです。
Stern with transom, very similar to the coda tronca to say by car.
Coda tronca in the sense of "tail that has been cut" in Italian,
I have heard that it was made as shape an effective aerodynamically.
The air flows along the vehicle body,
since smooth flowing beyond the portion that is cut,
the idea is not to resistance extra vortex is to not be the length of the vehicle body is to short

私は戦後の戦闘艦にもそのような考えのもとに
トランサムが採用されているのだと思っていましたが、
実はそうでは無かったようです。
最近建造されている米巡洋艦や駆逐艦の船尾の水中に
棚のような張り出しが付けられています。
これは自動車でいうテールゲートスポイラー/ルーフウイングと同様に、空気流/水流をスムーズに後方に流す為のものです。
ですのでこの張り出しのない船尾にはそのような働きは
特に無いということなのでしょう。
I had thought the transom and he has been adopted on the basis of such an idea to combat ship after the war, but, in fact, it seems was not the case.
Overhang, such as shelf will carry water stern of U.S. destroyers and cruisers that has been recently built.
As well as the tailgate spoiler / roof wing referred to in the car, this is intended to flow backward to smooth the air flow / water flow.
It would be such work that such not particularly to stern without this overhang.


posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

戦闘艦セント・デイヴィッド BCS-N3-4472 HMS St. David

BCS_St_David.jpg

大英星間連合王国のウェールズセクターに、艦隊旗艦として配備されている戦闘艦。
別名レッドドラゴン。
In Wales sector of the Interstellar United Kingdom of Great Britain, warships have been deployed as a fleet flagship.
Also known as Red Dragon.

最初はキングウィリアム6世をリニューアルするつもりで描いていました。
艦首のデザインが固まらず、やっと決まった艦首にあわせて後ろも形が変わってしまいました。
It was drawn by going to renewed King William VI the first.
Design of the bow does not harden, form I have also changed back to match the bow that was finally decided.

大英星間連合王国4大戦艦のひとつとして描きました。
計画艦N3型戦艦の名称をリスペクトして
ほかに三隻、三か国の聖人名を拝した戦闘艦が存在するという設定です。
エンブレムはウェールズ旗とセント・デイヴィッド旗を合体させたものです。
I drew as one of the four major battleship of the Interstellar United Kingdom of Great Britain.
To respect the name of the ship plan N3 type battleship,
in the background, there are three warships that named Saint name of each country.
The emblem is a crossbreed of St. David flag and Wales flag.


posted by 禅芝zenseava at 14:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

拝領刀 康継 Communion sword Yasutsugu

HairyoTou_Yasutsugu.jpg
先週の記事のグラフィック用に描いた、居眠り磐音江戸双紙の磐音らの
守り刀です。
神保小路道場床下から出土した、佐々木国為が徳川家康から拝領した守り刀。
江戸時代初期の刀工・初代越前康継の作で、刀身一尺一寸の短刀。
茎刀表に「三河国佐々木国為代々用命 家康」の銘があります。
I drew the graphics for a last week article, the guardian sword of Iwane us in samurai novel "Inemuri Iwane Edo Soshi" .
It was excavated from Jinbo alley dojo under a floor , guardian sword that Sasaki Kunitame has communion from Tokugawa Ieyasu.
In the work of master sword craftsman, Echizen Yastsugu -1st of the early Edo period, dagger of 13-inches blade.
There is inscription of "Ieyasu- Ordering the guardian to offspring generations to Sasaki Kunitame in Mikawa country " to front side of hilt core.

ほぼ同じ刀身の刀を参考に大きさを決めて、
初代康継の刀から葵紋や銘の字体を参考に描きました。
昇龍は、ほぼオリジナルなので、時代考証/図柄作法/康継の作風的に正しいかは
よくわかりません。
因に、短刀なので鎬(しのぎ)は付けていません。
Decide the size in reference to the sword almost the same blade, I drew reference to the font of the inscription and Aoi crest from sword of Yastsugu -1st.
Rising Dragon because it is almost my original, I do not know well or correct style of Yastsugu -1st, pattern manners and historical research.
Incidentally, there is no Shinogi (the ridge of a blade ), because it is a dagger.

23型か24型のモニターで見るとだいたい実物大になります。
If you see by the monitor of 23in or 24in , it will become about 1:1 scale.


posted by 禅芝zenseava at 12:49| Comment(0) | その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

ウルトラメカ-マットマーリン ULTRA Mechanics - MAT Marlin

MAT_MARLIN.jpg

今回のウルトラメカはMAT。
MATだけ大型潜水艇を装備していなかったので描いてみました。
マットサブとスカイダイバーを合わせて割ったような感じです。
外洋や深海の怪獣を探索攻撃するための大型潜水艇。
後部格納庫にマットサブを2艇格納できます。

This time is MAT's ultra mechanics.
I tried to draw because it was not equipped with a large submersible only MAT.
It is a design that combines MAT Sub and Sky Diver in UFO.
Large submarine to attack / to search the monster of the off shore and the deep sea.
It can store two MAT Sub in rear hangar.

コメント有りです Please comment


posted by 禅芝zenseava at 14:00| Comment(3) | その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

戦闘艦U3501 Combat ship U3501

U3501s.jpg

昨年アップした海賊船ブラックサンの、元になった
アンブラ級戦闘艦で、IGSソブリン同様Gaean帝国軍の艦艇です。
(アンブラはラテン語で影のこと)
艦首の大型ラムは無く、艦載機滑走路が艦首近くまで伸びています。
主砲塔は中央船体の上下にあって、舷側には大型のセンサーがあります。
艦橋のデザインもブラックサンとは異なっています。

Black Sun pirate ship you upload last year,
was the source for Black Sun, Umbra class warships.
it is a ship of the Imperial Gaean Forces as well as IGS Sovereign.
(Umbra is shadow in Latin)
There is no large ram bow, aircraft runway is extended to near the bow.
The main turrets on the top and bottom of the hull to the center, there is a large sensor aboard.
Are different from the design of the bridge Black Sun.

コメント有りです please comment



posted by 禅芝zenseava at 14:00| Comment(1) | その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

続 船首の話 Continued talk of ship bow

CylindricalBow1.jpg

最近新しい船首の呼び方を覚えました。
シリンドリカル・バウ/シリンドリカル・バルバス・バウ です。
I learned how to call the new bow recently.
Cylindrical-Bow / Cylindrical-Bulbous-Bow。
続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

RB-79ボール考察 Consideration of RB-79 Ball

ball.jpg

機動戦士ガンダムに登場する、モビルスーツの代用兵器
RB-79 ボール。
作業ポッドから開発したにしては、あまりにも大きい。
正面の窓も直径2mだなんて、危な過ぎます。
なので、なんとか小さくならないものかと考えてみましたが…

RB-79 Ball, substitution weapon of mobile suits
appeared in Mobile Suit Gundam.
It was developed from the pod to work, It's too big.
Front windows of 2m in diameter, too dangerous.
So, I think the way it will be smaller, but ...

posted by 禅芝zenseava at 12:07| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

装甲コルベット ノクターン Armored Corvette Noctuam

noctuam522.jpg

特にコンセプトも設定も無く描いた戦闘艦です。
It is the battleship which a concept or background in particular does not have, either and was drawn.

船体が3ブロック+推進機に分かれているのが特徴です。
現代戦車の複合装甲のような感じです。
ノクターン Noctuamはラテン語でフクロウ(梟)のことです。
It is the feature that the hull is divided into the 3 blocks and thruster blocks .
It is touch like the composite armor of a present age tank.
Noctuam is an owl in Latin.

ちまちま描き進めたのでなかなか完成しませんでした。
線画を描いたのが去年の春だったりします。
Since it drew very small steps , it did not complete easily.
The line drawing was drawn in April last year.


posted by 禅芝zenseava at 14:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

姿勢制御考察 Consideration of attitude control

Consideration_of_attitude_controls.jpg

一般的な姿勢制御は上記のような感じです。
おそらくヤマトやアンドロメダにも描写されていない部分に
スラスターがあるのだと思います。
マストや艦底の羽が長いのも先にスラスターが付いているからでしょう。
The usual attitude control is something like that.
Probably, the portion currently described by neither
Yamato nor Andromeda will have a thrustor.
The reason that a mast or wing of a ship's bottom are long
will be that the thrustor is attached at the tip.

