2011年01月02日

謹賀新年 a Happy New Year

2011usagi.png

新年、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。
今年は新しい生活が始まります。期待半分、不安半分。
とりあえず力を抜いて、全速力で走って行きたいと思います。

A Happy new year.
Everyone must have the good thing this year.
This year I will start a new life.
Half expected, half nervous.
Unplug the power now, but I want to go sailing at full speed.






posted by 禅芝zenseava at 16:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

年末の挨拶 Greeting at the end of the year

Yearsend2010.jpg

今年一年、このサイトを訪問していただいてありがとうございました。
よいクリスマス休暇・年末をお過ごし下さい。
Thank you for visiting this site at this year.
Please spend a good Christmas holiday and year end.

追伸
年末ギリギリですが、噂のマルシン工業生産による留之助のデッカードブラスターが発売されました。
初ロット限定300挺は本日から通販とハリコレギャラリーにて販売。
税込み84000円ですか、うーん悩んでしまうところです。ブツは完璧なんですけど。
年明けにも通常販売されるみたいです(まずは700挺生産されるらしいです)。

追伸の追伸
初回300挺は完売したそうです。(12.26.22時)

P.S.
A Blade Runner, Deckard's blaster prop replica out today.
Produced by Tamenosuke, made by Marushin-KK famous model gun.
84,000 yen including tax.

2nd P.S.
The first 300 guns sold out.


留之助商店 ブラスターPROのページ
http://www.tomenosuke.com/blaster/
店主のブログ
http://tenshu53.exblog.jp/







posted by 禅芝zenseava at 16:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

1/500ヤマトプラモデル組立て 1/500 Yamato Plastic Model Kit Assembly

I translated partly because there are many technical content.

BANDAI500YAMATO05.jpg

バンダイ1/500スケールプラスチックキット宇宙戦艦ヤマトを
組み立てました。(写真がだいぶブレています、申し訳ない)
文字通り、一切の改造無しの組み立て。説明書と違うのは
接着剤を使ったことくらい。
色も全体には塗っていません。
甲板やノズルなどに成形色よりちょっと暗いグレーと黒、下面の一部に暗い赤茶を筆塗り。
エナメル塗料で若干残しぎみに墨入れ、全体につや消しクリアをたっぷりスプレーして
所々黒とグレーのパステルで汚しを入れて完了。
(面倒だったのでパステルでの汚しは右舷のみ)

Bandai 1 / 500 Scale Plastic Model Kit
Space Battleship Yamato assembled.
(much to blur the picture, sorry)
Assembly without any modifications.
I painted some part at brush.

BANDAI500YAMATO02.jpg
BANDAI500YAMATO03.jpgBANDAI500YAMATO04.jpg
BANDAI500YAMATO07.jpgBANDAI500YAMATO06.jpg

結構満足感ありますよ。形もほぼ完璧、ほぼね。
グレーを調色していて気がついたのですが、成形色がだいぶ青いですね。
DVDBOXに付属した1/700はほぼ色味にないグレーでしたが
そっちのほうが好みです。
アンテナ、アンカー、パルスレーザーなど細かい部品が多いので
ピンセットを用意したほうがいいでしょう。
部品をランナーから切り離すとき、4回ほど部品を飛ばしてしまいました。
作業がかなり中断されますので気を付けましょう。
あと、墨入れしたときに副砲身、つや消しスプレーをしたときにカタパルトを
それぞれ折ってしまいました。墨入れした塗料が隙間に入って固着したのでしょう。
取り付けは最後がよかったですね。
ちなみに、もう一箱買ってしまったのでそっちは手を入れたいですね。

There are quite satisfying. Almost perfect shape.
Since many small parts, you had better have a pair of tweezers.
By the way, so I bought another box, I put the kid a hand.





posted by 禅芝zenseava at 16:11| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

2011 ヤマトカレンダー 2011 YAMATOcalender

実写版も無事公開され、1/500の模型も発売され
徐々に2010年も暮れようとしています。
個人的に来年はちょっと大変な感じになりそうですが、それはそれ来年の話。
The film also successfully released the live action, 1 / 500 models are also sold,
2010 is almost over.
Personally, next year is going to be feeling a little hard,
but it's next story.

EFcalender2011.jpg

ダウンロード Download

1月・2月 EFcal2011_jan_feb.png

3月・4月 EFcal2011_mar_apr.png

5月・6月 EFcal2011_may_jun.png

年末恒例のカレンダー、
2520EF(Earth Federation)戦艦群壁紙(WUXGAサイズ)です。
1月・2月は100年戦争前期の、17代ヤマトと、映像にちらりと姿を見せる謎の戦艦、名前はレナウン級としました。
17代ヤマトは以前から製作中の、イラスト製作用3Dデータから起こした側面図で
ミード版を元に3次元での整合を取った禅芝版ver1.9です。いずれパースの状態の絵もお披露目する予定。
レナウン級は、ほぼ妄想です。映像からは側面見えないですからね。
3・4月は銀河100年戦争の全期間および戦後の主力となっている戦艦で、インディペンデンス級としました。
設定画をベースにしていますが、映像を元にかなり修正/加筆しています。ブリッジのバランスも変えてあります。
塗装は戦中のものです。この色が標準のような気もしますが、話が途中なのでなんとも言えませんね。
5・6月は第七艦隊のインディペンデンス級と旗艦ブルーノアです。
ブルーノアは復活篇とは塗装もかなり違いますね。
ちなみに主役の18代ヤマトはEFには所属していないので、この分類には入れませんよね。

Annual calendar year-end,
2520EF (Earth Federation) Battleship Group Wallpaper (WUXGA size).
January/February, the battleship in Early 100years War, 17th Yamato battleship,
and a mysterious figure glanced at the picture show, I called renown class.
Yamato the 17th, before being produced illustrations for making a 3D side view of the data caused,
took the match in 3-dimensions to the original version of Syd Mead, is a version of Zenseava ver1.9.
Also plans to debut one of the perspective picture of the state.
Renown class is almost delusional. In the video, side is not visible.
April/March is a battleship mainstay of during and after the galaxy100 Years war,
named the Independence class.
The painting is based on configuration, heavily modified based on video.I changed the balance of the bridge.
Painting is of wartime. But I feel like a standard color, so I say downright story ends in the middle.
May and June is the Independence class and the flagship Blue Noah in Seventh Fleet.
Blue Noah was quite different from painting in Yamato part of revival movie.
Incidentally,the 18th Yamato to lead, so do not belong to EF, I'll not enter into this classification.


コメント有りです Please Comment

posted by 禅芝zenseava at 16:00| Comment(6) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

1/500ヤマトプラモデル到着 1/500 Yamato Plastic Model Kit Arrival

500yamato01.jpg
500yamato03.jpg500yamato02.jpg

さきほど、アマゾンに予約しておいた、
バンダイ1/500スケールプラスチックキット宇宙戦艦ヤマトが
到着しました。
本日はとりあえず到着の報告だけ、組み立てはおいおい紹介します。

デッカいです、箱が。60cmX30cmあります。
うちに積んである最大級の、アオシマ製マイティ号とほぼ同じ大きさ。
完成したものも同じくらいの大きさになるんでしょうね。
(完成すると全長53cmだそうです)
マツモト羽や細かい部品もほどよく尖って、よい印象です。

Earlier, I've booked the Amazon,
Bandai 1/500 Plastic Model Kit Space Battleship Yamato Arrived.
Today's report arrived just now, the assembly will introduce later.
The box is big. There 60cmX30cm(24inch X 12inch).
(Total length of 53cm-21inch- and is completed)
Have piled up in the largest room, almost as large as the Mighty Jack made by Aoshima.
I wonder about the same size as a finished thing.
Temperately pointed Matsumoto-wings and small parts, a good impression.




posted by 禅芝zenseava at 16:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

訃報 西崎氏死去 Space Battleship Yamato Producer Mr. Nishizaki Dies

宇宙戦艦ヤマトのプロデューサー西崎義展氏が昨日11/7亡くなられました。
途中いろいろゴタゴタはあったにせよ、彼がいなければ宇宙戦艦ヤマトが誕生しなかったのは事実でしょう。
その功績は揺るぎないものだと思います。
心からご冥福をお祈りします。
He passed away November 7 of Yoshinobu Nishizaki Space Battleship Yamato producer.
The way the case was different mess, the Yamato was not born if he is true.
I think that achievement unchallenged.
Please pray for the heart.

「宇宙戦艦ヤマト」プロデューサー、西崎弘文さんが船から転落死」
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/101107/tnr1011072027013-n1.htm
'Space Battleship Yamato' Producer Nishizaki Dies
http://www.hollywoodreporter.com/news/space-battleship-yamato-producer-nishizaki-42772
posted by 禅芝zenseava at 18:35| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

旧世代探索機  The older generation spacescout

Type89scout.jpg

100式探索艇の1つまたは2つ前の世代の探索機89式(艇と呼ぶのは若干抵抗あるなぁ)。
並列複座、双発の大気圏内外対応の小型探索機。
この絵は前作の阿武隈に搭載している、日本海軍軌道艦隊所属機です。
(のつもりで描いていたのですが、あっちの絵とは結構違いますね)。

Type 89 spacescout that one or two previous generations of the type100 scout.
Parallel seat, twin-engine aircraft for domestic and foreign atmosphere.
This painting is equipped with the previous SCL Abukuma,
the aircraft belong to the Japanese Navy orbit fleet.
(I was going to draw in the picture over there and it is quite different)




posted by 禅芝zenseava at 16:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

旧世代戦艦 Older Generation Battleship

M20582Orion.jpg

旧世代艦続編、今回は戦艦。
王立海軍宇宙艦隊のオライオンです。
沖田艦よりは大型で、ガミラス戦役時は主力艦の一つとして配備されていました。
最初に艦隊決戦をしたのも同型艦を含む土星軌道第二防衛艦隊で
あっさりガミラスの駆逐艦隊の餌食にされました。
(沖田艦は既に予備役にあった旧々型艦というお話です)
Sequel to the older generation warship, battleship this time.
The Royal Navy Starfleet "ORION".
The larger ships than Okita ship, when Gamilas campaign was
being deployed as a capital ship.
Was also the first battle fleet, including isomorphism ships
in the 2nd defense fleet of Saturn.
Was simply the victim of a flotilla of destroyers Gamilas.
(Okita ship that is setting the old ship we reserve type)

塗装は、大戦末期から戦後のイギリス海軍機がモチーフです。
ポイントは、色を塗り替えるだけでガミラス艦に見えそうなところでしょうか。
旧世代艦ってのは、フィンをつけたりして艦首が大きく見えるようにすると
それっぽくなりますね。
Painting is a motif from the end of war after World War II British naval aircraft.
I would just seem a ship Gamirasu break the color.
When the old generation ship design, appear to be larger and to give them a bow fin,
it seems to be an old generation.

for japanese
ちなみに、あの星座と同じORIONですが、日本だとオリオンって言いますよね。
あっちだとオライオン、あるいはオーリーオーンと言うみたいです。



posted by 禅芝zenseava at 16:07| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

宇宙艦艇船殻構造考 Consider the hull structure of the space warship

SpaceShipHull.jpg

格納庫について考えていたとき、必然的に船体の構造について考えたわけですが
やっぱりこのような放射状の構造だろうなと思いました。
水上艦艇の建造方法に基づいた、水平な階層構造っていうのは
宇宙艦艇的にはあんまり効率が良くないですよね。
ヤマトは本来脱出戦艦で、惑星に着陸して長期間活動するのが
目的でしたから別ですが。一般人もたくさん搭乗させる予定だったでしょうし。

When I was thinking about the hangar,
the hull structure is not necessarily thought about,
And I guess after all these radial.
Construction method based on surface ships
and get a horizontal hierarchical structure
In the space ship is less efficient, I'm much.
The Yamato was the original escapeship,
It was special from the long-term goal is to work the land on the planet.
It was supposed to be a lot of ordinary people on board.

ちなみに、私は宇宙艦艇の艦内は与圧してないのが基本派です。
戦闘時はもちろん、平時も与圧してあるのはブリッジと乗員室くらいだと思っています。
Incidentally, I believe that space ship vessels that
do not pressurize in the basicly.
Combat, of course, there is also pressing the peacetime
think about is the bridge and crew compartment.


コメント有りです please comment




posted by 禅芝zenseava at 16:00| Comment(2) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

ヤマト臨時ニュース Yamato News bulletin ヤマト臨時ニュース Yamato News bulletin

Yamatonewsbanner.jpg


バンダイより1/500スケールの宇宙戦艦ヤマト-インジェクションキット2010年12月発売。7140円。
初回TVシリーズのリメイクとして製作予定で、中止になったアニメシリーズのデザインを採用との噂。
詳細は来月。
From Bandai 1 / 500 scale Space Battleship Yamato - injection molding kit coming out in this December.
Price 7,140 yen.(about 85 US$ )in japan.
Production will be a remake of the1st TV series, animated series was design for suspended, and rumors.

年末公開予定の、実写板宇宙戦艦ヤマトの予告編公開第二弾公開。
Coming in December, Yamato live-action trailer, second edition published.
http://yamato-movie.net/movie_yokoku.html


posted by 禅芝zenseava at 20:52| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

旧世代軽巡洋艦 Older Generation Light Cruiser

これから数回旧世代艦を。
Several times, the older generation ships.


M20551Abukuma.jpg

今回は軽巡洋艦阿武隈です。
ゆきかぜ型の指揮艦といったところでしょうか。
ライラプス号の絵にも似た艦が登場しています。
ガミラス戦以前から戦中の船ですね。
This is a light cruiser Abukuma.
A command ship bind destroyers.
She has appeared similar to the picture Rairapusu issue.
I ship during the war before the war Gamilas.

元々F1を素材に描いていたのですが、うまくいかなくて
途中から旧日本海軍の5500t級系巡洋艦の雰囲気を取り入れて
アレンジしました。
I was originally drawn to F1 material, unsuccessfully,
was arranged in the middle 5500ton-class cruiser incorporating the atmosphere.

ブリッジの両舷の大型砲は戦中に急遽取り付けたものです。
砲の威力と重心のバランスを十分に考慮していないため、
軸線以外の方向に打つと、機体の向きが変わってしまいます。
後方の装備は偵察機のカタパルト兼格納部です。
機体の前半分だけハッチをかぶせて固定収容、
乗務員は狭い通路を通って艦内に戻ります。
Big guns are fitted both sides of the bridge suddenly during the war.
Does not adequately consider the balance of power and gravity gun,
Hit and non-axial direction, will change the orientation of the ship.
Behind equipment is stored in the reconnaissance aircraft and catapults.
Hatch cover only the first half minute fixed aircraft / houses,
the crew return to the ship through the narrow passage.

コメント有りです Please comment



posted by 禅芝zenseava at 16:00| Comment(4) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

宇宙戦艦ヤマト復活篇BD/DVD発売 BD/DVD of Space Battleship YAMATO revival on sale

YamatoRevBlray.jpg


宇宙戦艦ヤマト復活篇のBlu-ray/DVDが、当初の予定より
ひと月以上遅れましたが、やっと発売されました。
ニュースリリースでも発表されましたが、収録予定だった
別エンディングは未収録です。
特別コンテンツの監督や、小林副監督・湖川作画監督のインタビューは
面白かったですね。
続編が見たくなってきました。

The Space Battleship YAMATO revival Blu-ray/DVD,
and that more than a month late than originally planned, was finally released.
It was published in news releases,
Ending yet another planned recording is included.
Special Content, Director Mr.Nishizaki, deputy director Mr.Kobayashi,
and animation director Mr.kogawa interview was interesting.
Has been to see a sequel.

omakefilm.jpg

おまけのフィルムですが、わたしの買ったパッケージには
第一艦橋のカットが入っていました。
たぶん終盤でSUSのメッツラーが姿を現したあたりのカットかと思われます。

The film is a bonus, the 1st bridge scene was also included.
In the end, each scene has appeared Metzler SUS.



posted by 禅芝zenseava at 16:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

高速コルベット Fast Corvette

STARSEEMAmk23b.jpg

南部重工製、惑星近郊の警備用新型コルベットスターシーマmk23です。
OPV(Orbit Patrol vassel)2クラスの規格に準拠した性能を持っています。
これから軍のお偉いさんや開発関連企業の重役をのせてデモフライトです。

高速機動艦隊の世代の艦です。
標準武装は連装備ショックカノンのみ、船内の格納スペースほか
左右のパイロンに各種の兵器が搭載できます。
武装の規模が小さい船なので、民間にも使用が認められています。
左のランチと比べても、小さい艦だということがわかるでしょう。
広報用にデモフライト塗装をしています。

Made by Nanbu Heavy Industry,
security for nearby planets, the new corvette StarSeema mk.23.
It's have a performance standards of OPV(Orbit Patrol vassal)2 class.
This is a demonstration flight carrying executives of companies
and development of military higher-up now.

She is the generation of high-speed mobile fleet.
Armed with standard equipment only twin shock canon.
More storage space on board,
can be equipped with various weapons pylon on both sides.
Since few armed vessels are allowed to use the private sector.
Than even left for lunch, that he will find a small ship.
Paint has been publicity for the demonstration flight.

南部重工のロゴはガミラス戦役以降にリニューアルしたロゴで
波動砲をイメージした六角形(本来はオクタゴン:八角形でしょうね)と
南部家が仕えていた肥前鍋島家家紋の杏葉をアレンジしたもの。
復興を機会に新しいロゴを作った感じですね。

Nanbu Heavy Industry's logo, which was renewed after the Gamilas war.
Hexagon imagine of wave-motionagon gun (originally Octagon)
The logo is addition of crest Gyouyou ( Hizen Nabeshima family's crest that Nanbu family was serving)
to the hexagon imagine of wave-motionagon gun (originally Octagon).
The new logo will make a recovery chance.

実は南部家の家紋が調べても分からなくて
(南部藩の向かい鶴とは違う気がして)
仕えていた肥前鍋島家の家紋をアレンジしました。
ミネベアのマークだと夢がないし。



posted by 禅芝zenseava at 16:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

ヤマト格納庫 Yamato hanger

CT2Hanger.jpg


ヤマトメカニクス画像掲示板で、カズさんが投稿していたヤマトの格納庫について、
私も断面図を簡単に描いてみました。
最外殻は最大の船体断面になっていますが、格納庫の場所でも若干小さい程度ですから
規模はほとんど同じだと想定して描きました。

映像では右のパレット方式で格納しているような感じがします。
この段が2列で20機ですね。
各段は高さがありますので
垂直尾翼の高いブラックタイガーも格納可能だと思います。

左の吊り方式は、車輪を出さないで格納したら
たくさん格納出来そうだと思って描いた方式で、
無理をすればもう一段増やせるかもしれません。
着陸脚は特に艦内で出している必要はありませんし、
その分スペースを稼げます
CT2は機体下面にハードポイントがあるので、
吊ったまま自動兵器搭載装置でまとめて兵器の搭載が出来ると
思ったわけです。
ただし、この高さになるとブラックタイガーやコスモゼロは
搭載出来ないでしょう。

ともかく、この中央の空間は無駄というかもったいない感じがしますねぇ。

The image board YamatoMechanics, Yamato's hangar had been posting
about Mr. Kaz,
I drew a simple cross-section, too.
The outline has the largest hull section,
Slightly smaller size is approximately from the hangar
where it is assumed that drew almost the same.

In the video feel like a palette that contains the right figure.
It is this stage is 20 aircraft in two columns.
Each stage is that there is high,
Black Tiger is also high with a vertical fin, I think it can be stored.

Hanging loader system on the left, if not take out the wheel store
Drawing method that I can think of many stores,
Another step might increase if the force.
The landing gear does not need to ship out to you especially,
earn the size though.
CT2 is the underside of the aircraft so hard points,
I think that weapons can be mounted together with automatic weapons
remain suspended in the system.
However, the Cosmo Zero and Black Tiger and will not be able to be
with this height.

Anyway, I feel this middle space waste.

コメント有りです please comment



posted by 禅芝zenseava at 16:00| Comment(4) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

17代ヤマト作図その3 Drawing part 2 of the 17th Yamato

maekara.jpg

ushiro.jpg

船体を構成する部品を大まかに作り終えたので
バランスを見るために合体させてみました。
大きさがおかしいところ、形状の不備など
修正部分がたくさん見つかりました。
(エントツは幅を直しました。下部艦橋は全面的に作り直しています)
足りない部品(下のフィン・主ノズル内部)や、
スケッチに必要な、最小限のディティールの作り込み、
円筒部分に投影されて見る角度で形が歪む線(碇マークなど)、
やる事はまだまだあって完成はずいぶん先になりそうです。

The components of the hull, making it a rough finish
I will combine to see the balance.
Just wrong size and shape of flaws found in many areas
that need correction.
(Already fixed a wide of chimney. Lower bridge is being completely remodeled.)
Add missing parts,
elaborated to sketch details of the minimum required,
distorted lines and shapes are projected on the viewing angle cylindrical portion,
I still do not finish there is going to be a long way off.




posted by 禅芝zenseava at 16:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

ミサイル巡洋艦とアーセナルシップ Missilecruiser and Arsenal ship

RussianFleet.jpg

ロシア艦隊ミサイル巡洋艦アドミラル・ウーシャコフと
その管制下にある無人アーセナルシップ、カムデン。
With russian fleet guided-missile-cruiser Admiral Ushakov
and uninhabited arsenal ship Camden under the control.

ロシア艦隊の艦艇に垂直発射型が多いのは、
なにも技術が古いのではなく
ガミラス戦役を経て復旧した元ツンドラの永久凍土地帯が地盤が軟弱で
大規模な平面滑走路が構築出来ないため、
サイロ方式で宇宙基地を再建したので
それに合わせてEDF標準艦艇を設計変更している、という妄想です。
で、この巡洋艦も垂直発射方式で、艦尾には艦を支える為の脚構造物があって
艦橋も含めた船体付属物はなるべく外に出っ張らないデザインになっています。
加えて、垂直発射時にバランスを崩さないように、
なるべく左右上下対称になるよう設計されています。
Vertical-launched a fleet of Russian warships, the technology is not old.
Can build a runway for large flat area in the soft ground of
the tundra permafrost,reconstructed from
the space station in the silo system.
It has been redesigned to fit the silo system from
EDF standard type vessels.
This is my obsession.
This cruiser is also a vertical launch system.
Are designed to be symmetrically as possible.

イージスシステムにみられるような、艦隊火器集中制御方式によって
高度な火器管制装置を持たない艦隊航行型の船の建造が可能になりました。
米軍(の外部組織)が発案したアーセナルシップがそれで、
ミサイルだけを積んだコンテナ船のような物です。
本来の構想では戦艦クラスの大きさと防御を持って、
艦名にBBを冠する案もありました。
Fleet introduction of the centralized approach,
such as firearms found in Aegis,
It can now build the ship with advanced fire control system.
It was invented in Arsenal ship U.S. forces outside the organization,
Are like the only container ship carrying missiles.

無人艦の研究の進んでいるEDFでは、このアーセナルシップを
無人運用する艦として設計しました。
完全自立船ではなく、指揮艦からデータリンクによって制御されています。
艦隊と同一行動を取ることも出来ますが、
無人プログラム航行によって、補給艦のように後方から送り込むことも出来ます。
空になった艦は、これまた自動航行で補給基地に帰ります。
元の構想のような重装甲は持たず、VLSにロケットとアンテナを付けたような船です。
EDF is in advanced uninhabited ship research,
Ship designed to operate unattended as this Arsenal ship.
Ship rather than full independence, is controlled by a data link
to command ship.
The same can also take action fleet,
the uninhabited program navigation is also possible to send back.
Heavy armor like the original idea has no,
VLS is like a ship with a rocket and antenna.

*Since this is difficult to translate special,
might be better translated yourself.


コメント有りです Please comment


posted by 禅芝zenseava at 16:00| Comment(7) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

ガミラス戦艦リオプレウリア Gamilas Battleship LIOPLEURIA

BB_LIOPLEURIA.jpg

宇宙戦艦ヤマト第二話に登場した、
ヒトデ型のガミラス高速空母をデザインモチーフに
戦艦を描いてみました。
若干青みがかった濃緑と紫系のグレーで塗り分けられています。
黒く丸いものは、よく分かりませんが、推進機関でしょうか。
名前は首の短い首長竜から。
I drew a battleship design from Gamirasu's fast aircraft carrier
that appeared in the second story of the Yamato.
The ship has been painted bluish dark green and gray slightly purplish.
Black round things, but I'm not sure, is that propulsion?
The name is from the short-necked plesiosaur.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 16:00| Comment(9) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

17代ヤマト作図その2 Drawing part 2 of the 17th Yamato

17thyamatoturretstudy.jpg

船体の寸法出しが大まかに終わったので
砲塔を入力してみました。
細かいところは作図していませんので
角が尖っていたりC面が取っていなかったりします。
後ろの3つの張り出しは、本当は2つなのですが
カッコイイかなと思って試したものです。
2つの場合は砲身と砲身の間に配置することになるでしょう。

Because the size putting out of the hull had ended roughly,
the turret was input.
A detailed point is not drawn.
The corner is sharp, and C respect not takes it on the edge.
It is what tested thinking it is good-looking though
three projections in the back are two in reality.
When the projection is two, it will arrange it between barrels.


posted by 禅芝zenseava at 16:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

恒星間探査船 Interstellar inquiry ship in 2189

ISISlaelaps.jpg

ライラプス号は、2189年に建造された人類初の外宇宙航行船であった。
10kmに近い全長を持ち、乗員は3000名を越え、食料生産設備や本格的な
コールドスリープ設備を備えて船内時間で40年以上におよぶ航海が可能な船である。
この絵は初航海時のものである。
この翌年の2190年、冥王星星域への試験航行中に消息を絶った。
ガミラス戦役の後の調査で、海王星軌道近くで半壊状態で発見された。
ガミラスの遊星爆弾を回避できず航行不能に陥り、ガミラス先遣隊によって
破壊されたことが判明している。

Laelaps was the first outside space navigation ship i
n the human race that had been built in 2189.
It has the total length near 10km, and navigation that exceeds 3000 people,
has the food production facility and the real, cold sleep equipment,
and lasts 40 years or more in time inboard is a possible ship in the crew.
This picture is to navigate first.
This next year in 2190, went missing while traveling to study Pluto.
Survey after the campaign Gamilas was found in a destroyed near Neptune's orbit.
Gamilas avoid the Planet bombs failed to fall into non-navigable,
Known to have been destroyed by the advance team Gamilas.

若干いつものヤマトメカと立ち位置が違うので、ヤマトメカニクス掲示板ではなく
こちらに初投稿しました。
モチーフは東映特撮映画のα号だったりします。
手間は護衛の60m級ミサイル駆逐艦です。
なんとなく考えたストーリー
…デッカい葉巻戦艦>人がいっぱい>コールドスリープ設備>
波動技術前の恒星間航行船…ですが、
架空艦が好きで’昔からよく行っていた
太陽帝国さんhttp://www.cwo.zaq.ne.jp/bface700/rising_flam.html
の地球防衛軍史概要の年表を参考にしようと見に行ったら
ほとんど同じような恒星間探査船が出て来てビックリでした。
反物質推進を使ってしまうとコールドスリープがいらないくらい早く到着してしまうので
それはこちらのオリジナル設定のままにしてあります。
艦内工場やコールドスリープ設備などはヤマトや他の脱出戦艦に設計が流用された、
というという話にしたかったので、コールドスリープがないと困るわけです。
ですからこの船は通常の反応炉動力で、光の30%くらいまで出せることにしてあります。
あと、こちらの話では恒星間探査船はこの1隻だけです。
前の記事で書いた通り、2192年に出発してアルファケンタウリに
2214年に到着する計画にしました。

The motif is a α title of the Toei special effects movie.
It is 60m class guided-missile destroyer of guard that it is at time.
To sun empire's outline of the earth defense military record history
I was surprised because a similar interstellar inquiry ship left most.
http://www.cwo.zaq.ne.jp/bface700/rising_flam.html
It will be able to set sail up to about 30% of light this ship
by usual reactor power.
It made it to the departure of the earth in 2192,
and the plan of the arrival in 2214 at Alpha Centauri.

コメント有りです Please Comment



posted by 禅芝zenseava at 16:00| Comment(5) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

恒星間宇宙船の航行時間 Sailing time of interstellar spaceship

Interstellarsailingarms.jpg
図は恒星間航行決戦兵器です
A figure is Interstellar sailing arms

Sorry, this content is japanese only.
Because it was a difficult content, it was not possible to translate.
It is an article what percentage of speed of light are necessary
for a realistic interstellar sailing.


今用意しているイラストのキャプションを考えていて
宇宙船の航行時間についてざっと調べました。

アンドロメダ銀河まで230万光年、イスカンダル星まで14万8千光年、
人類が初めて目指すであろうアルファケンタウリまででも4.37光年。
ワープ技術が無くてはとても遠く感じられます。

実際どのくらいの速度が出せれば、現実的な旅ができるのでしょう?
ヤマトのストーリーの中では、沖田艦長の戦艦が冥王星の戦場から
火星軌道を通過するまで、3日あるいは7日という描写があります。

天文学では、太陽から地球の平均軌道までの距離を1天文単位(1au)と決めています。
冥王星は太陽から約40au、火星は1.5auです。
移動距離を単純に40-1.5=38.5auと考えましょう。

光の速度は約30万キロメートル毎秒です。
1au=1.5億kmですから、光は太陽から地球まで500秒(8.3分)で着く計算になります。
そこで38.5auはどのくらい掛かるかというと
38.5×500=319.55分=5.33時間です。

ここで沖田艦が掛かった時間から速度を出してみましょう。
3日の場合、72時間÷5.33=光の13.5分の1…7.4%
7日の場合、168時間÷5.33=光の31.5分の1…3.17%
地球はこのくらいまで出せる技術は持っていたということです。

中を取って5.28%、たとえば、あの時は戦闘後で全速が出せなかったとして
光の6%の速度が出せるとしましょう。
その速度でアルファケンタウリまで行くとしますと、
4.37年x100÷6=72.83年。ちょっと時間がかかってしまいますね。(往復だと145年)
コールドスリープで交代で操船したとしても士気が持たないかもしれません。
艦内で世代の継承をしないといけないでしょう。
(コールドスリープでずっと寝てれば何年でも大丈夫でしょうけど、起きててほしいなぁ)

せめて光速の20%は出したいところですね。
これで約22年、なんとか艦内でも地球でも知っている人同士が喜びを分かち合えます。
現地で十分な調査をした上で帰還できるでしょう。
ガミラス戦役前に計画された人類初の恒星間探査、2192年に出発して
アルファケンタウリに2214年に到着する計画であった、ということにしましょう。
イスカンダルから波動技術がもたらされて、苦労する意味はなくなっちゃいましたけど。

※1.実際には等速度で航行することはないでしょう。半行程加速、残りは減速で。
  ですから平均速度ということでしょうね。数字の遊びだと思って下さい。
※2.相対論による艦内時間の遅延は、このくらいの速度だと微々たるもので、
  10ヶ月程度だとおもいます。


posted by 禅芝zenseava at 16:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする