2016年03月27日

バンダイ メカコレ ウルトラマンシリーズ BANDAI MechaCollection Ultraman series

UltraMechaColl01.jpg
宇宙戦艦ヤマトシリーズ以外で久しぶりに展開し始めたメカコレ。
特撮TVのウルトラマンシリーズから,
ジェットビートルとウルトラホーク1号が発売されたので作ってみました。
MechaCollection began to expand for the first time in a long time
other than the series of Space Battleship Yamato.
from SFX work of Ultraman series,
Jet VTOL and Ultra Hawk 1 has tried to make since it was released.

手のひらサイズなので部品も少なくて簡略化された造形ですが,
近年向上著しいCAD技術の恩恵か、素晴らしいキットです。
But it is because the palm-size has been simplified also fewer parts modeling,
do the benefits of recent years improvement significant CAD technology, it is a great kit.

UltraMechaColl02.jpg
大きさは宇宙戦艦ヤマトシリーズのものとほぼ同じ。
平面形の大きい機体なので、金型配置的にはリーズナブルな感じだと思います。
ヤマト2199のメカコレから定価が100円上がっているのはデカールのためでしょうね。
The size is almost the same as those of the Space Battleship Yamato series.
Since large aircraft of the plane-shaped, in the mold placement basis I think that it is reasonable feeling.
I guess because of the decal is the list price from MechaCollection Yamato 2199 is up 100 yen.

銀色の樹脂の流れた跡やウェルドが気になったので、
機体のシルバーと、デカール貼るのが難しそうな部分だけ筆塗りしました。
ともかくデカールが素晴らしいので、なにもしなくても完成してしてしまうキットです。
Since the marks and weld the flow of silver of the resin was worrisome,
Only brush painting difficulty likely part that stick decals and silver body.

ウルトラホーク1号の機首の分割を見て思いました
ウルトラセブンの製作初期段階で、設定がはっきりしなかった頃、
スタッフの伝達ミスで、ウルトラホーク1号の分割が機首部分になる恐れがあったとか。
(最初はα号+γ号が母機で、β号が子機の2分割だったみたいです)
それで、その場合を描いてみました。
I thought looking at the division of the nose of the Ultra Hawk 1.
In manufacture the early stages of Ultra Seven, around the time setting is not clear,
Staff of miscommunication,
Apparently division of Ultra Hawk No. 1 is there is a possibility to become a nose part.
(The first is α + γ mother machine, of β child machine, it seems it was divided into two parts)
So, I tried to draw the case.
Hawk1Separ.jpg
これは、後の特撮作品ミラーマンのジャンボフェニックスの分割に受け継がれたようです。
This seems to have been handed down to the division of SFX work Mirrorman of Jumbo Phoenix.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(0) | 模型model | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

戦艦 咲耶 BB-5061 Rail gun Battleship Sakuya

BB5061SAKUYA_s.jpg

グラム1.6さんのリクエストでデザインした
レールガンを搭載した戦艦咲耶です。
Battleship Sakuya with Rail guns,
It was designed in grams 1.6's request.

”イリーガル”という未知の敵対勢力に対抗するために
ILCAという組織がつくられ、その支援のもとに建造された艦です。
Organization called ILCA is made in order to counter the unknown hostile forces that "illegal",
It is ship that has been built in its support.

ステルス戦闘艦であり、アクティブステルス用の
フェイズドアレイレーダー素子を装備した、複合装甲ユニットを配置している。
敵のレーダー探知対策のために極力レーダーを使わない戦術を取っており、
光学探査に重点を置いている。
9門の600mmSQレールガンのうち、2番砲塔にはレールガンの制御ユニットを
利用した過電粒子ビーム発生器を内包し、上空や海面下や敵に
直接ビーム攻撃をすることが出来る。
This is a stealth warship.
It has placed a composite armor unit equipped with a phased array radar elements for active stealth.
It have taken the tactic that does as much as possible to use the radar for enemy radar detection measures,
has focused on optical exploration.
There are 9 Gate of 600mmSQ railgun.
The second turret It have enclosed the overcurrent particle beam generator using the control unit of the railgun.
It is possible to directly beam attack in the sky and below sea level and enemies.

咲耶はコノハナサクヤヒメのサクヤです。船内には富士山本宮浅間大社の分社があります。
Sakuya is from Konohana Sakuya hime.
She is the goddess of Japanese mythology, and goddess of Cherry blossoms and Mt.Fuji.
The ship has a spin-off shrine of Fuji Hongu Sengen Taisha.

諸元や背景はこんなところで。非常に多岐に渡りますので。
参考したのは、アニメ版戦闘妖精雪風に登場した
日本海軍の原子力空母アドミラル56で、それを戦艦化したようなイメージです。
そんなに遠くない未来の船ですね。
Specifications and background in a place like this.
Since it very wide-ranging.
To that reference,
In nuclear-powered aircraft carrier Admiral 56 the Japanese Navy appeared in the anime version Yukikaze,
It is an image, such as battleship-ization.
It is the future of the ship so not far.

コメント有りです please comment

posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(8) | その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

宇宙零戦についての仮説 Hypotheses about the type ZERO Space Fighter

ZeroKeifuHypo01.jpg ZeroKeifuHypo01e.jpg

Sorry, this content is japanese only.
This article is about the hypotheses about
the type ZERO Space Fighter, which is mentioned
in the play of the Space Battleship Yamato 1st series.

*Add chart of the English version.

宇宙零戦についてのトーノZEROさんの考察を
絵にして見てみたい思いと描きはじめましたが
どうも途中から自分なりの考えというか、メカ的に描き易い方向に
考察がずれてしまって、こんな新しい仮説が出来てしまいました。
また世の中に妙な仮説を増やしてしまって、モヤモヤした方には
申し訳ないです。

続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

ロシア連邦航空宇宙軍艦艇設定など The background of Russian Federation aerospace ships

VKRF2016V1334.jpg
Sorry, this content is japanese only.
This article is about the background of
Russian Federation aerospace ships
in 2016 my calendar.

ロシア軌道艦隊の縦組み・暗背景の壁紙です。
iPhone6Sの画面解像度750*1334に合わせた壁紙ですが、
6Sを持って無いのでボタンなどとの干渉具合は
よくわかりらないまま作りました。
操作の邪魔かもしれませんがご容赦を。

続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(2) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

居眠り磐音 江戸双紙 第50・51巻 最終巻

inemuri51.jpg
Sorry, this content is japanese only.
This article is about the future developments of
japanese samurai novel "Inemuri Iwane" series.

第50巻 竹屋ノ渡、最終巻第51巻 旅立ノ朝です。
ついに完結しましたね。
50巻では尚武館が神保町に再興され、
51巻では関前に帰参した磐音一行が、またも沸き起こった
関前藩の騒動の解決にあたります。

続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 12:00| BD・DVD・本 | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

沖田艦考察 Consideration of OKITA’s battleship

OkitasShipConsid.jpg

トーノゼロさんのサイトで記事にされていた旧作宇宙戦艦ヤマト(1974)での
沖田艦設定にまつわるあれこれを読んで、思いついたことを絵にしてみました。
Read the various surrounding Okita ship setting
in space battleship Yamato (1974)
it had been in article Tohnozero's site,I tried to draw a picture that came up.

当時の初期の資料はあまり外に出ていないので
わからないことが多いですね。
Since the initial article of the time do not go out too much,
It is often not known.

Fly on the Cloud! オータム マガジン - トーノZERO
http://mag.autumn.org/default.modf?s=tonoz



posted by 禅芝zenseava at 12:00| ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

新年の挨拶 New Year Greetings 2016

2016NewYearGreetings.jpg

新年、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

Happy new year.
Everyone must have the good thing this year.
posted by 禅芝zenseava at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

無人早期警戒機 Airbone Early Warning Drone

SRQ566flounder.jpg

高速駆逐艦 島風に搭載されていた無人早期警戒機です。
It’s airborne early warning drone, which has been shipboard
on a high-speed destroyer Shimakaze.

続きを読む Read more...
posted by 禅芝zenseava at 12:00| Comment(6) | ヤマトメカニックス Yamato Machanics | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

彩雲 局地戦仕様 C6N Saiun Intercepter type

Retsuden.jpg

2013年に描いたスパイトフルの日本版で、
私の好きな艦上偵察機 彩雲を、局地戦/高高度迎撃機仕様に
改造してみました。
In Japan version of Supaitofuru painted in 2013,
My favorite aboard reconnaissance aircraft C6N Saiun,
I tried to remodel the high-altitude interceptor specifications.

単なる過給器仕様の彩雲は既にありますが、
スペースの都合で過給器を機外に取り付けた為、
せっかくの美しい機体のラインが台無しです。
ですので、単座化で空いたスペースにインタークーラーと共に押し込みました。
機体塗装色は濃緑色以外にしたいのですが、何色が似合うでしょうね?
Saiun of turbocharger specification is already exist,
because it was fitted with a turbocharger unit to the outside on account of space,
It is ruined the precious beautiful aircraft of line.
So, it was pushing along with the intercooler in the space was vacant monodentate reduction.
Aircraft paint color I want to except Dark green, what color is or will look good?

posted by 禅芝zenseava at 12:00| その他のメカ Other Mechanics | 更新情報をチェックする