私の描く艦艇にもたまに付いていたり付いていなかったりします。
あんまり気にしないで、見た目優先で描いています。
On the ship which I draw, It sometimes is attached or it is not attached.
Do not worry too much, I've drawn with priority given to appearance.


posted by 禅芝zenseava at 14:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

戦艦IGSソブリン Battleship IGS Sovereign

IGS_Sovereign.jpg

Dustin氏の依頼でデザインした、Gaean帝国軍旗艦IGSソブリン です。
先にアップロードしたブラックサンと敵対する勢力の艦です。
ガンメタリックの船体に金のラインとGaean帝国の紋章が入っています。
ブラックサンと同様、船体下部にFTLドライブを装備しています。
Was designed at the request of Mr. Dustin,
it is IGS Sovereign the lead ships of the Gaean Empire fleet.
It is a warship of the influence which turns against Black Sun which uploaded previously.
The golden line and the crest of the Gaean Empire are displayed on the gun-metallic hull.
The hull lower part is equipped with the FTL drive like Black Sun.


posted by 禅芝zenseava at 14:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

ウルトラメカ-ストリームホーク ULTRA Mechanics - Stream Hawk

StreamHawk15.jpg

今回はTDFの単座戦闘機。クラタ隊長の提唱で作られました。
大気圏内を主活動領域に設計され、大気圏外にも進出可能。
This time is a single seat fighter of TDF.
It was made from proposal of Captain Kurata.
The main domain designs inner space
and advance also to outer atmosphere is possible.


続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 10:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

ウルトラメカ-ジュニアビートル ULTRA Mechanics - Junior Vtol

JuniorVtol66.jpg

ウルトラマンの科学特捜隊は
単座の戦闘機を装備していなかったので
描いてみました。
Science Special Search Party in Ultraman
that was not equipped with a fighter of monodentate,
I tried to draw.


posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

宇宙世紀風巡洋艦 Space-century style cruiser

CCSA0233ETRURIA.jpg

航宙汎用巡洋艦エトルリア CCSA-0233
ガンダム風というか、Zplus風の艦艇を描いてみました。
General-purpose space cruiser Etruria CCSA-0233
I tried to draw a space vessel, such as the style of GUNDAM or the style of Zplus.


posted by 禅芝zenseava at 16:22| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

架空水戦 Fictional Float Fighter

SUISEN.jpg

零式水上観測機や二式水戦闘機が好きで
宇宙戦闘機に応用出来ないかと考えていたのですが
なかなかまとまりません。
仕方ないので、架空の水上戦闘機を描いてみました。
I like Type 0 observation seaplane or Type 2 float fghter,
I was thinking whether it can be applied to space fighter,
it not quite unity.
It can not be helped, I tried to draw a fictional float fighter.

暴風は雷電を水戦化したもの。
フロートがあるので、フロペラ径を限界まで大きくして、
火星エンジンのパワーを最大限活用。
離着陸視界の問題も水戦なら問題無し。
Boufu(violent wind) is watercraft spec of Riden.
Increase the limit contact to float the propeller diameter,
maximize the power of Kasei-engine.
No problem if the problem of visibility seaplane takeoff and landing.

乱風は震電にフロートを装備。
重心を若干前に移動させてやると、フロートも前に付けられて
カッコ良くなります、という作例がありましたので従いました。
ついでに垂直翼に外側のフロートを付けてみました。
散香MkBを水戦化したものは探すといっぱい見つかりますが
なぜか震電はあんまりないんですよね。
Ranpu(turbulent wind) is equipped with a float to Shinden.
If you move before the center of gravity, the float is attached to the front.
I put the outer floats on the vertical wings.
Seaplane of Sanka Mk.B, but if you look you will find many, if not found much of Shinden.



posted by 禅芝zenseava at 16:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

最近の船首 Ship bow recently

ShipBowRecently.jpg

絵の題材収集でネットを見たり雑誌を読んでると、
近年変わった形の船首が開発されていることを知りました。
主に大型輸送船用の省エネを目的に開発されたものです。
ついでに近代の戦闘艦の艦首も描いてみました。
When reading a magazine or look at the net for collecting theme of the picture,
I have learned that have been developed in recent years odd-shaped bow.
It was developed for the purpose of energy saving of large transport ship.
I tried to draw the bow of the combat ship also incidentally modern.


posted by 禅芝zenseava at 16:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする