2016年06月26日

ムサイ級巡洋艦再考 Musai-class cruiser re-consideration

MUSAI_verZen.jpg

安彦良和氏の著作コミック「ガンダムTHE ORIGIN」では、
主船体(コムサイの後ろ)にモビルスーツデッキがあって、
後部にハッチが2枚あります。
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN公式ガイドブック 1とコミック24巻に
収録されている「その前夜」という、サイド7に侵入する直前の模様を
描いたエピソードがわかりやすいかと思います。
in Yasuhiko Yoshikazu copyright comic in "Gundam THE ORIGIN”,there is a mobile suit deck to the main hull (behind the Comusai), there are two hatches in the rear.
I think the episode "the eve" is easy to understand that depicts the pattern of just before entering the side 7 which has been recorded in Mobile Suit Gundam THE ORIGIN Official Guide Book 1 and the comic Vol. 24.

ブリッジの下の元アニメで格納庫だった背面のハッチがあった部分のデザインも
対空砲が配置されていてハッチはありません。
ムサイ級の元になった民間貨客船アルカナクラスは
上下が逆で(エンタプライズの様)、主船体に貨物室や客室がありますから、
当初からの設計だと思えば当然の位置です。
主船体が格納庫なら、10機くらいは収容できそうですし、左右の排気管も
MSの熱排出機関だと思えば納得です。
Under the bridge, where the hatch there was on the back was a hangar in the original anime, there is no hatch anti-aircraft guns have been placed.
Private passenger ship Arcana class became Musai class of original, up and down in reverse (as enterprise), because there is a cargo compartment or the room in the main hull, of course the position if you that it is designed from the beginning.
If there is a storage box in the main hull, about 10 flames to are likely to be housed in, the exhaust pipe of the left and right is also convinced if you it's heat emission institutions of MS.

アニメ版のシャア・セイラ編エピソード1冒頭の、ルウム戦役の場面では
MS発艦の様子は描かれませんでした。
秋に公開されるエピソード4、あるいは来年公開されるルウム編では
そのあたりの描写がされるでしょう。
The animetion version, Episode 1of the vol. Char-Seira, beginning of Ruhm campaign of the scene, state of MS takeoff was not drawn.
Episode is published in the fall 4, or in vol. Ruhm to be published next year, It will be the depiction of per that.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(7) | ガンダムメカニックス Gundam Machanics | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

特殊潜航艇 S号 派生型

SSubSvariant01.jpg
特殊潜航艇 S号のデザインを元に、他の分野の機体をデザインしてみました。
あんまり元のデザインと変わっていませんけど。
Based on the design of special submarine S, I tried to design the craft of other areas.
And I do not have so much changed from the original design.

UltraMechaColl03.jpg
バンダイのメカコレウルトラマンシリーズ
03の特殊潜航艇 S号と04の小型ビートルです。
相変わらず良い出来ですね。
小型ビートルの機首は本来半透明ですが、面倒なので赤で塗りました。
BANDAI MechaCollection Ultraman series,
03 Special submarine S and,04 Sub VTOL.
It is still good voila.
Nose of a Sub VTOL is originally a semi-transparent,
but it was painted in the red because it is cumbersome.

シリーズの続編の発売も発表され、05は宇宙ビートルが7月に
06は地底戦車ベルシダーが8月、07科学特捜隊専用車が9月に
それぞれ発売されます。科学特捜隊専用車はベース車両
(シボレーコルベア1964年型)も含めて初の模型化かもしれませんね。
Launch of the sequel of the series also been announced,
05 Space VTOL in July,
06 Subterrene Bellucidar in August,
and 07 SSSP car in September.
Maybe first modeled, SSSP car including the base vehicle (Chevrolet Corvair 1964).

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

ガルマン・ガミラス戦闘揚陸艦 Gullman-Gamillas Combat assault ship

GullmanGamillas_SCAS_Glinge linfel.jpg

ヤマトメカニクス画像掲示板で、主天童子さんが投稿した
戦闘空母の画像を見て思いついた艦です。
It is a ship that I came up with a look at the image of Combat aircraft carrier Shuten Doji's were posted by Yamato mechanics image board.

推進機関部や艦橋など船体後半は戦闘空母と同じ仕様で
前半分の下部が揚陸用格納庫、上部が飛行甲板・航空機格納庫になっています。
揚陸用格納庫は2層構造で、戦車や歩兵戦闘車、ミサイルランチャーなどを
格納しています。
それぞれの階層から前方と左右にタラップが伸びて地上に揚陸します。
飛行甲板は戦闘空母より2階層ほど上に移設されていて、VTOL専用です。
前部甲板には揚陸指揮艦橋があって、周囲にフェーザー光線砲塔や
対空砲があります
中央から後方にかけての飛行甲板が反転して砲塔が出てきます。
艦底は高速で大気圏突入する場合のために耐熱装甲・コーティングが
施されています。
Stern, such as propulsion engine part and the bridge in the same specification as the combat aircraft carrier,
in the hull forward half, bottom has the landing hangar, the top has a flight deck and aircraft hangar.

船体の形はすぐに描けたのですが、周囲に手間がかかりました。
ヤマトIIIデザインベースの艦艇なので、色を変えればそのまま
地球防衛軍の揚陸艦になってしまいそうですね。
欲をいえば、キノシタ提督に新しいガルマンガミラスのフォーマットで
この題材を描き直して頂きたいところですが、いかがでしょう?
The shape of the hull was drawn immediately, but it took time and effort to draw the surroundings.
Because the Yamato III design-based vessels, is as it is likely to become the Earth Defense Forces assault ship if changing the color.
Speaking of greed, to Kinoshita Admiral I want him to re-draw the material in the new format of the Gullman Gamillas ships.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(6) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

更新お休み Update rest

LightHouseLogo700.jpg


今週は連休の為記事の更新をお休みします。
It takes a rest from the update of article for the Holiday in early summer this week.
posted by 禅芝zenseava at 12:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

海賊船ブラックサン/U-7501 Pirate ship BlackSun/U-7501

BLACKSUN_U7501.jpg
2012年にMr.Dustinのリクエストで描いたブラックサンの
正規採用版です。
In 2012 of Black Sun drawn by Mr.Dustin of request
It is a regular adopted version.

以前の船と同様、宇宙海賊フリントの乗艦、ブラックサンで
元の船がU-7501です。
モチーフは私のデザインしたSCB−8806赤城とWW2のU-boat VIICで
以前のブラックサンより潜水艦に近いデザインになっています。
メインノズルはFTLドライブを内蔵していて
かなりコンパクトな設計になっています。
艦底には赤城同様、艦載機デッキがあります。
As with the previous ship, aboard the Space Pirate Flint, BlackSun, the original ship is the U-7501.
Motif is the SCB-8806 Akagi (that was my design) and the U-boat VIIC of WW2.
It has become a close design submarines than the previous BlackSun.
Main nozzle has become fairly compact design with built-in FTL drive.
Similarly Akagi the ship bottom, there is a carrier-based aircraft deck.

Mr.Dustinの書いた小説”Black Sun”は完成して、おそらく今年出版される予定です。
Novel "Black Sun" written by Mr.Dustin are completed, it is expected to probably be published this year.

コメント有りです please comment



※真ん中に貼ったバナーは”Black Sails”というマイケル・ベイが製作した
 ドラマのDVDで、18世紀初頭、海賊キャプテンフリントの若い頃の活躍を
 描いた海洋ドラマで、宝島の前日譚ともいえるお話。
 日本語翻訳版が出る気配が全くないので米国版をずっと
 欲しいものリストに入れています。
 "Black Sails" Michael Bay has been produced,
 the early 18th century, ocean drama
 depicting the activity of the young of the pirate Captain Flint.
 It can be said that the prequel of Treasure Island.
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

利根次型重巡洋艦 Next Tone class heavy cruiser

NextTONEclassCA.jpg
宇宙巡洋艦吉野をデザインしている時に
阿賀野や大淀そして大和と同じデザインラインに則った
利根の次に一等巡洋艦(甲種巡洋艦)として当初から設計された
重巡洋艦が欲しくて、
キノシタ提督の掲示板などで考えていた艦がありました。
その艦を描いてみました。
When I have designed a space cruiser Yoshino,
I wanted ship in accordance with the same design line
as Agano, Oyodo and Yamato,
the heavy cruiser that was designed from the beginning as
a first-class cruiser (KOU Class cruiser) of next Tone class,
that was thinking at Admiral Kinoshita’s bulletin board.
I tried to draw that ship.

20.3cm砲の三連砲塔を積んで、米海軍のボルティモア級重巡洋艦に
対抗できる性能が基本です。
格納庫は艦中央にするか艦尾にするか迷いましたが
ボルティモア級同様、艦尾にしました。
Equipped with a triple turret of 20.3cm gun, it is the basic performance
that can compete with Baltimore-class heavy cruiser of the US Navy.
Although hangar was lost either in or stern to ship center,
Baltimore-class Similarly, it was in the stern.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(10) | その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

バンダイ メカコレ ウルトラマンシリーズ BANDAI MechaCollection Ultraman series

UltraMechaColl01.jpg
宇宙戦艦ヤマトシリーズ以外で久しぶりに展開し始めたメカコレ。
特撮TVのウルトラマンシリーズから,
ジェットビートルとウルトラホーク1号が発売されたので作ってみました。
MechaCollection began to expand for the first time in a long time
other than the series of Space Battleship Yamato.
from SFX work of Ultraman series,
Jet VTOL and Ultra Hawk 1 has tried to make since it was released.

手のひらサイズなので部品も少なくて簡略化された造形ですが,
近年向上著しいCAD技術の恩恵か、素晴らしいキットです。
But it is because the palm-size has been simplified also fewer parts modeling,
do the benefits of recent years improvement significant CAD technology, it is a great kit.

UltraMechaColl02.jpg
大きさは宇宙戦艦ヤマトシリーズのものとほぼ同じ。
平面形の大きい機体なので、金型配置的にはリーズナブルな感じだと思います。
ヤマト2199のメカコレから定価が100円上がっているのはデカールのためでしょうね。
The size is almost the same as those of the Space Battleship Yamato series.
Since large aircraft of the plane-shaped, in the mold placement basis I think that it is reasonable feeling.
I guess because of the decal is the list price from MechaCollection Yamato 2199 is up 100 yen.

銀色の樹脂の流れた跡やウェルドが気になったので、
機体のシルバーと、デカール貼るのが難しそうな部分だけ筆塗りしました。
ともかくデカールが素晴らしいので、なにもしなくても完成してしてしまうキットです。
Since the marks and weld the flow of silver of the resin was worrisome,
Only brush painting difficulty likely part that stick decals and silver body.

ウルトラホーク1号の機首の分割を見て思いました
ウルトラセブンの製作初期段階で、設定がはっきりしなかった頃、
スタッフの伝達ミスで、ウルトラホーク1号の分割が機首部分になる恐れがあったとか。
(最初はα号+γ号が母機で、β号が子機の2分割だったみたいです)
それで、その場合を描いてみました。
I thought looking at the division of the nose of the Ultra Hawk 1.
In manufacture the early stages of Ultra Seven, around the time setting is not clear,
Staff of miscommunication,
Apparently division of Ultra Hawk No. 1 is there is a possibility to become a nose part.
(The first is α + γ mother machine, of β child machine, it seems it was divided into two parts)
So, I tried to draw the case.
Hawk1Separ.jpg
これは、後の特撮作品ミラーマンのジャンボフェニックスの分割に受け継がれたようです。
This seems to have been handed down to the division of SFX work Mirrorman of Jumbo Phoenix.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | 模型model | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

戦艦 咲耶 BB-5061 Rail gun Battleship Sakuya

BB5061SAKUYA_s.jpg

グラム1.6さんのリクエストでデザインした
レールガンを搭載した戦艦咲耶です。
Battleship Sakuya with Rail guns,
It was designed in grams 1.6's request.

”イリーガル”という未知の敵対勢力に対抗するために
ILCAという組織がつくられ、その支援のもとに建造された艦です。
Organization called ILCA is made in order to counter the unknown hostile forces that "illegal",
It is ship that has been built in its support.

ステルス戦闘艦であり、アクティブステルス用の
フェイズドアレイレーダー素子を装備した、複合装甲ユニットを配置している。
敵のレーダー探知対策のために極力レーダーを使わない戦術を取っており、
光学探査に重点を置いている。
9門の600mmSQレールガンのうち、2番砲塔にはレールガンの制御ユニットを
利用した過電粒子ビーム発生器を内包し、上空や海面下や敵に
直接ビーム攻撃をすることが出来る。
This is a stealth warship.
It has placed a composite armor unit equipped with a phased array radar elements for active stealth.
It have taken the tactic that does as much as possible to use the radar for enemy radar detection measures,
has focused on optical exploration.
There are 9 Gate of 600mmSQ railgun.
The second turret It have enclosed the overcurrent particle beam generator using the control unit of the railgun.
It is possible to directly beam attack in the sky and below sea level and enemies.

咲耶はコノハナサクヤヒメのサクヤです。船内には富士山本宮浅間大社の分社があります。
Sakuya is from Konohana Sakuya hime.
She is the goddess of Japanese mythology, and goddess of Cherry blossoms and Mt.Fuji.
The ship has a spin-off shrine of Fuji Hongu Sengen Taisha.

諸元や背景はこんなところで。非常に多岐に渡りますので。
参考したのは、アニメ版戦闘妖精雪風に登場した
日本海軍の原子力空母アドミラル56で、それを戦艦化したようなイメージです。
そんなに遠くない未来の船ですね。
Specifications and background in a place like this.
Since it very wide-ranging.
To that reference,
In nuclear-powered aircraft carrier Admiral 56 the Japanese Navy appeared in the anime version Yukikaze,
It is an image, such as battleship-ization.
It is the future of the ship so not far.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(8) | その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

宇宙零戦についての仮説 Hypotheses about the type ZERO Space Fighter

ZeroKeifuHypo01.jpg ZeroKeifuHypo01e.jpg

Sorry, this content is japanese only.
This article is about the hypotheses about
the type ZERO Space Fighter, which is mentioned
in the play of the Space Battleship Yamato 1st series.

*Add chart of the English version.

宇宙零戦についてのトーノZEROさんの考察を
絵にして見てみたい思いと描きはじめましたが
どうも途中から自分なりの考えというか、メカ的に描き易い方向に
考察がずれてしまって、こんな新しい仮説が出来てしまいました。
また世の中に妙な仮説を増やしてしまって、モヤモヤした方には
申し訳ないです。

続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

ロシア連邦航空宇宙軍艦艇設定など The background of Russian Federation aerospace ships

VKRF2016V1334.jpg
Sorry, this content is japanese only.
This article is about the background of
Russian Federation aerospace ships
in 2016 my calendar.

ロシア軌道艦隊の縦組み・暗背景の壁紙です。
iPhone6Sの画面解像度750*1334に合わせた壁紙ですが、
6Sを持って無いのでボタンなどとの干渉具合は
よくわかりらないまま作りました。
操作の邪魔かもしれませんがご容赦を。

続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする