2017年02月12日

アイリッシュ級戦艦初期案 Initial design plans of IRISH class BB

IRISHclassInitialDesign.jpg

私は最近アイリッシュ級戦艦がアーガマだけでなくマゼラン級戦艦も基に
設計されたことを知りました。
それならなぜその艦をマゼラン級がベースだともっと分かるデザインに
しないのかと思いました。
そこで自ら初期案を設計することを思いつきました。
I recently learned that the Irish class BB was designed not only for Argama but also for Magellan class BB.
Then I thought why the ship would not be a better design that Magellan class would be the base.
So I came up with designing my own initial plan.

plan4011
マゼラン級の船体中央に単列の滑走路や格納庫をレイアウトした設計案。
極力マゼラン級の設計や搭載機器を流用し、マゼラン級の火力も維持。
設計期間や工期の短縮、費用の低減を図れる案で、艦隊戦力が不足している
エゥーゴには早急な戦力増強が望まれ、費用の低減も図れることはエゥーゴの
スポンサーにも好都合であった。
(新造艦に退役したマゼラン級のパーツを流用することも検討された)
但し、MSの運用機数が少なく現場要員には不評であった。
A design plan that laid out a single lane runway and hangar at the center of Magellan class hull.
As much as possible Magellan class design and mounted equipment are diverted,
Magellan class fire power is also maintained.
It is a plan that can shorten the design period and the construction period and reduce the cost, A.E.U.G. short of fleet war potential is urgently required to strengthen the fighting power, and it is also convenient for A.E.U.G.'s sponsor to be able to reduce the cost.
(It was also considered to divert Magellan class parts retired to new ship)
However, the number of MS operated machines was small, which was unpopular for site workers.

plan4013
マゼラン級の船体左右両脇に滑走路や格納庫を有し
アーガマ同様のMS運用が可能なようにレイアウトした設計案。
前方・後方合わせて4本のカタパルトを持ち、MS16機の搭載が可能な
艦隊指揮機能も有する大型艦で、武装もマゼラン級を凌駕し
エゥーゴ艦隊旗艦を想定した艦であった。
ただ、宇宙空間だけの運用を想定しており
バリュートシステムを使っての地球降下・地球での艦隊運用も
視野に入れていたエゥーゴとしては、過度な装備とも言えた。
建造期間の長期化、建造費の高騰も想定された。
Having a runway and hangar at both sides of the Magellan class hull,
design plan laid out to enable MS operation similar to Argama.
It is a large-scale ship which has a total of 4 catapults in the front and rear and also has fleet command function capable of mounting 16 Mobile suits, and armed magazine surpassed Magellan class,
It was a ship that assumed the A.E.U.G. fleet flagship.
However, the new battleship is supposed to operate only in outer space,
In the A.E.U.G. way that the Earth descent with the ballute system was also taken into consideration and the operation of the fleet on the earth was also watched,
It could be said that it was excessive equipment as a fighting force that could not be put there.
Longer construction period and higher construction cost were also assumed.

2案を比較検討した結果、plan4011は過小で落選、
plan4013は過大だが有望ということで、
plan4013を縮小改修したplan4013a、
再設計したplan4015・plan4015aを経て、
plan4015bがアイリッシュ級として建造された。
As a result of comparing and examining the two plans, the plan 4011 is overly small, it is declined, plan 4013 is overpowered but it is promising, after going through the plan 4013 a reduced and repaired plan 4013, the redesigned plan 4015 ・ plan 4015 a,
and plan 4015b was built as an Irish class.

サラミス改級 4機
マゼラン級(改) 8機 ※1
アーガマ 6機
ネェル・アーガマ 12機or16機
アイリッシュ級 8機〜12機?

plan4011 8機
plan4013 16機

Salamis class CA (modified) : 4 MSs
Magellan class BB (modified) : 8 MSs ※1
Argama : 6 MSs
Nell Argama : 12 or 16 MSs
Irish class : 8 to 12 MSs(?)

Plan 4011 : 8 MSs
Plan 4013 : 16 MSs

※1
ガンダムセンチネルにはマゼラン級(改)が登場します。
あの艦はサラミス改級に準じた改造仕様なので
今回の船はそれより少し進んだ設計の船になります。
マゼラン級(改)のMS搭載数はだいぶ多めの12機で、
あの規模ではそこまで多く積めないのではと思います。
そこでマゼラン級(改)のMS搭載数8機程度だと想定しました。
ブライトは劇中でアーガマのMS搭載数を少ないと感じており
のちにアイリッシュ級に乗艦した際「この艦にMSを詰めてよかった」
と話しています。
4011案はアーガマより多いMS搭載数になっています。

Magellan class BB (modified) appears in Gundam Sentinel.
That ship is a modified specification conforming to Salamis class CA (modified) .
This ship will be a ship of a little advanced design.
The number of Magellan class BB (modified) MS loading is 12, which is much larger,
I think that you can not get so much on that scale.
So we assumed that it is about 8 Magellan class BB (modified) MS loading.
Bright felt that the number of MS loads of Argama in the play is small,
and when I later went aboard the Irish class, "I am glad that I have packed MS on this ship".
The plan 4011 is more MS loaded than Argama.

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(6) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

アイリッシュ級戦艦近代化改修 Modernization renovated of IRISH-class BB

IRISHclass_SLEP0102.jpg

アイリッシュ級戦艦はZガンダムの時代に登場し、
建造から40年近いF91の時代まで使われていたようです。
UCのネェル・アーガマのようにクラップ級に準じた機関に置換した、
近代化改修型ってのは無いんでしょうか?
というか、それこそ長きにわたって使われた理由なのではと思ったりします。
たった5年ほどしか登場した年数が違わないんです。

ちなみに年代ごとに並べるとこんな感じ、
宇宙世紀0087 アイリッシュ、ラディッシュなど建造
宇宙世紀0088 (ネェル・アーガマ建造)
宇宙世紀0093 (ラーカイラム級・クラップ級建造)
宇宙世紀0095 フェネクスの母艦 艦名不詳
宇宙世紀0096  オアシス - ラプラス戦争
宇宙世紀0120  アーレイバーグ、セント・アイヴス、ミッテラン - F90
宇宙世紀0123  F91
ラーカイラム級・クラップ級は宇宙世紀150年代まで

Irish-class battleships appeared in the era of Z Gundam,Built from it seems to have been used up to 40 years close to era of Gundam F91.
It was replaced by institutions that according to Clapp class as Nahel-Agama of UC, how it is not for me modernization renovation type?
I mean, it what is the reason that has been used for a long time and I think.
It does not differ is the number of years that only appeared only about five years.

By the way, like this and arranged for each age,
U.C.0087 Irish, radish, such as construction
U.C.0088 (Nahel-Agama construction)
U.C.0093 (Ra-Cailum class, Clap class construction)
U.C.0095 mother ship of PHENEX / ship name unknown
U.C.0096 Oasis / Laplace war
U.C.0120 Arleigh Burke, St Ives, Mitterrand / F90
U.C.0123 F91
Ra-Cailum class, Clap class up to U.C. 150's

ヤマトもいろいろ言われていますが
ガンダムも1年ごとに新思想の戦艦や巡洋艦が敵味方両方で建造されて
結構ハチャメチャだったりしますね。
ユニコーンで昔のMSや艦艇が登場するのが癒しになります。
But also it is said various Yamato,Gundam also battleships and cruisers of new ideas is being built by both friend and foe to per year,It will or was pretty messed.
It will be to heal the old days of MS and vessels is appeared in the Unicorn.

ちなみにSLEPは”Service Life Extention Program”の略です。
艦齢延命プログラムという意味ですね。
By the way, SLEP stands for "Service Life Extention Program".

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(6) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

ムサイ級巡洋艦再考 Musai-class cruiser re-consideration

MUSAI_verZen.jpg

安彦良和氏の著作コミック「ガンダムTHE ORIGIN」では、
主船体(コムサイの後ろ)にモビルスーツデッキがあって、
後部にハッチが2枚あります。
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN公式ガイドブック 1とコミック24巻に
収録されている「その前夜」という、サイド7に侵入する直前の模様を
描いたエピソードがわかりやすいかと思います。
in Yasuhiko Yoshikazu copyright comic in "Gundam THE ORIGIN”,there is a mobile suit deck to the main hull (behind the Comusai), there are two hatches in the rear.
I think the episode "the eve" is easy to understand that depicts the pattern of just before entering the side 7 which has been recorded in Mobile Suit Gundam THE ORIGIN Official Guide Book 1 and the comic Vol. 24.

ブリッジの下の元アニメで格納庫だった背面のハッチがあった部分のデザインも
対空砲が配置されていてハッチはありません。
ムサイ級の元になった民間貨客船アルカナクラスは
上下が逆で(エンタプライズの様)、主船体に貨物室や客室がありますから、
当初からの設計だと思えば当然の位置です。
主船体が格納庫なら、10機くらいは収容できそうですし、左右の排気管も
MSの熱排出機関だと思えば納得です。
Under the bridge, where the hatch there was on the back was a hangar in the original anime, there is no hatch anti-aircraft guns have been placed.
Private passenger ship Arcana class became Musai class of original, up and down in reverse (as enterprise), because there is a cargo compartment or the room in the main hull, of course the position if you that it is designed from the beginning.
If there is a storage box in the main hull, about 10 flames to are likely to be housed in, the exhaust pipe of the left and right is also convinced if you it's heat emission institutions of MS.

アニメ版のシャア・セイラ編エピソード1冒頭の、ルウム戦役の場面では
MS発艦の様子は描かれませんでした。
秋に公開されるエピソード4、あるいは来年公開されるルウム編では
そのあたりの描写がされるでしょう。
The animetion version, Episode 1of the vol. Char-Seira, beginning of Ruhm campaign of the scene, state of MS takeoff was not drawn.
Episode is published in the fall 4, or in vol. Ruhm to be published next year, It will be the depiction of per that.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(7) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

AGE1の背中の物は The thing of the back of AGE1

XMECHA003.jpg

なんとなく途中で見るのを止めてしまって、
今は二世代目に入っているガンダムAGE。
AGE-1の背中のあれはコアファイターになるんだろうなと
思っていたのですが。もう画面には出てきませんけど。
It is GUNDAM AGE which stops seeing on the way somehow
and is contained in the second generation talk now.
Although it thought that thing of the back of AGE-1 would become
CoreFighter.
It does not appear in a screen any longer.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 16:00| Comment(3) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

GM本 GM book

GMbook.jpg

今週の買い物、
GA Graphicが出した、マスターアーカイブモビルスーツGM。
いわゆるGMの設定検証本です。GM Love本です。
大量のオリジナル図版と3Dによる現場写真、そして
詳細な考証と歴史検分で、モビルスールGMシリーズの成り立ちからその変遷
運用から仕様の詳細まで詳しく解説されています。
GM好きな方はもう買ってますよね。
この手の本としては珍しく大判(210mm×285mm)なので
絵や写真がとても見易いです。

Shopping this week,
"Master Archive Mobilsuit GM",GA Graphic publications.
Book of all about GM. GM loves books.
Lots of illustrations and 3D photos, with detailed historical research
and historical experience, and GM mobile suits from the formation
and operation of a series of changes are described
in detail on specification details.
GM lovers are But you've already bought.
This book is large format (210mm × 285mm)
with pictures and photographs is very legible.

RGM_79_2002.jpg

ついでに昔私が描いたGMの絵を。
2002年当時同じようなガンダム解説サイトを運用していたときに
掲載していた絵です。
右は未公開のRX-78白い悪魔版塗装です。

In the past I have painted a picture posted with the GM.
I was painting when I was operated on Gundam commentary site in 2002.
Right picture is unpublished "RX-78 white devil painted version " .




posted by 禅芝zenseava at 16:00| ガンダムメカニックス Gundam Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

RX-78-2 ガンダム

RX78comp1.jpg
2002年から別のサイトで公開していた、RX-78-2ガンダムのイラストです。
独自の考証で構造や形状に理由を考えてデザインしたものです。
開発の経緯や構造などを勝手に考えて、機体を解説したサイトでした。
ちなみに塗装は2号機のロールアウト時の塗装ということになっています。
パーツや頭身のバランスがおかしい絵ですが、元々人型を描くのが苦手でしたので
これ以上のバランスに出来ませんでした。
中央の3点は未公開の絵で、構造を煮詰めているときに描いたものですので
公開したものとフレームやふくらはぎのデザインが違っています。
この絵を描きながら、今のヤマトの絵を描く手法が固まっていきました。
今このサイトはもうありません。
posted by 禅芝zenseava at 14:47| Comment(0) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする