2009年08月30日

主力戦艦構造分析 Mainbattleship structure analysis

劇場アニメさらば宇宙戦艦ヤマト-愛の戦士達-と、
テレビアニメ宇宙戦艦ヤマト2に登場した主力戦艦ですが、
なかなかかっこいい立体模型に恵まれてないと、皆さんは思いませんか?
Will you not think that a Mainbattleship in YAMATO2 is
given to a solid model of a good style?

宮武氏の描いたカラー設定画(プラモデルのパッケージにも使われています)は
結構かっこいいのですが、なぜあのような立体が出来ないのでしょう?
An original picture of a Mainbattleship that Mr. Miyatake drew is a good style.
Why cannot such a solid be done?

さらば世代の艦船に共通する特徴というと、
葉巻型の船体で、回転体の中心が軸線で、その線上に艦首砲、円形インテーク、推進ノズルがあり
宇宙艦として力学的に無理の無い設計になっています。昔ながらのロケットと同じです。
ほとんどの主力戦艦の立体モデルやCGの3Dモデルは、この葉巻型船体の考え方に則って
立体化していると思います。わたしもこの方法だろうと考えていました。
先日製作したバンダイの600円シリーズの主力戦艦ですが、
それを組み立てていて、船体中央の円形のインテークが、
艦の軸線から下にズレているのに気がつきました。
そこで、元の絵がどうなっているか調べてみました。
The common characteristic must to the vessel of the YAMATO2 generation,
by the hull of the cigar type, the center of the solid of revolution is a design
there are a bow chaser, a round intake, and a promotion nozzle on
the axis line and the line, and without impossibility dynamically as a space warship.
I think that I make a solid model of most Mainbattleships and 3D model of
CG solid in accordance with the idea of this cigar type hull.
It was thought that I might be this method.
Though I assemble a Mainbattleship of 600 yen series of Bandai,
and made it to the article the other day,
It noticed though an intake round at the center of the hull shifted from
the axis line of the warship below.
Then, how former picture was going was examined.

MBSfig01.jpg
MBSfig02.jpg
MBSfig03.jpg
これはオリジナルのカラー設定画をトレスして補助線を引いたものです。
fiig.1では、波動砲口と推進ノズルを結んだ線を軸線と考えて、上甲板と、
それに対象となる線を艦底側に引いてあります。
この線の引き方でも緑の線で示した円形のインテークが軸線から下に外れています。
艦首の下のフィンがちょっと下に出っ張っています。
fig.2では、インテークと推進ノズルを結んだ線を軸線としています。波動砲口がかなり上になります。
船体側面のバルジや補助推進ノズルがほぼ軸線上に並んでいるのがわかると思います。
波動エンジンの配置や主船体をメインに考えると、軸線をここに置くのも悪くないですね。
fig.3はfig.1とfig.2の中間な感じで、艦首の上辺と下のフィンの下端の中心と推進ノズルを
結んだ線を軸線としたもので、波動砲口はちょっと上、円形インテークはちょっと下で、
船体全体のバランスは取れているんじゃないでしょうか、
わたしはこれが好きですね。
This is the one to do an original color setting picture in Torres
and to have drawn an additional line.
In fiig.1, it draws in it and the line that becomes an object is drawn at the warship bottom side
with the upper deck by thinking the line where the wave motion muzzle was connected
with the promotion nozzle to be an axis line.
In fig.2, the line where the intake was connected with the promotion nozzle
is assumed to be an axis line.
The wave motion muzzle becomes it considerably upping.
I think that it is understood do the arrangement of
Bulge and the supplementary promotion nozzle on the hull side on the axis line of most.
Fig.3 : in the middle of fig.1 and fig.2.
It is the one that the line where the surface in the prow had been connected
with the center of the bottom of
the fin below and the promotion nozzle was assumed to be an axis line. I like this.

どの絵を見てもわかると思いますが、艦底の前側の四角いインテークあたりの船体は
鎌首を持ち上げたように軸線から外れていて、かなり抑揚のある船体デザインだということが
分かると思います。素直な葉巻型じゃなかったんですね。
ヤマト3に登場するアリゾナはヤマトのようにかなり軸線から離れた位置に波動砲口がありますが
デザインした出渕氏は、主力戦艦のこの形をわかっていてアリゾナをデザインしたのかもしれないですね。
Though it is thought that it understands even if which picture is seen,
I think that it is understood that the hull for each square intake in front of the warship bottom
is a hull design it comes off from the axis line as the snake lifted the head,
and with the intonation considerably.
It was not an obedient cigar type.
Though there is a wave motion muzzle in a position considerably left like Yamato from
the axis line in Arizona that appears in Yamato3, Mr.Idebuchi who had designed the ship
might understand this shape of a leading battleship and design Arizona.

コメント有りです please comment.
posted by 禅芝zenseava at 17:29| Comment(2) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

17代YAMATOモデル Solid models of 17th YAMATO.

17thYamatoModel_1.JPG
17thYamatoModel_2.JPG17thYamatoModel_3.JPG17thYamatoModel_4.JPG
17thYamatoModel_5.JPG17thYamatoModel_6.JPG17thYamatoModel_7.JPG
17thYamatoModel_8.JPG17thYamatoModel_9.JPG
ウインダリァの小椋彩さんが、私の描いた17代YAMATOを参考に
立体モデルを作ってくれましたので
ここに紹介します。
立体にすると格好良さが際立ちますね。
It introduces it here,
Aya Ogura of the Wyndalia made solid models of 17th YAMATO.
How this ship is good style when making it to the solid is understood.

ここが彼のサイトで、原型の写真もあります。
Here is and there is a prototype photograph on his Web site, too.
http://44058059.at.webry.info/

このモデル、キットとして製作されたのですが
残念ながらトレジャーフェスタ、ワンダーフェスティバルと
版権が降りず、現在販売は不可能になっています。
展示の申請もしたそうなのですが、それも不許可だったそうです。
おそらく世界で唯一の立体モデルなので、
関係者の方々、ぜひ許可をお願いします。
Though this model was produced as a resin kit.
To our regret, sales are impossible now.、
neither the Treasure festival, the wonder festival nor the copyright get off.
It seems not to have been permission though it seemed to have applied for the exhibition.
Parties concerned, please permit by all means perhaps
because it is the world and it is the only solid model.
posted by 禅芝zenseava at 15:10| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

コスモパルサー CosmoPulsar

CosmoPulser.jpg
Pixivでキノシタ提督が主宰して開催中の
宇宙戦艦ヤマト復活篇応援企画参加作品。
ヤマトの新艦載機コスモパルサーです。
細かいところはよくわからないので適当なディティールが入っています。
なんかコスモパルサーらしさが一番伝わらない方向の絵ですね。
It is a Space battleship Yamato :Resurrection assistance project entry
admiral kinoshita's presiding with Pixiv and holding it.
It is a new carrier-based aircraft Cosmo pulsar of Yamato.
There is a suitable detail because it doesn't understand a detailed point well.
It is a picture seen from the direction where it is transmitted least
that it seems to be a Cosmo pulsar.
(英訳の:Resurrectionは公式名称ではありません。 ":Resurrection" is not the official name)

ついでにこんなものも作りました。
These kind of things were incidentally made.
SBY_Resurrection_Banner.jpg
posted by 禅芝zenseava at 14:43| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

クリーブランド スケッチ USS Cleveland Sketch

Clevelandsketch1s.jpgClevelandsketch2s.jpg
Donさんがクリーブランドの3Dを作る参考に描いたスケッチです。
ネタもないのでお披露目しました。
These are sketches drawn in the reference from which Mr. Don makes 3D of Cleveland.
It announced because there was no theme of the blog.
posted by 禅芝zenseava at 16:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

巡洋艦クリーブランド SCG-3055 USS Cleveland

USSCLEVELAND.jpg
ミサイル巡洋艦クリーブランドです。
私のイラストを3D化してくれたりして
いつも応援してくれるMr.Donのリクエストで描いた船で、
アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦フライトIIAを宇宙艦艇化したものです。
元の艦のイメージはあまり残っていないかもしれません。
AN/SPY-1フェーズドアレイレーダーは、光学センサーっぽく描き換えてあります。
It is guided-missile-cruiser Cleveland.
By ship drawn by requesting Mr.Don in which it always assists by making my illustration 3D.
It is the one that Arleigh Burke class DDG flight IIA was made a space warship.
The image of former warship might not remain so much.
AN/SPY-1 phased-array radar is drawn in the optical sensor and changed.

いつも新作はYamatoMechanics画像掲示板に投稿するのですが
ヤマト世界の艦艇っぽく仕上がらなかったので、
こちらに投稿しました。
Though I always contribute the new work to the YamatoMechanics image board,
It contributed here because it had not finished like the warship in the Yamato world.

コメント有りです Please comment.
posted by 禅芝zenseava at 17:40| Comment(6) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

はやぶさ級ミサイル艇 Hayabusa class missile boat

SPG8823Khamsin.jpg
SPG8824PEREGRINE.jpg
イメージソースは、海上自衛隊のはやぶさ級ミサイル艇です。
観艦式の映像にあまりにもすごいスピードで映っているのを見て、トキメキました。
これに、コスモタイガー2とゆきかぜを混ぜてEDFミサイル艇に仕立ててあります。
全長がゆきかぜ同等の100m弱で、ワープが出来ないので”艇”という分類にしました。
思い付いたのは夏ですが、昨年中は戦艦クラスに限って描いていこうと決めていましたので
ずっと熟成させていました。
The image source is Hayabusa class missile boat of the Japan Maritime Self-Defense Force.
It is seen to be reflected in the image of the naval review at a too terrible speed, It throbbed.
It is tailored in the EDF missile boat mixing DDG Yukikaze ,
Cosmo Tiger 2 with Hayabusa.

カムシンというのはエジプトに吹く強い風のことで、イタリアのマセラティの車にも付いている名前です。
SPG-8824は、ゆきかぜをイメージした観艦式(学校の参観日みたいな儀式)記念塗装版です。
ペレグリンはハヤブサ属の一種で代表的なハヤブサの名前です。
With the strong wind where you blow Khamsin in Egypt, it is the name which has been attached to also the car of Italian Maserati.
SPG-8824 is the naval review commemoration paint edition which represents Yukikaze.
Peregrine in falcon being attached one kind, is name of the typical falcon.

2009.2投稿
posted by 禅芝zenseava at 16:25| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

ヤマトの艦首の話 About stem of Yamato

ヤマトメカニクス画像掲示板で話題になっていましたが
先に公開された、宇宙戦艦ヤマト復活篇に登場する3Dで作成された
ヤマトの艦首の形状について。
Published last week,
Chapter resurrection appeared to Space Battleship Yamato
The 3D shape of the stem of the Yamato was created.

バンダイから発売されている模型も同様ですが
波動砲口の後方の、フェアリーダーの下にくびれがあります。
あの形、私はあまり好きではありません。
The same model has been released from Bandai
Behind the wave of the gun, there is constriction under fair leader.
That way, I do not like much.
YAMATOSTEM.jpg
上図は以前描いたヤマトの一部ですが、この形のように
フェアリーダーと波動砲口後方はスムーズに繋がっている形が好きです。
へさきの断面の波動砲開口部の下にあごがあるように
側面の形状も、そのあごがそのまま小さくなるように中央船体に繋がっていく形状です。
Above the previously drawn part of the Yamato, as shown in this
Fair leaders and backward wave gun is like the shape of a smooth connection.
As the opening gun under the chin to the wave of stem cross-section
The shape of the side, is connected to the hull shape will become smaller as central to the chin.

宇宙戦艦ヤマト復活篇のプロモーションビデオが
Youtubeなどにアップロードされています。
本日現在だと、音声編集版が残っているようです。
興味あるかたは探してみて下さい。
Promotional video for the Space Battleship Yamato Resurrection Chapter
Youtube has been uploaded to.
And now today, they still sound editing version.
If you are interested, please look for.
posted by 禅芝zenseava at 16:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

宇宙戦艦ヤマト復活編情報 New Star Blazers news

ANCHOR.jpg
この週末に宇宙戦艦ヤマト復活編の情報が色々出てきました。
静岡ホビーショーで、プロモーション映像の上映、パンフレットの配布が行われているようです。
そして、5/15から公式サイトがオープンしました。
サイトではプロモーションDVDの配布が無料でおこなわれており、掲示板も設置されています。
映画の公開も2009年12月12日と決まったようです。
これから夏にかけていろいろ盛り上がってきそうで楽しみです。

On this weekend
Information on the chapter of the space battleship Yamato revival has come out variously.
In the Shizuoka hobby show 2009,the promotion image screening and
the pamphlet are distributed.
And, an official site opened to May,15 .
Promotion DVD is distributed on an official site, and the bulletin board is set up.
The movie release seems to have been decided December 12, 2009.

静岡ホビーショーサイト Shizuoka hobby show 2009 site
http://www.hobby-shizuoka.com/

宇宙戦艦ヤマト復活編公式サイト Space battleship Yamato revival official site
http://www.yamato-movie.com/index.html
posted by 禅芝zenseava at 14:13| Comment(4) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

航空母艦アークロイヤル X SCV-03 HMS ArkRoyal X

SCV03ARKRYAL10.jpg
いろいろな絵に名前だけ登場していた
シングルデッキのフルサイズ航空母艦アークロイヤル X 。
(今までV-5thだったのですが、現行の空母で5隻目らしいので10thに変更)
伊吹の倍、エリダヌスIIの半分の艦載機を搭載。
艦首の大型ハッチは、大型艦艇の格納庫兼発進口で
この艦にはコスモアリゲータ級魚雷艇が3隻搭載されています。
当初の構想だと、艦首波動砲があったり、
カタパルトの位置が違っていたりしましたが、
最後は伊吹やエリダヌスIIの形状要素を取り込んで
まとめました。
エリダヌスIIの前に考えていたので、ひとつ肩の荷が下りました。

Only the name appeared in various pictures.
Full size aircraft carrier arc royal X in single deck.
(Because it seems to be the fifth ship in a present aircraft carrier,
change to 10th though it was V-5th up to now. )
The number of aircrafts is twice Ibuki, and half of Eridanus II.
A large-scale hatch in the prow : at the hangar and the start
entrance of the torpedo boat.
Three Cosmoarigatar class torpedo boats are installed in this ship.
The shape element of Ibuki and Eridanus II was taken and brought
together at the end in case of the plan at first though was prow wave
motion, and was different the position of the catapult.
One load of the shoulder descended because it had thought in front of
Eridanus II.

2008.6月 投稿
posted by 禅芝zenseava at 16:04| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

戦闘機の系譜 Genealogy of fighter

GenealogyOfFghter.jpg
私の中ではこんなふうに、零式戦闘機と、セイバーとコスモタイガー1(ブラックタイガー)が
繋がっちゃってます。
In me in this way
Zero fighter, Sabre, and Cosmo Tiger 1(black tiger) are connected.

GREENFIGHTERS.jpg
最初はこんな色で塗っていたんですが
なにか今一だったので変えました。
It changed it first though it painted in such a color because it was not so something good.

大事なニュースを忘れていました。
3月18日から開催された東京国際アニメフェア2009で
「宇宙戦艦ヤマト」の新作アニメーションが2009年内公開予定で製作中と
東北新社より発表がされました。
最終話から約20年後が舞台で、移動性ブラックホールの影響で移民を迫られた地球に
新たな脅威が出現し、それにヤマトが立ち向かっていく話だそうです。
2008年8月に発表された内容とほとんど変わっていませんが
パチンコヤマトのCG映像を見たあとですから
やっぱり楽しみですね。
Important news had been forgotten.
In Tokyo international anime fair 2009 held on March 18,
New animation of "Space battleship Yamato" was announced by a Tohokushinsha film corporation
in 2009 the schedule of opening to the public.
From the final story in the stage after about 20 years,
The new danger appears in the earth to which the immigrant was pressed because of the mobility black hole,
It seems to be a story that Yamato confronts it.
With the announced content in August, 2008 though it was hardly changeable
After all, it is the enjoyment of me because it does after seeing the CG image of pachinko Yamato.

GA グラフィックのニュースページです。It is a news page of GA graphic.
http://ga.sbcr.jp/manime/012583/

コメント可です、 Please Comment.
posted by 禅芝zenseava at 16:00| Comment(3) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

デスラーの艦 Dessler's ship

ZoldialGamilasai.jpg
前の記事に描いたデスラーの戦艦をクリーンアップしてみました。
ガミラスの船は意外と白色彗星帝国のような目立った様式が無くて、
まとめるのに四苦八苦しました。
結局たいして面白く無い形に落ち着いてしまいました。60/100点くらいですか。
唯一の特徴は、顔でしょうか。
顔の後に、デスラー専用の戦闘機が格納されています。
名前に特別な意味はありません。ガミラス語、です(^^;;
The battleship of Dessler drawn in the article before was clean improved.
Because there was unexpectedly no remarkable style like the white comet
empire, the ship of Gamilas troubled though brought together.
After all, it has settled down in the shape that not is very interest.
it's about 60/100 points.
Only feature is the face.
The fighter only for Dessler is stored after the face.
There is no special meaning in the name. Gamilas word?

2008.6投稿
posted by 禅芝zenseava at 16:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

修理艇と運搬船 Repair boat and Conveyance boat

shuriunpanboat.jpg
時々ヤマトのDVDを見ながら絵を描く作業をしているのですが
BGVにはなりにくいですね、どうしても手を休めて見入ってしまいます。
Though work to draw the picture while sometimes seeing DVD of Yamato is done,
It is not easy to use it for BGV.

ところで、アステロイドベルトの修理の時や、鉱物採掘のときに、
それこそワサワサ出てきた修理艇と運搬船。
どこかのブログにも、数大杉と書いてありましたが、その通りです。
ブラックタイガーでさえどうやって載せるんだという議論があるのに
ひと周りもふた周りも大きいこれらの艇が20艘近く出てきてしまうんですから
困った物です。
By the way, the time of mending the asteroid belt and when you mine the mineral
though it is a lot of repair boats and conveyance boat that have come out.
I think that it is the street though it was written that there were a
lot of numbers also in the blog somewhere.
With this, it is not put by Yamato.

そこで考えてみました。
よくみると案外にているこの2種類のボート、同じ基本から作れないかと。
大きさについては画面ごとに違うので無視して、構成を近づけてデザインしてみました。
艦内には基本モジュールのまま重ねて、あるいはパーツ状態で保管すれば場所も取りません。
メインフレームの拡張もできますから、もっと長い構成もできます。
どうでしょうか、スペース1999のイーグルみたいな感じです。
たまたまあの黄色い運搬船は大気圏飛行仕様の翼とフェアリングを装備してたんです。
タイタンだったら羽なくても行けたはずなんですけどね。
バラン星の時のように、探査/研究要員がいっしょに乗るときは
4座仕様のコクピットにすげ替えます。並列座席なので中央に乗降口があります。
修理用には、宇宙工作スーツのまま乗り降りできるように
開放型のコクピットがあります。
Then, it thought.
Cannot these two kinds of boats that exist outside the idea be made from the
same basis when often seeing?
The composition was brought close disregarding it and it designed
because it differed about the size in each screen.
The place is not taken up if it keeps it in states of parts.
It is just like an Eagle in space 1999.

記録全集を持っていないので、この2種類のボートの正確な設定はよくわからないのですが
ウイキペディアの記述によると両方ともキャプテン加藤氏のデザインによるものとのこと。
彼のことですから、こんなことはあたりまえに考えてデザインされたのかもしれません。
(どこかに同様の考察をされている方がいるかもしれません。あまり調べないで書きました。)
It doesn't know an accurate setting of these two kinds of boats well.
Mr. Naoyuki"Captain"Kato designed both according to the description of Wikipedia.
Because it was him, these kind of things might have been designed by naturally thinking.

コメント可です、 Please Comment.
posted by 禅芝zenseava at 16:00| Comment(4) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

パチンコCRヤマト2の映像がすごい件について CG of space battleship Yamato in Pachinko game

Tamaさんのとこや、ここでもよくコメントを下さるみちあきさんが
よいものを教えてくれましたので、ここに紹介します。
Because habitue's Michiaki taught the good one, it introduces it here.

先に、株式会社 藤商事から発表された新しいパチンコ台
CR宇宙戦艦ヤマト2に使われているヤマトの3DCGが
すごい映像で、ネットの一部で話題になっています。
その映像は下記の特設サイトでご覧になれます。
The CG Animation that is adopted Yamato for the theme of
Pachinko-the gambling game machine in Japan-,
and is used in that is amazing.
It can see the image on the following specially-installed site.

http://www.cryamato2.com/

なかなか迫力ある映像で、メカ心のある人が手がけた感じがしますね。
本編はパチンコ屋に行って見るしかないんですが、
パチンコはやらないので見れないのが残念です。

ここまでクオリティの高い3DCGだと
これに相対する、人物の登場する場面は実写か3DCGでないと釣り合わないかんじですが
映像作品としてそれが日本で作られることはないでしょうね。
(海外で作ってもドラゴンボールのように非難の嵐でしょうけど)
It is regrettable not to schedule the movie to be made as
it is though this is 3DCG of a very high quality.
posted by 禅芝zenseava at 20:24| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

波動砲艦 Wave-motion Gun Ship

SBBW245VESUVIO.jpg
通常の1.5倍の開口面積を持つ波動砲を4門搭載。
2基の、逆回転のフライホイールを持つ
砲撃専用の波動エンジンを装備。
拡散モード攻撃で、直径約1万kmの範囲の敵艦隊を
壊滅/行動不能な状態にすることができる。
主に波動砲エネルギー吸収剤散布ミサイルランチャー艦とともに
艦隊を組み、開戦時に先制攻撃を掛け敵艦隊を弱体化するのが目的である。
キノシタ提督のサジタリウスが精密狙撃銃であるのに対して、こいつは
ショットガン的な艦です。
陸軍の自走砲と似ているかもしれません。防御力はほぼ皆無ですし、
移動しながらの砲撃もできません。
The wave motion gun which has the opening area of normal 1.5 times 4 loading.
2, equipping the shelling dedicated wave motion engine which has the
flywheel of opposite revolution.
With spread mode attack, to put in devastating/incapacitation state it
is possible the enemy fleet of the range of diameter approximately
ten thousand km.
Perhaps it has been similar to the mechanized gun of the army.
Defensive power almost it is nil while and, moving, either shelling is
not possible.

2008.8投稿
posted by 禅芝zenseava at 16:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

第17代ヤマト新資料 17th YAMATO New data

新作の作画もなかなか進まないので、
YAMATO2520のビデオキャプチャーを撮っていたところ
面白い絵を発見しました。
Because either drawing the new work does not advance easily,
When the video capture of YAMATO2520 is taken the interesting picture was discovered.
17thYMT_DF.jpg

従来どこにも無いと言われていた第17代ヤマトの内部透視図と正面図が出てきたのです。
第2話の開始から16分ころの、セイレーンドッグで新戦艦の設計を始めた場面で
新ヤマトのワイヤーフレームが出てくるのでそれを目安に探すといいでしょう。
Until recently it means that the 17th generation Yamato that it is not everywhere,
internal perspective drawing and the elevation view appear.
From start of 2nd story around 16 minutes,
With the scene which begins the design of the new battleship in SALANE dock.
Because the new Yamato wire frame comes out, you should have searched that in the marker.

以前からここに図面が出てくるのは知っていましたが
どうせ18代ヤマトの図面を流用してるんだろうと思っていました。
事実、インターネット上にアップロードされている画面キャプチャーにもありませんし
みなさん同様に思っていたのではないでしょうか。
I had known that from the time before the plan appears in here,
and thought that the 18th Yamato drawing was diverted.
It is not found on Internet and everyone is not to think in the same way, probably will be?

シドミード氏は、18代だけでなく、17代の内部図解も描いていたんですね。
まぁマメというか物好きというか。
(おそらく作図の依頼はあったでしょうが、あそこまでの詳細図を依頼したわけではないでしょう)
As for Mr. Mead not only 18th, drawing also the internal diagram of 17th.
Is it diligent or curious?

このキャプチャーは、かなり劣化の進んだVHSから撮ったものですから
不鮮明で、中に書いてある17thヤマトの名称と思われる文字も読み取れません。
(ナレーションでは船籍番号EH2502と言ってますが、どうもそれとは違うような)
できればより高画質な絵が欲しいところです。
LDなどのより奇麗な絵で画面キャプチャーを撮られたかたがいらっしゃったら
送っていただけると助かります。
Because this capture is the one having taken it from considerably advanced by
deteriorate VHS, it is indistinct.
It took it from LD with desirous more beautiful screen capture.

私が初めて見る正面の断面図があったことで
これからの作画の作業がずいぶん捗るのではと思います。
先に作図した側面図とスケールを合わせた正面図/各種断面を描く予定です。
In the cross section in front of that I see for the first time there,
I think that the work of drawing in the future makes progress fairly.
Front chart/section where the side chart that had been drawn last year was
matched to the scale is scheduled to be drawn.


コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 16:00| Comment(12) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

大型戦艦シャピアロン BB Shapearon

BBSHAPEARON.jpg
元々駆逐艦の2倍艦として登場するはずで、ミサイル艦になってしまった
白色彗星帝国の大型戦艦を描いてみました。
(設定のラフ画までは戦艦だったようです)
超大型空母の材料を混ぜて作ってあります。
白い船体がわかりやすいように
設定画風の背景を付けてあります。
A large-scale battleship of the white comet empire was drawn.
It is a warship has been originally changed into the missile warship
being sure to appear as twice the destroyer.
(Even the rough picture of the setting seems to have been a battleship. )
The material of a super aircraft carrier is made mixing it.
The background of a set style of painting is put like being
comprehensible a white hull.

2008.5月投稿
posted by 禅芝zenseava at 16:24| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

巡洋戦艦 天城 Battle Cruiser Amagi

M22475AMAGI.jpg
ガミラス戦役終決後、EDF再建を早めるため統合整備計画が実施され
その中で、従来EDFを共同運用する各国軍で区々だった艦船の標準化が計画された。
小型中型艦船の標準化作業も終わり、EDF装備部は最後に標準主力戦艦の設計案を
提示するよう、各国軍に通達した。
巡洋戦艦天城は、日本海軍が提示し、最終選抜候補として実際に建造され
選抜運用試験で各国の候補とその優劣を争った艦の1つである。
日本海軍艦政本部と南部重工艦艇設計部の共同設計によるこの高速巡洋戦艦は
高性能と操艦の容易さから運用評価は高かったものの、非常に高価なことと
複雑で繊細な設計が災いして、最終的には北米連邦のBorodino級に標準主力戦艦の座を譲った。
選抜試験の後、標準戦艦に共通する装備を追加するなど若干の改装を受け
練習艦として新たに就役した。
日本海軍に所属する水兵のほとんどが一度はこの艦で訓練を受け
各艦隊に配置される為、水兵はこの艦を親しみを込めて母船や学校と呼んでいる。

After Gamilas war end, standardization of the vessels which was various in each nation's armed forces which a unification maintenance plan was carried out to hasten the EDF rebuilding, and applied EDF jointly conventionally in that was planned.
The standardization work of the small and medium-sized vessels was over, too and notified each nation's armed forces about the EDF equipment region to show the design plan of the as standard equipment main battleship last.
Battle cruiser Amagi presents by the Japan Navy, is built
actually as the final selection candidate, and is one of the warships
that fight over the candidate in each country and the superiority or
inferiority by the selection operation examination.
Finally, a very expensive thing and a complex, delicate design did
harm, and this high-speed battle cruiser transferred the seat of a
standard leading battleship to the Borodino class of the North
America federation because of the easiness of high performance and
the control though the operation evaluation was high.
Some redecorating was received as common equipment to a standard battleship after the selective
examination was added, and the go into commission as the practice warship newly.
Because it is arranged by each fleet after most of the sailor who belongs to the Japan Navy takes training once by this warship, the sailor puts familiarity and is calling this warship the mother ship and a school ship.

2008.6月投稿
posted by 禅芝zenseava at 17:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

第17代ヤマト側面図 17th YAMATO side drawing

17thYAMATO_hikaku.jpg
収集した資料の中に17代ヤマトの側面図があります。
初めて見るもので、タッチからシドミードがMiniCADで描いたものとおもわれます。
はじめ、17代ヤマトは小林誠氏がデザインしたと思っていましたから
ちょっとびっくりしました。
There is 17 generation Yamato side drawing in the data which I collected.
For the first time being something which is seen,
it is thought as the thing which from touch SID MEAD draws with MiniCAD.
I to begin, because thought 17 generation Yamato, that Mr. Makoto Kobayashi
designed, just a little you were surprised.

原図そのものを公開するわけにはいきませんので
わたしがとりあえずトレスして着色したのもでご勘弁ください。
これでもまだそのままに近いのでぼかしてあります。
It is not possible to release master drawing itself.
I tracing temporarily, please pardon also with the fact that it colors.
Being still to be close to original drawing even with this, it is gradated.

原図で一部辻褄の合わない部分や、アナログコピー過程で
長さが変わった部分、歪んだ部分を直してあります。
映像で判明している細部を書き加えて
年内にもっとはっきりしたものを公開するつもりですが
だいぶ直すことになりそうなので、こちらもver.Zenになりそうです。
The part where length changes with the part and the analog copy
process where part coherence is not agreeable with master drawing and
the part which is warped are corrected.
t is the intention of releasing revision edition even within year.
It may come to the point of correcting considerably because is, this may become ver.Zen, is.

資料には、大きさに関する記述もあり、標準戦艦が300m、
17代も同じおおきさで側面図が並べられていることから300mの設定だと推測されます。
ただ、特別な目的で作られた艦であり、第七艦隊司令が、18代を一目見て
ヤマトだと判断したことから、17代も近い規模の艦だと思えてなりません。
たまたま作業用に調整した画像が380m強の大きさで、なかなか雰囲気が合っていましたので
ver.Zen的には382mにしようかと思っています。
なにせ映像中のバランスといろんな箇所で違っているものですから
300mだと標準戦艦より貧弱な艦になってしまうんです。
With configuration it has become total length 300m.
In ver. Zen it is the intention of deciding 382m.

ともかく、パーススケッチのほうも、この側面図に沿って
改修することになります。
しかし、そのまま取り入れても映像中の形やバランスと違うところも多く
少し困っています。
もしかすると、映像版とシドミード版の、2つのスケッチが必要かもしれません。
Also perspective sketch, means to repair alongside this original drawing.
But, adopting that way, also shape in image and the place where it is
different from balance have been troubled mainly.
Perhaps, two sketches of image edition and SID MEAD edition necessity.

コメント可です please comment.
posted by 禅芝zenseava at 16:00| Comment(11) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

戦艦グローリアス Battleship Glorious

M21936Glorious.jpg
旧世代最後の未成戦艦。
当時最大最強の宇宙戦艦として構想され、
軌道艦隊の旗艦に就役する予定であった。
ガミラスの侵攻が始まったころ設計は完了して
建造が最優先で進められたが、
各所の戦闘で、地球艦隊の艦艇では
ガミラスの攻撃に全く歯が立たないことがわかり、この艦の建造も中止された。
用意された資材は脱出艦艇の建造に回されて行った。
Unfinished battleship at the old generation end.
At that time, the plan as the maximum, strongest space battleship, and
the go into commission to the flagship of the orbit fleet were scheduled.
The design was completed when the invasion of Gamiras started and
construction was advanced in top priority.
In the combat of each place, in the warship of the earth fleet
It was understood that it was quite too hard for the attack of Gamiras,
and was discontinued the construction of this warship.
Prepared materials were turned to the construction of the escape warship.

(YMIBに投稿したときと艦番を替えています。 Warship number is changed when contributing to YMIB.)

2008.5月投稿
posted by 禅芝zenseava at 16:17| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

大戦艦イェーゲン/タレスザンザー Great Battleship YAGANE/TALLES XANZER

YAGANEXANZER.jpg
不遇の大戦艦の次世代艦として、同じ設計集団が開発した大型戦闘艦。
デスラーのもたらしたデスラー砲の技術によって、
小型化に成功した艦首殲滅砲を装備。
砲専用のジェネレーターを持つため
ワープや高機動時にも影響されないで砲撃できる。
惜しむらくは、建造中だった初期ロット十数隻が、都市帝国の崩壊に
巻き込まれて、宇宙の藻くずと消えたことである。

Large-scale warship that the same design group developed as
the next generation warship of DAISENKAN of misfortune.
It equips it with prow Annihilation Gun that succeeds in the miniaturizati
on by the technology of Dessler that Dessler Gun.
With the generator only for Annihilation Gun,
It is possible to bombard it without being influenced when it is a
warp and is high mobile.
The first built many are rolled in the collapse of the city empire,
and have disappeared.
posted by 禅芝zenseava at 16:53| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする